SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

お笑いコンビ「ティモンディ」前田裕太さんの、「目指せ、理想の大人」をメインテーマに掲げた連載コラム。30代に突入した前田さんが「大人」を目指して過ごす日々を、食・趣味・仕事など様々な視点で綴ってくださいます。連載は、第1・3木曜日に更新です。「(理想の)大人ってなんだろう?」を一緒に考えながら、前田さんの成長を見守りましょう!
今回は、「人付き合い」編の第5回。後輩との接し方に悩んだ結果、かなり迷走してしまった前田さん。皆さんは、先輩と後輩、どちらと付き合う方が得意ですか?

後輩との正しい接し方がわかりません

後輩付き合いが難しい。

気を遣うことが苦ではないし、先輩であれば、こちらが気を遣えば、それで上手くいく場合が多い。

気楽だ。

向こうに合わせながら、自分も楽しめば、両者楽しくいられるので、(おそらく、きちんとした気を遣えていないのだろうけれど)先輩と遊んでいる時は、純粋に楽しい。

ただ、後輩となると、話は変わってくる。

本当に楽しんでくれているのだろうか、心配になってしまうのだ。

あははと笑っていても、その笑顔は本当か?
この場を楽しそうにした方がいい、という配慮の笑顔であって、心の中では、あまり楽しくない、と思っているのではないか?
本心では無理して楽しそうにしているだけなのではないか?
と勘繰ってしまう。

もしもそうなのであれば、周囲はそこまで楽しんでいる訳でもないのに、自分だけ楽しいなんて環境、耐えられない。

その点、楽しくなければ、楽しくないっすね、とか口にしてくれる後輩であれば、こっちも気兼ねなく接することができるのだけれど、まあそんな後輩は少ない。

失礼だしね。

ただ、そんな失礼な奴の方が、私の場合は楽しくいられるのだ。

だから、一緒に遊ぶ後輩は、周囲からあまり好まれていない子が比較的多い。

まあ普通は失礼な子って遠ざけたかったりするもんね。

私の場合はそれが心地良かったりするのだ。

内心は見えないからこそ、相手が気を遣うかもしれない環境が苦手と感じてしまう。

どうしたらいいのだろうか。

後輩に対して、普通に優しく接するだけだと、それはそれで向こうも対応に困るのではないかと思う。

なんか全然話しかけてくれなかった、と思われても悲しいし、かといって、普通の会話をして、なんだか盛り上がりもしなかったし面白くない先輩だ、とも思われたくない。

これは難問だ。

次のページ
まさに“ハリネズミ”の人付き合い...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...