SNSで最新情報をチェック

緊急事態宣言が明け、企業によっては再びオフィスへの出社に切り替える動きが出ています。置き菓子サービスの代名詞「オフィスグリコ」も人流回帰で少しずつ売上は回復傾向にあるそうです。2002年の本格稼働から今年で20周年。オフィスワーカーを癒してきたサービスの利用者の7割は意外(?)にも男性という結果が分かりました。

オフィスから聞こえてきた拍手と歓声

「対面でお菓子を買う事に抵抗がある男性の利用が多いのではないでしょうか」

オフィスグリコのサービス立ち上げ時(当時は江崎グリコが運営)から携わっているグリコチャネルクリエイト株式会社オフィスグリコ事業部部長の小寺(こてら)貴也さんは、男性に人気の理由をこう推測します。

小寺さんが、かつて首都圏エリアのマネージャーだったころの印象的なエピソードを明かしてくれました。

「東京のある企業で、オフィスグリコの納品が決まり、初めてリフレッシュボックス(グリコのお菓子が入ったケース)を納品した時のことです。ダンディで強面(こわもて)な男性が対応してくださったですが、『オフィスグリコです。これからもよろしくお願いします』とお渡ししたところ、その男性は無言で受取られて、オフィスへ戻っていかれました」

エレベーターホールへ向かって帰ろうとしたときのことです。

オフィスの方から先ほどの男性と思しき声で『お菓子の箱きたよ~!』という声と周りから拍手と歓声が聞こえてきたんです」

その場面に遭遇した小寺さんは「あの強面でダンディな男性を喜ばせてしまうお菓子の持つ力の大きさを改めて知りました」と振り返ります。

お菓子の2割はオフィスで食べられていた!

事業のスタートは、1997年に『お菓子をどこで食べているか?』というリサーチを江崎グリコで行ったことがきっかけです。

「『自宅』という回答が70%だったのですが、『オフィス』という回答が20%を占めていたことにビジネスチャンスを感じました」(小寺さん)。当時はまだ「オフィスグリコ」という名称はありませんでしたが、この調査結果を受けてオフィスでの販売事業を具体的に検討するようになったと言います。

最初に試験的に行ったのは訪問販売形式でした。駅弁販売のスタイルをイメージしていたのですが、実際に試してみると利用者さんがお菓子を望まれる時間は人それぞれであることが分かり、訪問販売は現実的ではありませんでした。そこから今のようなボックス形式になり、本格展開していきます。

「野菜の無人販売をモデルにして、いつでも手に取れるような仕組みにして納品、補充は宅配便のようにすれば良いんだ、となりました」

次のページ
人気のお菓子は「ビスコ」「フレンドベーカ...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

こだわりを目一杯織り込む進化系がある一方で、昔ながらのしみじみ旨い一杯を提供する店も健在。ラーメン界...