MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
厳選!すする前の至福、「蕎麦前」が愉しめる都内6店(そば/東京)

厳選!すする前の至福、「蕎麦前」が愉しめる都内6店(そば/東京)

蕎麦屋の愉しみは蕎麦だけにあらず。気の利いたつまみ=蕎麦前でゆるりと一杯やるものまた口福の時間だ。蕎麦はもちろん、日本酒や蕎麦前にもこだわる店を厳選して紹介。たまには長居も粋なものなのだ

代々木上原 山せみ(最寄駅:代々木上原駅)

胡麻だれせいろ 960円

『山せみ』の、その時々で厳選した産地の粉を二八で打ち上げる蕎麦は、のど越しのよさが抜群だ。つゆには毎朝店で削る3種類の鰹節を使用。ズズッと手繰った後に鼻腔を抜ける豊かな香りと、舌に染み渡るような奥行きのある旨みがたまらない。唎酒師の資格を持つ店長が、全国各地の酒蔵から選んだ日本酒は、季節ごとに約20種類を置く。

【おすすめの蕎麦前】

・刺身盛り合わせ(手前) 1400円
・蕎麦クレープ野菜包み(奥) 750円

東京都渋谷区上原1-17-14 [TEL]03-3460-6463 [営業時間]11時半〜14時LO、18時〜21時半LO、土・日・祝11時半〜14時半LO、17時半〜21時半LO※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター5席、テーブル2席×4卓、4席×3卓 計25席/全席禁煙/予約可(土・日・祝の昼のみ不可)/5000円以上の利用でカード可/サなし [交通アクセス]小田急線代々木上原駅南口2から徒歩3分

案山子(最寄駅:白金高輪駅)

かけ 1080円

店主の山田さんが8年続けた自店を辞めて妻の美求さんと挑んだのが「酒とアテを味わい、〆の蕎麦に至るまでの時をゆったり過ごせる隠れ家」=新生『案山子』だ。美求さんが作る肴は築地で仕入れた鮮魚や厳選した肉を使う和食。健人さんによる蕎麦は石臼で微粉に挽いた2種の蕎麦粉をブレンドし、二八で打った爽やかなのど越し。客の目の前で蕎麦打ちの実演をすることもあり、その所作を眺めつつ杯を傾けるのは何とも贅沢だ。

【おすすめの蕎麦前】

・大山鶏と千寿葱の七味焼き(奥) 1404円
・牡蠣のごま油風味(手前左) 918円
・自家製いか塩辛(手前右) 648円

[住所]東京都港区三田5-1-7リーブル三田地下1階 [TEL]090-2206-0039 [営業時間]18時~23時(21時半最終入店) [休日]日・月 [席]メインテーブル10席、サブテーブル最大6席、計16席/全席禁煙/予約した方が望ましい/カード可/サなし、お通し(酒肴3種盛り合わせ)864円〜別 [交通アクセス]地下鉄南北線ほか白金高輪駅4番出口から徒歩6分

蕎麦切り 正音(最寄駅:下北沢駅)

九条ねぎおろしそば 1200円

『蕎麦切り 正音』の蕎麦は北海道や茨城産を中心とした抜き実を石臼で挽いてから、あえてふるいにかけずに打つことで、野趣あふれる香りと、時折皮が歯に当たる変化に富んだ食感に仕上げている。また酒肴は、蕎麦味噌や板わさなどの定番のほか、刺身や焼き物など築地から仕入れる旬の魚介を使用した一品料理にも力を入れる。料理に合わせるよう、日本酒はおだやかな味わいの銘柄を厳選。

【おすすめの蕎麦前】

・〆鯖(手前) 950円
・穴子白焼き(奥) 1200円

[住所]東京都世田谷区北沢2-28-1慶水ビル1階 [TEL]03-6804-7706 [営業時間]11時半〜15時(14時半LO)、17時〜22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンター5席、テーブル4席×5卓 計25席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、土日祝の夜のみお通し代300円別 [交通アクセス]京王井の頭線ほか下北沢駅西口から徒歩2分

菊谷 大塚別亭(最寄駅:大塚駅)

コース 5000円

ミシュランガイドにも掲載される巣鴨の名店『菊谷』が大塚に昨年新店を開いた。メニューは5000円のコースのみで、この日は会津坂下から届く馬刺、鹿肉のコンフィやロースト、天ぷら、そばがきなど、充実の内容。趣向を凝らした一品料理で酒を充分愉しんだ後に出されるのが、渾身の蕎麦3種。

【おすすめの蕎麦前】

コース料理の内容はその時々で異なる。

(手前から)
・鯖の燻製、ぬか漬け、チーズのかえし漬けの3点盛り
・蕎麦味噌、わさび漬け、わさび味噌
・鹿肉のコンフィ、ロースト、燻製の3種盛り
・風味や口どけの異なる2種の唎き海苔など

東京都豊島区北大塚1-34-10 [TEL]03-3918-3462(巣鴨本店) [営業時間]13時~14時半(平日のみ)、18時半~21時※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンター6席 計6席/全席禁煙/予約必須/カード不可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか大塚駅北口から徒歩5分

浅草 じゅうろく(最寄駅:浅草駅)

粗美季せいろ(黒) 1059円

『浅草 じゅうろく』は甘みを重視した「白」と、ナッツを思わせる香りの「黒」の2種類の蕎麦を打つ。また旬の食材を使用したつまみも豊富で、今の時期に特におすすめなのが「鴨鍋」だ。埼玉産の生の合鴨を、蕎麦汁に鴨ガラからとるダシを加えた深い旨みのつゆで食す。具材は他にも根つきのセリ、肉団子、丹波シメジ、そばがきなど盛りだくさんに入っている。

【おすすめの蕎麦前】

じゅうろく鴨鍋 3780円
(写真は2人前、前日までに要予約)

東京都台東区浅草4-37-8 [TEL]03-6240-6328 [営業時間]17時半〜23時(22時半LO) 日・祝11時半〜14時(13時半LO)、18時〜21時(20時半LO)※蕎麦が売り切れ次第終了 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンター8席、小上がり6席×2卓 計20席/全席禁煙/予約が望ましい/カード可/サなし、アルコール注文の場合はお通し代432円〜648円別 [交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩7分

手打ち蕎麦 雷鳥(最寄駅:石神井公園駅)

三色そば 1188円

『手打ち蕎麦 雷鳥』のせいろは北海道産のキタワセ種を中心に粗めの粉と微粉をブレンドし、弾けるようなコシと軽快なのど越しを持つ。これに素朴な甘みたっぷりの田舎蕎麦と季節の変わり蕎麦をあわせた3種類を用意。つゆのベースになるダシは店で削る枕崎産の鰹節のみで、温めることで香りがさらに花開く温蕎麦もおすすめだ。つまみはどれも丁寧に仕込まれた逸品ぞろい。

【おすすめの蕎麦前】

・アボカド漬け(奥) 486円
・鴨ロースト(手前) 864円

東京都練馬区石神井町3-17-12 菊香堂ビル地下1階 [TEL]03-6913-1596 [営業時間]11時半〜14時LO、17時〜21時LO、日・祝は11時半〜16時LO※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンター10席、テーブル2席×1卓、4席×5卓 計32席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]西武池袋線石神井公園駅南口から徒歩4分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
901views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
19165views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt