MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
お蕎麦屋さんの玉子焼きコレクション15選!(東京都内)

お蕎麦屋さんの玉子焼きコレクション15選!(東京都内)

東京都内の蕎麦前の王様、玉子焼きを集めてみました。自慢のダシを利かせた玉子焼きは、どの店でも看板メニューのひとつ。形、味わいなど個性溢れる逸品コレクションをどうぞ!

perm_media 《画像ギャラリー》お蕎麦屋さんの玉子焼きコレクション15選!(東京都内)の画像をチェック! navigate_next

「しろう」の蕎麦屋の玉子焼き 980円

コクある茨城県産「奥久慈卵」を4個使う。蕎麦のダシがたっぷり

「大川や」の玉子焼 700円

見た目の美しさにもこだわった一品。かけに使うダシを入れて焼く

「嘉一」の出汁巻き玉子焼 950円

玉子焼専用の特製ダシを入れて、味わい深く。しっとりやわらかい

「花乃蕎麦」の花特製出し巻き卵 830円

熊本の「コッコファーム」の卵を4個使う。米油で焼いてふんわりと

「壮」の出汁巻き玉子 864円

かけ用のダシと砂糖を少々入れて仕上げる。甘過ぎず、優しい風味

「小菅」の玉子焼き 800円

箸で持ち上げるのが困難なほどたっぷりのダシを加えてふわふわの食感だ

「うじいえ」の出し巻き玉子 800円

蕎麦のダシにかえしを少し加えた味わい。好きな厚さに自分でカット

「じゆうさん」の玉子焼き 600円

中心はとろりし、半熟気味でふんわりと巻かれている。優しい味わいだ

「紫仙庵」のダシまき卵 810円

しっかりと焼かれた端正な玉子焼き。濃厚なダシの風味が日本酒を誘う

「しらかめ」の出汁巻き 750円

ふんわかプリンのような弾力でダシが香る。鬼おろしと一緒に

「玉笑」の玉子焼き 864円

ダシがたっぷりの正統派。辛味大根を加えた大根おろしをたっぷりと

「山せみ」の蕎麦屋の玉子焼き

有精卵を使用。好みで出汁巻きと甘口巻きの2種から選べる。写真は出汁巻き

「正音」の出汁巻玉子焼 900円

砂糖は抑えて、玉子のほんわりとした甘みを生かしている

「芳とも庵」の蕎麦屋の出し巻き 800円

かけ汁を加えており、上質なダシの風味をしみじみと感じられる

「御清水庵 清恵」のだしまき玉子 800円

まろやかな甘みを感じる味付けで玉子のコクを引き立てている

おとなの週末の「蕎麦」に関するまとめ記事

■蕎麦好きなら必ず行くべき!東京の蕎麦店を厳選!→「ミシュラン掲載店などおすすめの名店」のまとめ記事

■肉そばの名店が勢揃い!→「蕎麦界のヘヴィ級、肉そば!」のまとめ記事

■冬になると食べたくなる!→「鴨南蛮の名店」まとめ記事

■食欲そそるスパイスの香りがたまらない!→「都内カレー南蛮蕎麦の名店」のまとめ記事

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
カルボナーラから和え麺まで 蕎麦の新風(ニューウェーブ)|蕎麦といえば、歴史ある江戸前の粋な食べ物。いってしまえば、見た目は地味! そう思う人が増えたのか、最近は見た目からして派手なインスタ映えする“創作系”が増えているんです。そして、味も個性的。そんな新世代のお蕎麦をお見せしましょう。
肌寒くなってくると、選択肢の上位に浮上するのがカレー南蛮。蕎麦のつゆを利用した懐かしい味もあれば、計算され尽くした新発見の味も。新旧を食べ比べれば、カレー南蛮を見る目が変わりますよ。
『熱々をすすれば、心まで温かく 感涙の待つ「温蕎麦」』湯気とともに芳醇な香りを立ち上らせるつゆ。牡蠣や天ぷらなどの具材とつゆの旨みをまとった蕎麦。すするたびに温かさと美味しさが口に広がるこだわりの温蕎麦は、必ずや感動を呼ぶこと間違いなし。
蕎麦屋の一品の中でもファンが多い〈そばがき〉は、なんといっても薫る風味が身上。また、形状や食感もさまざまで、店ごとの個性が窺えるのも面白い。そんな奥深い〈そばがき〉を、歴史も踏まえて考察してみたい。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン
蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル