MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京のそばを厳選!ミシュラン掲載店などおすすめの名店18選

東京のそばを厳選!ミシュラン掲載店などおすすめの名店18選

東京のおすすめ蕎麦店のまとめ記事です!絶対に外せないミシュラン掲載のお店や、ランキング常連の人気店など、こだわりの美味しいお蕎麦が勢揃い!どれもプロのグルメライターが実際に食べ歩いて厳選したたおすすめ店ばかりです。

perm_media 《画像ギャラリー》東京のそばを厳選!ミシュラン掲載店などおすすめの名店18選の画像をチェック! navigate_next

はじめに

グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたおすすめの東京の「そば」をご紹介!
ミシュラン掲載の蕎麦屋や売切れ次第終了の人気店など、どのお店も名店揃いです。
営業時間や休日、最寄り駅などの店舗情報もご紹介しているので、気になったお店があればぜひ足を運んでみてください。

『千寿 竹やぶ』(千住大橋駅)

粗挽き

いろは十割、粗挽き、田舎と3種類を打ち分けるが、香りと蕎麦の風味がいい粗挽き、フェットチーネのようにしなやかな田舎など、自分らしい蕎麦のカタチを追求する。都心からは少し離れているが、蕎麦好きには堪らない名店だ。

この日は長野県の在来種を使用。香ばしさと蕎麦の甘みがふわりと立ち上がる。

蕎麦の旨さはもちろん、雰囲気、接客など、全ての面において完璧だというファンの多い、都内の名店中の名店がこちら。
殻むきから自家製粉までを敷地内にある工房でおこなっている。
写真の「粗挽きそば」は、こだわりの御影石の石臼であらく挽いた蕎麦粉を使っている。
他にも、モチモチしていて歯ごたえのいい「十割蕎麦」や、お酒のアテにもなる「千寿葱と鴨の相焼き」もおすすめです。

『千寿 竹やぶ』外観

[住所]東京都足立区千住河原町7-12 [TEL]03-3888-5897 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~21時(20時半LO)※蕎麦が売り切れ次第終了 ※ランチタイム有 [休日]水、第3木、1/1~1/4/[席]カウンターあり、全24席/全席禁煙/予約可 ※12/30、31は予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]京成線千住大橋駅から徒歩3分 ※12/30、31はメニュー数限定、31日は売り切れ終了(19時頃まで)

『鎌倉 松原庵 欅』(原宿)

『はまぐりそば』

鎌倉の由比ヶ浜で人気の古民家蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を表参道に持ち込み、けやき並木を眺めながら過ごす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。

厳選した蕎麦の香りと味が引き立つよう、石臼でやや粗挽きにするという二八の蕎麦。季節柄温かい蕎麦なら「はまぐりそば」がおすすめ。ダシの旨みが詰まった澄んだ汁にはまぐりのエキスが溶け出している。

『鎌倉 松原庵 欅』の外観

[住所]東京都渋谷区神宮前1-13-14 原宿クエスト4階 [TEL]03-3478-7444 [営業時間]11時~23時(22時15分LO)※ランチタイム有 [休日]無休(1/1を除く) [席]カウンターあり、全50席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線ほか明治神宮前駅B3出口から徒歩1分

『手打蕎麦 松竹庵ます川』(淡路町)

『天婦羅ランチコースのそば』

創業1830(天保元)年、東京でも屈指の歴史を誇る名店。8代目の雄さんが日本料理で修業し、コース主体の店としてこちらに生まれ変わった。

せいろは十割と田舎の2種類。しなやかな十割と、蕎麦の風味が強い田舎はどちらも魅力的。
さらに、もうひとつの看板料理が天ぷらだ。単品の蕎麦と一品料理で酒を楽しむもよし。蕎麦と天ぷらを堪能するならコースがおすすめだ。

『手打蕎麦 松竹庵ます川』の外観

[住所]東京都千代田区神田淡路町2-6 [TEL]03-3251-1043 [営業時間]11時45分~14時、17時半~20時半、12/31は11:45~売り切れ次第終了 ※ランチタイム有 [休日]土・日、1/1~1/6 [席]カウンターあり、全23席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線淡路町駅A3出口から徒歩3分

『蕎亭 大黒屋』(浅草)

『そばがき粗挽き』

浅草エリアにあるそば屋「蕎亭 大黒屋」。おすすめメニューは名物粗挽きそばがき。
妙高山麓で昔から栽培されてきた希少な「こそば」を使い、それを主人の菅野成雄さんが自ら目立てした石臼で挽く。

専用の土鍋で掻いて熱々で出すそばがきは、香りが高く、つきたての餅のような食感が絶品。美味しさを最大限に引き出している。

『蕎亭 大黒屋』の外観

[住所]東京都台東区浅草4-39-2[TEL]03-3874-2986[営業時間]18時~22時※完全予約制 ※ランチタイム有[休日]日曜日・月曜日[座席] テーブル20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩9分、東京メトロ銀座線「浅草駅」6番出口より徒歩15分

『green glass』(中井)

『もりそば』

店主の関根さんは名店「眠庵」で腕を磨き、産地が異なる各々の蕎麦の個性を引き出す技を学んだ。その違いを食べ比べできる2種盛りは、そば通も納得の味わいだ。

他にも関根さんの出身地・静岡の郷土料理「静岡おでん」は、すべて混ぜ物のない種が吟味されている。

『green glass』の内観

[住所]東京都新宿区上落合3-28-9 [TEL]03-6908-9259 [営業時間]火~木、土12時~14時、月~土17時半~23時(21時以降は要連絡)※ランチタイム有 [休日]月・金の昼、日 [席]12席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄大江戸線ほか中井駅A1出口から徒歩4分

『室町砂場』(神田)

あられそば

かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
毎年貝柱が大きく育つ11月から4月頃までの限定の逸品だ。
選りすぐった生の小柱をたっぷり乗せる。汁の熱によってだんだんと変化していく食感と風味を楽しみたい。本枯節だけでひいたダシや、コシを感じる二八蕎麦にも老舗の風格があふれている。

冬にしか味わえない「あられそば」は蕎麦ファンなら必ず一度は味わっておくべき!パラパラと降り注ぐあられのように見える貝「小柱」を、ふんだんに麺の上にトッピング。
時価のためお値段は少々張るが、ここでしか味わえない季節限定の名品なので、目当てに訪れる人が後をたたない。

『室町砂場』外観

[住所]東京都中央区日本橋室町4-1-13 [TEL]03-3241-4038 [営業時間]11時半~21時(20時半LO)、土11時半~16時(15時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝、1/1~1/4 [席]個室あり、全102席/分煙(一部喫煙可の個室あり)/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅南口から徒歩5分

『玄蕎麦 野中』(中村橋)

かき揚げ天ぷらそば

殻付きの玄蕎麦を蟻巣石の石臼で手挽きするせいろ「蟻巣の田舎蕎麦」が有名なお店だが、鰹の香りと共にキリッと引き締まった旨みが広がるつゆの温蕎麦も隅に置けない。
つゆ、蕎麦、具材それぞれの持ち味を引き出しながら一体化させた、絶妙なハーモニーが堪らない。

小ぶりのエビが4~5匹入ったかき揚げは、かけ蕎麦と別盛りで提供。薄づきの衣はエビのプリプリ感を際立たせ、サクサクの食感も小気味いい。つゆに溶け込み、まろやかになっていく味の変化も楽しい!

香り良く、コシのある蕎麦はファンが多く、常に人気のお店!天ぷらのサクサク具合も最高!
ピリリと刺激のあるワイルドな辛みが心地よい辛み大根を使った「青ねぎ辛味そば」のぜひ食べてほしい逸品です!

「玄蕎麦 野中」外観

[住所]東京都練馬区中村2-5-11 [TEL]03-3577-6767 [営業時間]11時~14時半(LO)、17時~20時(LO)※ただし第3火以外の火は昼のみ営業 ※ランチタイム有 [休日]月(祝の場合は営業、翌火休)、第3火、1/1~1/3 [席]全30席/全席禁煙/予約可(平日のみ)/カード不可/サなし [交通アクセス]西武池袋線中村橋駅から徒歩13分

『江戸蕎麦 ほそ川』(両国)

冷やかけそば

昆布、椎茸、鰹節でダシを取り、淡口醤油などで味を調えるという甘汁は、きれいに澄み切っている。が、すっきりした中に余韻が残り、蕎麦にも負けない。
蕎麦は厳選した玄蕎麦を自家製粉した十割。やや細めでもちっとしたコシを感じながら、噛みしめると蕎麦の醍醐味が広がる。
たぐると汁が絡んで後からダシの風味が追いかけてくるのもいいなあ。「冷やしすぎないほうがいいんだよ」というその汁を、ゆずの香りも感じながら飲み干せば、体もシャキッとした気分になる。

「ほそ川」はミシュランに何年も連続掲載されている両国を代表するそばの名店です。
必要な分だけを自家製粉するため、「挽きたて」、「打ちたて」、「茹でたて」の十割蕎麦を楽しめます。
せいろやかけそばなどは1100円からとリーズナブルに食べられるのも魅力です!

「江戸蕎麦 ほそ川」内観

[住所]東京都墨田区亀沢1-6-5 [TEL]03-3626-1125 [営]11時45分~14時半(14時LO)、17時半~20時(19時半LO) ※予約は平日の夜のみ [休]月・第1、第3火 [席]テーブル30席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交]JR両国駅から徒歩6分、地下鉄両国駅A3出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

『手打そば太古福』(三鷹)

冷しキツネ蕎麦

「私自身、硬めの田舎蕎麦っぽいのが好きなので」という蕎麦は、ちょっと星の見えるルックスで、細めでよく締まった食感。噛むと素朴さが広がるのがいい。
厚削りの枯節からダシをとったつゆは、風味よく穏やかな味わい。厚手の油揚げはその都度煮て出され、ふわふわの食感だ。
さらにはもうひとつ。こちら宮城の銘酒が揃っている。油揚げをアテに、まずは昼酒を一杯。そんな楽しみ方をするのも、かなりおすすめなのである。

「手打そば太古福」は、昼からの営業で売切れ次第終了の人気店!
少し硬めの素朴さを感じる手打ちそばが特徴で、オーソドックスなキツネ蕎麦から、変わり種の創作蕎麦まで揃っています。
カウンターもあり、1人でも気軽に入りやすい雰囲気も魅力です!

「手打そば太古福」内観

[住所]東京都三鷹市下連雀3-23-17 石井コーポB1 [TEL]0422-26-6780 [営業時間]11時~売り切れ次第終了 [休日]月 [座席]カウンター4席、テーブル12席、計16席/全席禁煙/予約11時半前入店のみ可/カード不可/サなし [アクセス]JR中央線三鷹駅南口から徒歩2分 ※ランチタイム有

『手打ち蕎麦じゆうさん』(中野)

にしんの冷かけ

食べ進むにつれて、風味と旨みが追いかけっこする渾然一体感。絶妙のバランスに、種ものの旨さを実感できる冷かけである。ほんのり辛いかけ汁は、宗太節と鯖節でダシが取られ、すっきりしつつも味が深い。
ここに細切りの端正な十割蕎麦が絡んで、ダシの風味をまといつつ、口中でしっかり蕎麦の香りが返ってくる。シャキシャキとした茗荷の香りと食感も心地いい。かと思えば、にしんがそそる。
やさしく炊かれたにしんはほろっと柔らかく、甘過ぎず辛過ぎず、旨みがしっかり。その脂が汁に溶け込む感じもいい。
ずずっ、ごくっ、ぱくっ……と、うーん、箸が止まらない旨さ!

「手打蕎麦 じゆうさん」は、良質な玄蕎麦を毎朝その日使う分だけ製粉し、水だけで手打ちしているこだわりのお店。 ミシュランガイドビブグルマンにも掲載されました。
こちらのお店も蕎麦が売りきれるとその日の営業が終了となるので、早めに行くのがおすすめです。

「手打ち蕎麦じゆうさん」内観

[住所]東京都中野区江原町3-1-4 [TEL]03-3951-3397 [営業時間]11時半~14時LO、17時半~20時LO [休日]月、月1回連休あり [座席]カウンター4席、テーブル8席、座敷5席、計17席/全席禁煙/予約可(土・日を除く)/カード不可/サなし アクセス]西武池袋線東長崎駅南口から徒歩7分 ※ランチタイム有

『手打蕎麦まるやま』(代田橋)

冷し海老おろし

20年来の人気メニューという「冷し海老おろし」。プリプリの海老天、海藻のシャリシャリ感、海苔、大根おろしなど、香りや食感が異なる具が織りなすハーモニーに箸がとまらない。せいろが旨いことでも知られる「手打蕎麦まるやま」だが、この「冷し海老おろし」にも同じ蕎麦が使われているとあって、蕎麦の風味もまた格別なのだ。

「手打蕎麦まるやま」は粗挽きの蕎麦が絶品のお店。せいろが有名で、せいろや田舎せいろの他、鴨せいろや穴子天せいろなど様々な種類が楽しめます!
また、そばだけでなく酒や一品料理も豊富で味も抜群!最寄駅から徒歩4分とアクセスが良いのも足を運びやすく魅力です。

「手打蕎麦まるやま」内観

[住所]東京都杉並区和泉1-2-3 [TEL]03-3321-1478 [営業時間]11時半~14時半LO、18時~20時半LO(売り切れじまいあり) [休日]木、水曜夜、不定休あり [座席]テーブル20席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]京王線代田橋駅北口から徒歩4分 ※ランチタイム有

『蕎楽亭もがみ』(神楽坂)

トマトそば

他店のトマト蕎麦は生のトマトを使うことが多いが、ここはトマトと玉ねぎをオリーブオイルで炒めるトマトソース派。蕎麦は福島の農家から取り寄せる微粉と粗挽きを混ぜた十割だ。冷水でしっかり〆るので、キリリと小気味よいキレにも大満足。

ミシュランで星を獲得した名店から暖簾分けをした「蕎楽亭 もがみ」は、個性的なアレンジを加えた創作蕎麦が絶品!
そばだけでなく、コース料理や一品料理も美味しく酒が進むこと間違いなし!平日夜だけの営業なので、予約をおすすめします。

「蕎楽亭もがみ」内観

[住所]東京都新宿区中里町3 [TEL]03-6326-2330 [営業時間]17時半~21時 [休日]土・日・祝 [座席]カウンター7席、テーブル8席、計15席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代別200円 [アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口から徒歩4分

『銀杏』(西大島)

冷製あさりそば

透明な汁は酒蒸しにしたアサリのダシと蕎麦汁のダシを合わせたもので、白醤油を使って見た目も美しく仕上げている。 変わり蕎麦に使うのはのど越しと蕎麦の風味のバランスがいいせいろ用の二八蕎麦。微粉より少し粗めに挽いているので、食べると蕎麦の香りが広がる。

「銀杏」は夏季限定の「冷製あさりそば」が名物!店主がこだわって仕入れているあさりが、蕎麦を覆い隠すほどに乗った逸品です。
店内はとてもオシャレで落ち着いた雰囲気なので、ゆったりとそばを楽しみたい方におすすめです!

「銀杏」外観

[住所]東京都江東区大島2-15-3 [TEL]03-3681-9962 [営業時間]11時半~14時LO、18時~21時LO、土・日・祝11時半~14時半LO、18時~21時LO、要予約で水〜土の22時~24時 [休日]月、火 [座席]テーブル16席、座敷12席、計28席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代別324円 [アクセス]都営新宿線西大島駅A2出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

『もりいろ』(大森)

2種もり

細打ちのせいろは蕎麦の旨みや香りが驚くほど豊かだが、味わいはすっきりときれい。
例えていえば芯の通った清楚美人だ。一方の粗挽きは食べ応え十分だが、味に丸みがあってぽっちゃり美人を連想させる。
聞けば、打ってから味を引き出すために1日ほど寝かせているとのこと。「自家製粉だからできることがたくさんあります」と土屋さんはいう。

せいろそばが絶品の「もりいろ」はミシュランにも掲載された人気店です!
お得なランチメニューもあり小鉢やデザートがついた2種盛りのランチメニューもあり。
夜の営業では売切れ次第終了の可能性もあるので、予約もしくは事前確認がおすすめです!

「もりいろ」外観

[住所]東京都大田区大森西5-10-8 [TEL]03-3761-6055 [営業時間]11時半~14時半、17時半~20時半 [休日]月 [座席]カウンター5席、テーブル14席、計19席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [アクセス]京浜急行大森町駅から徒歩1分 ※ランチタイム有

『石臼挽き手打蕎麦 蒼凛』(笹塚)

おすすめは「穴子せいろ」。築地からいいものを仕入れて店でさばいた穴子はやはり旨さが違う。天ぷらは衣がパリッと小気味よい音を立て、身は肉厚でふっくら、しっとり。カリカリに揚げた中骨が添えられているのも粋な計らいだ。
蕎麦屋では珍しく刺身が人気で、こちらも穴子と同じく鮮度のいい魚を築地から仕入れている。充実した日本酒と刺身を楽しみに通う常連が多いというのも納得だ。

「蒼凛」のそばは臼挽きにこだわる自家製粉の九割そば。キレよく食べやすい麺は程よく甘く、つけ汁とからむと絶品です!
1000円以下のメニューも多くあり、コスパも抜群!店内はとてもお洒落で、個室もあるのでデート等にもおすすめです。

「石臼挽き手打蕎麦蒼凛」外観

[住所]東京都渋谷区笹塚2-30-9 シャトレー笹塚1F [TEL]03-3373-8374 [営業時間]11時半~15時、17時半~21時、日11時半~15時 [休日]月 [座席]カウンター3席、テーブル16席、個室6席、計25席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [アクセス]京王線笹塚駅北口から徒歩6分 ※ランチタイム有

『玄蕎麦もち月』(町田)

天せいろ

蕎麦は中細の外一。軽やかなのでするりと胃に収まり、思わずもう一枚と言いたくなる。からりと揚がった天ぷらもおすすめだ。実はここ、意外だがとんかつも名物。23年間とんかつ屋を営んでいたという輝久さんのお父さんが揚げるとんかつは、細かいパン粉が肉を包む個性派で、こちらも味わってみたい。

「玄蕎麦もち月」はジャズが流れるおしゃれなそば屋。店内はモダンでゆったりとした雰囲気が魅力です。
自家製粉のそばは風味がよくぺろりと平らげてしまえるほどに軽やか!1000円以下のメニューも豊富で、味もコスパも抜群の名店です。

「玄蕎麦もち月」内観

[住所]東京都町田市小川2-3-23 [TEL]042-799-7033 [営業時間]11時半~15時、17時半~20時 [休日]火、第1・3月 [座席]テーブル席24席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]JR成瀬駅南口から徒歩10分 ※ランチタイム有

『泰明庵』(銀座)

(奥から)もり、刺身盛り合わせ、炒りぎんなん、小きんきの天ぷら盛り合わせ

「泰明庵」の前身は魚屋で、先代は天ぷらの名店で修業したと聞けば、魚の目利きとふんわり揚がった天ぷらが名物というのも納得だ。毎日築地から仕入れる魚は、刺身に限らず、上品な煮つけもいい。これらは深まる秋に、燗酒の最上の友になってくれる。
夕暮れ時に引き戸をカラリと開けば、白い暖簾の隙間からワイワイと喧騒が漏れてくる。「いらっしゃいませ」。明るい声に背中を押され、今宵もまたたらふく飲んでしまおうか、と甘美な誘惑にそそのかされる。

銀座の蕎麦の名店「泰明庵」はそばだけでなく、酒のつまみや、カレーやかつ丼といったメニューも豊富!壁一面にずらっと並べられたお品書きは圧巻です。
どの料理も安く、良心的な値段で絶品料理が味わえます!

「泰明庵」外観

[住所]東京都中央区銀座6-3-14 [TEL]03-3571-0840 [営業時間]11時半~21時(20時半LO)、土11時半~15時(14時40分LO) [休日]日・祝 [座席]テーブル52席/1階は終日禁煙、2階は15時まで禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄丸の内線ほか銀座駅C1出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

『手打そば わたる』(神保町)

せいろと田舎せいろの合もり

神保町の裏路地に佇む、夜のみ営業の店。兄の学さんが煮物などの仕込みや酒の仕入れ、弟の裕さんが蕎麦打ちや揚げ物などを担当している。学さんが「うちは居酒屋ですから」と言うように、酒呑みの心をくすぐるメニューがずらり。
酒は味わいがしっかりした、料理を引き立て飲み飽きしない日本酒が中心。また、つい肴をやり過ぎたな、と思っても安心。蕎麦は半量でも注文可だから、しっかり〆まで楽しめる。

「手打そば わたる」は夜のみ営業の居酒屋兼蕎麦屋。
蕎麦が絶品なのはもちろん、季節の食材を取り入れたつまみなどの一品も美味しくお酒がすすむこと間違いなしです!
夜のみの営業なので、営業時間にご注意ください。

「手打そば わたる」外観

[住所]東京都千代田区神田神保町2-28 [TEL]03-6272-6377 [営業時間]18時〜24時(23時LO)※売り切れじまい [休日]土・日・祝 [座席]カウンター6席、テーブル12席、計18席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線神保町駅A4出口から徒歩3分

『ら すとらあだ』(中野坂上)

平打ちかけそば 太打ちせいろ 細切りせいろ
※すべてコースの蕎麦より

店主の日比谷さんが打つ蕎麦は手挽き、自家製粉。パスタのような平打ちから蕎麦の旨みが濃厚な太打ちなど、各地の農家から届く蕎麦を、それぞれの特徴を考えて使い分けている。
まずはクラフトビールで軽く喉を湿らせて、冷やから燗へと移行するもよし。日本酒好きとしても知られる店主におまかせするもよし。50種類は下らない銘柄があり、日本酒好きならずとも飲み比べてみたくなる。

「ら すとらあだ」は住宅街の民家を改装したお店で、なんと看板がありません。ですが、蕎麦や日本酒が好きな方には「様々な絶品蕎麦やお酒が楽しめるお店」としてとても有名です!
席数は9席と多くはないので、事前に予約をするのがおすすめです。

「ら すとらあだ」内観

[住所]東京都中野区本町2-41-2 [TEL]03-6276-8364 [営業時間]火・水・金 18時半~21時、木 12時~14時、土 12時~15時 [休日]日、月 [座席]カウンター3席、テーブル4席、計7席/全席禁煙/予約が望ましい/カード可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄丸ノ内線中野坂上駅3番出口から徒歩3分

『浜町 かねこ』(水天宮前)

カレーそば

白木の真新しいカウンターに陣取って、酒肴の品書きを吟味するのは楽しい時間だ。牛すじの煮込みなど、思わず一杯やりたくなるつまみが多いし、蕎麦屋のレベルを超えた、師匠譲りの端正な天ぷらも捨てがたく、ついつい食べ過ぎてしまうのだ。
それでも〆の蕎麦は別腹。十割微粉の細打ちは、せいろかそれとも自慢のカレーか、これまた幸せな悩みは尽きない。

「浜町 かねこ」は神楽坂にあるそばの名店『蕎楽亭』から独立したミシュラン掲載の蕎麦屋。
常時13種類以上の日本酒を揃えているので、落ち着いた店内でゆっくりお酒と絶品のそばや蕎麦前を楽しめます!
予約は夜のみなので、ご注意ください。

「浜町 かねこ」外観

[住所]東京都中央区日本橋浜町3-7-3 [TEL]03-4291-3303 [営業時間]月17時半~21時、火~金11時半~14時、17時半~21時、土11時半~14時半 [休日]日・祝 [座席]カウンター8席、テーブル14席、個室8席、計30席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄半蔵門線水天宮前駅4番出口から徒歩5分、東京メトロ 日比谷腺 人形町駅から約7分、都営新宿線 浜町駅から約6分

『はたり』(新富町)

胡麻酢そば

日本酒はもちろん、焼酎やワインのひねったチョイスも、「そうきたか」という通好みな揃え。〆はスルスルと心地よい喉越しを楽しめる十割蕎麦を。もりそばもいいが、胡麻ペーストの風味、酢とレモンの酸味をまとった、力強い味わいがクセになる「胡麻酢そば」をぜひ。これを肴にもう一杯……とまた酒に食指が動いてしまうのが難点だが。

「はたり」は自家製のそばはもちろん、蕎麦味噌や出汁巻き玉子といった定番の蕎麦前から、お酒がすすむつまみなど絶品メニューを数多くそろえたお店。
日本酒だけでなく、ワインも取りそろえられているのも魅力です!こちらもミシュランに掲載された名店です。

「はたり」外観

[住所]東京都中央区新富2-11-6 B1 [TEL]03-6222-8498 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時〜23時(22時40分LO) [休日]日曜不定休(祭日営業) [座席]カウンター5席、テーブル26席、計31席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄有楽町線新富町駅5番出口から徒歩1分

『築地 文化人』(築地)

もりそば(一枚)

こちらのつまみはシンプルながらも一ひねり効いたものが多く、ありそうでなかった品揃え。なかでも蕎麦“ぬき”の「吸い」は、よくあるそれとタカをくくるなかれ。旬の素材を使った具の旨さ、いい塩梅に酒が進むつゆの味は、めっぽうクセになる。
また、何を頼むか迷ったら、その日の「おまかせ五点盛り」をぜひ。店主がその時々に応じて、品書きにあるものないものから、見つくろってくれる。 揃える酒も面白みのあるものが多いため、〆の蕎麦に移行する踏ん切りが悩ましい一軒だ。

銀座の名店「築地 文化人」の十割そばは、店主こだわりのそばの実を自ら店内の石臼で碾き、手打ちされています。
そばは1000円以下のメニューも多く、リーズナブルに絶品そばを楽しめるのも魅力。
また、そばだけでなく、おつまみもこだわって作られている逸品ばかりでおすすめです!

「築地 文化人」内観

[住所]東京都中央区築地1-12-16 [TEL]03-6228-4293 [営業時間]11時半~13時半、17時半~21時半LO [休日]日・祝、月は不定休 [座席]カウンター5席、テーブル10席計15席/全席禁煙/夜は予約可/カード夜のみ可/夜カード使用のみサ5%別 [アクセス]地下鉄日比谷線築地駅2番出口、東銀座駅5番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

おわりに

今回は東京のそばの名店をご紹介しましたが、いかがでしたか?
どのお店もそばだけでなく、蕎麦前やつまみなども絶品の名店ばかり!ぜひ気になったお店があれば、足を運んでみてください。

おとなの週末の「蕎麦」に関するまとめ記事

■肉そばの名店が勢揃い!→「蕎麦界のヘヴィ級、肉そば!」のまとめ記事

■冬になると食べたくなる!→「鴨南蛮の名店」まとめ記事

■食欲そそるスパイスの香りがたまらない!→「都内カレー南蛮蕎麦の名店」のまとめ記事

■実はファンが多い蕎麦屋の名脇役!→「お蕎麦屋さんの玉子焼きコレクション」のまとめ記事

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カルボナーラから和え麺まで 蕎麦の新風(ニューウェーブ)|蕎麦といえば、歴史ある江戸前の粋な食べ物。いってしまえば、見た目は地味! そう思う人が増えたのか、最近は見た目からして派手なインスタ映えする“創作系”が増えているんです。そして、味も個性的。そんな新世代のお蕎麦をお見せしましょう。
肌寒くなってくると、選択肢の上位に浮上するのがカレー南蛮。蕎麦のつゆを利用した懐かしい味もあれば、計算され尽くした新発見の味も。新旧を食べ比べれば、カレー南蛮を見る目が変わりますよ。
『熱々をすすれば、心まで温かく 感涙の待つ「温蕎麦」』湯気とともに芳醇な香りを立ち上らせるつゆ。牡蠣や天ぷらなどの具材とつゆの旨みをまとった蕎麦。すするたびに温かさと美味しさが口に広がるこだわりの温蕎麦は、必ずや感動を呼ぶこと間違いなし。
蕎麦屋の一品の中でもファンが多い〈そばがき〉は、なんといっても薫る風味が身上。また、形状や食感もさまざまで、店ごとの個性が窺えるのも面白い。そんな奥深い〈そばがき〉を、歴史も踏まえて考察してみたい。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン
蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル