×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

本誌『おとなの週末』の連載『往復書簡』でもおなじみ、タベアルキスト・マッキー牧元さんの「立ち食いそば」連載。第2回は数々の立ち食い蕎麦を食べてきたマッキーさんをして、はじめて食べた! という蕎麦について。場所は姫路の『えきそば』。どうやら、かなり衝撃を受けたご様子で。

icon-gallery

ホームの上に電車が乗っていた。

ここは姫路駅である。

姫路駅ホームにある『えきそば』は、電車の形にデザインされた、立ち食いそば屋なのであった。

これはずるい。

お腹が空いてないけど、そそられちゃうではないか。

だから吸い込まれるように入ってしまった。

JR姫路駅山陽本線上りホームに位置する「えきそば 在来線上り店」
JR姫路駅山陽本線上りホームに位置する「えきそば 在来線上り店」

「天ぷらえきそば」「きつねえきそば」といった定番に混ざって、「カレーえきそば」「とり天えきそば」「ごぼう磯辺揚げえきそば」「チーズえきそば」というオリジナルがある

これはなかなかいいぞと、ほくそ笑んでいたら、謎に気がついた。

「天ぷら和そば」「きつね和そば」という品書きがあるではないか。

和そばとはなにか

もともとそばは、和だろうと突っ込みたくなる。そこで店員さんに聞いてみた。

和そばは普通のそばです。えきそばは、ラーメンの麺です」。

なんと和風出汁ツユに中華麺か。

高知・赤岡で、うどんダシに中華麺を入れた「中日」という麺料理を食べ、意外なおいしさに目を丸くしたことがあるが、そばダシに中華麺というのも良さそうだぞ。

人気は「とり天えきそば」のようで、店内にいる3人の客は、皆それを食べていた。いやとり天は想像がつく。ここはあえて「姫路たこ焼きえきそば」と、変化球でいってみよう

そばにたこ焼きは、人生60年生きてきて、初の体験である。明石焼きは、ダシにつけて食べるので、そばツユとも相性がいいかもしれない。

しかし中華麺である。

中華麺とたこ焼き、この炭水化物同士の出会いは、想像がつかない。なんだかうれしくなってきた。

次のページ
現れし「姫路たこ焼きえきそば」は、たこ焼きが3個乗り、カツオ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

マッキー牧元
マッキー牧元

マッキー牧元

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。3月14日発売の4月号では、「おにぎりとおべん…