×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

僕は、毎日食べて歩くことにより、日々の糧が得られるという矛盾した生活を送っている。そのゆえ、年間700回ほど外食をしなければならない

そんな食生活の中で、最も通っている店が『田舎そば かさい』である。立ち食いそば連載第1回は、中野駅北口前にあるこの店を紹介したい。

『田舎そば かさい』
『田舎そば かさい』

通う理由は、10項目ある。

  1. 立ち食いそばのツユは総じて濃い目であるが、それを爽やかにし、後口が心地よくさせる、おろし生姜が置いてある
  2. 麺が太く、絶妙な食感と食べ応えを生む
  3. ワカメの質が高い。立ち食いそば屋では、ペナペナのミイラ状となった、存在感が薄いワカメが多いが、ここは、厚くしなやかな徳島産天然わかめで、実にうまい
  4. ちょいと小腹が空いた時や、二日酔いなど、あまり食欲がない時に最適なハーフがある(二日酔いの時に食べようという魂胆が間違いだが)
  5. 具をひとつ増やすと、それぞれが10円安くなる
  6. サービスがいい。立てば水が置かれ、無くなれば直ちに補充される。またカウンターは常に拭かれている
  7. 夏季の冷やし(プラス50円)は、ぶっかけではなく、冷たいかけ汁がなみなみと注がれる、冷やかけ。こちらの方が断然おいしい。
  8. たぬきの天かすは、桜エビや青菜などが入って、お得感満載
  9. 天ぷら類の冷やしは、それぞれの天ぷらを熱いかけ汁にくぐらせてから乗せる。そのため、馴染みが俄然良くなる。
  10. 吹きさらしの外に面し、席数6席の正統派立ち食いそば屋形状
「田舎そば 並」(300円)に「イカ天」(130円)トッピング
「田舎そば 並」(300円)に「イカ天」(130円)トッピング
次のページ
ベストは、ワカメたぬきである。夏季限定の冷やしワカメたぬきそ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

マッキー牧元
マッキー牧元

マッキー牧元

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…