SNSで最新情報をチェック

年に一度のアジア最大の食の祭典「FOODEX JAPAN 2022」で出展されていた、今年ブレイクしそうな注目の10商品を4回にわたり紹介しています。これまで、新しい生活様式に合う食材や健康にいい酒のつまみ、ノンアルコールなどを掲載してきましたが、最終回は今年、注目されそうな「気分のあがるお酒」を取り上げました。

画像ギャラリー

1日かけてまわった2022年の「FOODEX」でのラストはアルコールブースへ。かつて午前中に日本酒ブースに立ち寄って、すすめられるままに試飲していたら酔っぱらって眠くなってしまったことがある。そのため、このエリアは最後にとっておいたのだ。

コロナなどの影響で海外ブースの出展が少ないが、ワインブースは今年も盛況
コロナなどの影響で海外ブースの出展が少ないが、ワインブースは今年も盛況

すべてがちょうどいい! ワイン酵母仕込みの飲みきり日本酒

右も左も酒、酒、酒! ご紹介したい日本酒は山ほどあるが、思わずこれは売れそう! と思わず膝を叩いたのが、日本酒メーカー「花の舞酒造」のボトル缶入りの生酒「花の舞 くらふとなま ワイン酵母仕込み生」

ちょうどワイングラスに一杯分
ちょうどワイングラスに一杯分

ひと口いただくと、日本酒なんだけど酸味のある白ワインの風味がする。静岡県産米を使用しているが、フランス・ブルゴーニュ地方のワイン酵母で発酵させたそうで、和食でも洋食でも何でも合いそう。これは使える!

なにしろ私は、昨晩は白ワインが合うパスタでも、今晩は日本酒が合うシシャモだったりと、その日の気分で適当に料理をしているので、気が付けば、冷蔵庫にいくつも栓のあいた古い酒が並ぶという、困った事態になっていたのだ。

悲しいかな、若い時と違って1本、空けられない。「この日本酒、いつ開けたっけ?」と冷蔵庫の前で考え込むこともしばしば。だから、180ミリという飲み切るにはちょうどいいサイズもうれしい

会場で配られていたこちらのボトルを家で実際に飲んでみた。麻婆ナスにハムサラダに朝の残りの味噌汁という、和洋中がそろった妙な献立の日に、「くらふとなま」をワイングラスに注いでみた。

最初はちょっと薄く感じたが、時間が経つにつれふくよかな味に。確かにどの料理の味も邪魔をしない。主張し過ぎない控えめな人柄……いえ、酒柄が気に入って白石家に箱ごとお嫁入り。飲み切りサイズなので旅行にもいいかもしれない。

もうひとつ。加熱処理をしていない「生酒」なのに、常温で1年保存OKという、オールマイティぶりに頭が下がる。もはや防災袋に2、3本、放り込んでおきたい気分である。

「くらふとなま」シリーズ
「くらふとなま」シリーズ

今回、ご紹介したのは写真中央の「花の舞 くらふとなま ワイン酵母仕込み生」だが、同じくワイン酵母を使用した720mlの「アビス」(右)と「くらふとなま 純米生酒」(左)も好評だそう。

■花の舞酒造 生酒「花の舞 くらふとなま ワイン酵母仕込み生」180ml 298円
コンビニやスーパーなどで販売中。
花の舞酒造株式会社 静岡の地酒

次のページ
寝酒にはこれ! ハチミツたっぷりの日本産...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...