×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

本誌『おとなの週末』の連載『往復書簡』でもおなじみ、タベアルキスト・マッキー牧元さんの「立ち食いそば」連載。第3回は青森・八戸の駅そば。またまた新しい出合いがあったようです。

icon-gallery

地方で立ち食い蕎麦に入る時は、土地土地の郷土色があるものを頼むと決めている

『そば処はやて』
『そば処はやて』

先日も、八戸駅のコンコースにある、『そば処はやて』の前に立って、選んでいた。

メニュー表
メニュー表

「鶏天そば」、珍しい。

きつね、たぬき、生卵が乗った、「三食そば」は、名前が珍しい。

だがここで食べるなら、これだろう。

「三陸磯のりそば」(580円)である。

黒々とした磯海苔が、丼の半分近くを占めて乗っている写真にそそられる。今日はこれにめかぶ(180円)を奢ってみた。追い海藻である

大量のマグネシウム、カルシウム、食物繊維摂取で、普段の荒れた食生活を改善しようとする計画である(単に海藻が食べたかっただけだが)。

計760円というゼータクになった

店内
店内

中ではおばちゃん3人が、テキパキと働いている。いんや青森だから、カッチャが働く立ち食い蕎麦屋だな。

「はい、磯海苔そばにめかぶぅ」。

カッチャの元気な声が、店内に響く。

次のページ
「三陸磯のりそば」(580円)受け取ってみると、そばの上には...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

マッキー牧元
マッキー牧元

マッキー牧元

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…