SNSで最新情報をチェック

京都市内だけを巡って、帰路に着いていたあなたへ。古都の北と南、千年の都を支えてきた山々と川の向こうには、さらなる美味と豊かな自然、悠久の歴史が眠っています。新たな京都と出会いに、いざ森の京都、お茶の京都、海の京都へ。 今回のテーマは、「お茶の京都」。日本、そして世界で通る宇治茶ブランド。しかしその銘茶の由来は、意外と知られていません。宇治茶の謂れを知るべく、京都から南へ向かいます。

画像ギャラリー

宇治川の水流が育んだ茶の故郷を巡る旅へ

茶道といえば京都が世界に誇る文化だが、その発展には宇治が欠かせなかった。水はけのいい扇状地が多く、昼夜の寒暖差が大きい京都南部は、茶栽培に適した土地。宇治川の水運が都の茶需要を支えてきたのだ。

そもそも『宇治茶』とは、宇治伝統の製法で加工した緑茶を指し、原料となる茶葉の栽培は奈良・滋賀・三重に跨またがっている。

その3県と接するのが、京都府唯一の村・南山城村。2017年に『道の駅 お茶の京都みなみやましろ村』が開業して以降、村は嬉しい驚きに沸いている。

社長の森本健次さんは、元は村役場の職員。「村は良質なお茶の産地ですが、残念ながら、宇治茶だと認識されていない。ならば極上の抹茶をスイーツに生かして、村の茶の魅力を発信しようと考えました」。

道の駅の定番、野菜の即売に加え、自社製プリンなどの販売に力を入れる。

厨房で手作りする、むらちゃプリンの抹茶とほうじ茶。各450円。1日700個売れることもある

スイーツの評判を聞きつけた客で、店は大繁盛。さらに村を驚かせたのが、盛況を聞いた世界的ホテルの進出だ。

道の駅と隣接して、客室の窓から茶畑を望める『フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ』は、茶の京都の観光拠点としてふさわしい場所ともいえる。

そこから車で30分。木津川市にあるのが、1047年創建の『浄瑠璃寺』だ。国宝級の仏像を安置しながらも、幾度となく廃寺の危機に直面。しかしその度に檀家などの住民の力で、困難を克服してきた。

宇治では『WITTE DEWITH』が住人に愛されている。渡辺朋之シェフが手がける気軽なビストロは、ちょっと前の宇治にはなかった切り札だ。

豪快な盛り付けの前菜からメインまで、噂の新味をナチュラルワインと楽しみ、“お茶の京都”の旅を締めたい。

お茶の京都みなみやましろ村/南山城村【道の駅】

[住所]京都府相楽郡南山城村北大河原殿田102
[電話]0743-93-1392
[営業時間]つちのうぶ8時~9時半LO(土・日・祝7時半~)、11時~15時半LO、村茶屋9時半~17時 のもん市場(野菜、お土産)、村民百貨店(生活用品)9時~18時
[休日]不定休
[交通]JR関西本線月ケ瀬口駅から徒歩10分

フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ/南山城村【ホテル】

[住所]京都府相楽郡南山城村北大河原殿田105
[電話]0743-93-1555
[宿泊プラン](2名1室、食事なし)1室1万4520円〜(税・サ込)
[交通]JR関西本線月ケ瀬口駅から徒歩10分 

浄瑠璃寺/木津川市【寺院】

[住所]京都府木津川市加茂町西小札場40
[電話]0774-76-2390
[営業時間]9時~17時(本堂拝観受付~16時半)※12月~2月は10時~16時(本堂拝観受付は~15時半)
[拝観料](本堂)400円※境内は入場無料
[休日]無休
[交通]木津川市コミュニティバス当尾線「浄瑠璃寺」からすぐ

WITTE DE WITH(ヴィット・デ・ウィット)/宇治市【ビストロ】

[住所]京都府宇治市宇治妙楽17-8 中宇治yorin 1階奥
[電話]0774-25-6335
[営業時間]11時半~14時LO、18時~21時LO
[休日]水、第3木
[交通]JR奈良線宇治駅南出口から徒歩5分、京阪電気鉄道宇治線宇治駅から徒歩8分

撮影/西崎進也、文/岡野孝次

※データは、2022年4月号発売時点の情報です。
※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...