SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

三菱自動車が主催する「スターキャンプ」は1991年から始まり、長野、静岡(朝霧高原)、福島、宮城などで日本最大級のキャンプイベントとして開催されてきた。意外かもしれないが、三菱車でなくても参加でき、日本のアウトドアシーンをけん引してきたイベント、といっても過言ではないだろう。

コロナ禍で中断していた、そんな大人気イベント「スターキャンプ 2022 in 朝霧高原」が今年、3年ぶりに復活すると聞き、F1カメラマンで二児の父親でもある筆者はウキウキ気分で開催地の「ふもとっぱら」キャンプ場(静岡県富士宮市)へと向かった。この手のイベント、おとなだけが楽しめても家族は置き去りだし、そうかと言っておとなも楽しめる要素がないとちょっと物足りないもの。そのあたりは果たしてどうか? 正直な実感をレポートしてみたい。

【子どもも作れる!】「モノづくりワークショップ・ウッドスピーカー作り体験」

「モノづくりワークショップ・ウッドスピーカー作り体験」の様子。参加したお子さんが真剣な眼差しで制作をする姿が印象的だった。学びながら体験でき、形として残る点も人気の秘密

まず入場すると案内されたのは雨上がりの野原。ぬかるんだくぼ地などもあるので普通のクルマだとハマらないよう要注意だが、場内には屈強な4WD車がホントにたくさんいるので心配はなさそうだ。

アウトドアシューズに履き替えて場内を探検してみると、まず発見したのは「モノづくりワークショップ・ウッドスピーカー作り体験」というコーナー。

ヤケドしないように注意しながら真剣に電気コテを使っている子供の表情が凛々しい。そして、それを優しく見守るパパとママやスタッフもいるので安心だ。だが、よく見てみるとコテのコンセントのもとは3メートルほど離れた黒いアウトランダーPHEVに繋がっているではないか! 

なるほど、けっこうな電力を使うはずの機器でもOKなコンセントを持っているクルマを利用しつつ、モノづくりを楽しめる。感動していると、仕上げに焼き印までジューッと押している。これももちろん電気で熱したものだ。素晴らしい。

【おとなも楽しい!】「Vixen 望遠鏡づくり&星空観察会」

写真が星空観察会の様子。左側は約60万円というVixenの望遠鏡で見える土星のイメージ(144倍)

広々したお祭り会場のような場内を練り歩くと、巨大な天体望遠鏡のセッティングに余念がない男性を発見。どうやらココは、「Vixen 望遠鏡づくり&星空観察会」コーナーのようだ。子どもといっしょに作った望遠鏡で昼間は自然観察、夜は月のクレーターなどを観察できるらしい。

都会ではありえないほど、きれいな星空が見られる高原でキャンプできるだけでもうらやましいのに、おまけでこんなすごい600万円級(!)の望遠鏡の体験もできるとは! 最高の思い出になるだろう。

【家族で美味しい!】「エクリプスクロスPHEVカフェ」

「エクリプスクロスPHEVカフェ」でレインボーかき氷を頬張るご家族。ブルーハワイ、メロン、コーラなどさまざまな味をミックスし、お子さんに大人気のメニュー

今日はいい天気だし、きっと土星も観察できるのでは? と思いつつ、それにしても暑いぜ! と歩くと、かき氷をがぶつく元気な少年たちに遭遇。それは「エクリプスクロスPHEVカフェ」だった。

なんとココでも電源をクルマから取り、冷蔵庫や製氷に使用しているではないか! こんな美味しい使い方があるとは大歓迎。店主に聞くと「お子さんにはレインボー、大人には沼津抹茶、ほうじ茶が人気です」とのことだった。行列ができていたので、あとでもう一度行ってみたのだが、まさかの売り切れ! 大好評だったようだ。

「アウトドアクッキングワークショップ」でコーヒー豆の焙煎を楽しむご家族。周囲には和やかで香ばしい空気が漂う

そして、今度は何やら熱気を感じるスポットを発見。「アウトドアクッキングワークショップ」ではコーヒー豆を焙煎している。深煎り、浅煎りと好みに応じて生豆から仕上げることが体験できるそうだ。一生懸命うちわであおぎながら焙煎の手伝いをする女の子の姿がかわいい。

すぐその近くには「Weber BBQ体験会」会場もあった。Weberといえば米国で70年の歴史を持つ超有名グリル機ブランド。当然、炭火が基本なのかと思いきや、やはり! ありました電気式のグリル機が! それだけではない、なんとスマホで管理できる温度計つきのものまで製品化されている模様。う~ん、BBQも奥が深いんだなぁ。

次のページ
ビギナーでも安心! 子供と遊び倒せるイベ...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...