SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

お笑いコンビ「ティモンディ」前田裕太さんの、「目指せ、理想の大人」をメインテーマに掲げた連載コラム。30代に突入した前田さんが「大人」を目指して過ごす日々を、食・趣味・仕事など様々な視点で綴ってくださいます。連載は、第1・3木曜日に更新です。「(理想の)大人ってなんだろう?」を一緒に考えながら、前田さんの成長を見守りましょう!
今回から、「勉強」編がスタート。「知識欲が強い」と自覚する前田さんが最近勉強しているのは、「量子力学」と「相対性理論」。前田さん曰く、これらを理解すれば、堂々とゴロゴロできるようになるそうで…!

時間の流れについて考える「相対性理論」とは?

私は、勉強が好きだ。

正確には「発見」と「思考の再構築」が好きで、簡単に言えば、知識欲が強い傾向にある。

昔であれば、流行病は大仏を建てて祈れば治ると思われていたし、死因が分かっていなかったものが、実は癌と呼ばれる病だと分かったのは最近だったりする。

地球が誕生してから、人類史なんて比較にならないくらい短いのに、その中で、人類は数多の発見をしてきて、今までの人類が作った常識を自らで覆してきた。

なんて面白い生き物なのだろうか。

そのくせ、その瞬間の正しいとされていることを、さも世界の理が如く他人に押し付けて、
他者を非難する人間を見ると反吐が出るけれど、ここに言及すると長くなるので今回はこの程度にしておく。

本題に戻ろう。

量子物理学は知っているだろうか。

私は、気が向くままに、気になったものを調べて、分かって気になってホクホクとした気持ちになっているのだけれど、最近だと「量子力学」と「相対性理論」について齧る程度に勉強している。

簡単に言えば、時間の流れについての話だ。

実は、時間の流れは一定ではない。

重力の強いところであれば時間はゆっくりと進み、逆に重力の弱いところでは時間は早く進む。

両手にストップウォッチを持って、スタートを押し、山の頂のような高所と、谷の底のような低所にそれぞれのストップウォッチを分けて、一定時間経過したのちに、せーのでストップウォッチを止めると、地上で計ったものと比べて、山のストップウォッチの方が軽微ではあるものの早く進んでいて、谷底のストップウォッチは遅れている。

地球に近ければ近いほど時間はゆっくりと進むのだ。
(高層マンションのてっぺんに住んでる大富豪は、地上に住む我々よりも地球から離れているので、進む時間も僅かにだけれど早い。家賃の高い上の階に住めば住むほど、早く天命に近づいているのだ。ざまあみろ!)

知っていただろうか。

私のコラムを読むような、品行方正、気品に溢れる人であれば、これくらい当たり前だと思う人もいるだろうけれど、まあ、普通に考えたら驚きだろう。

次のページ
私がゴロゴロしているのには理由がある...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...