SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

京都で料理屋さんに入ると結構目につく「火迺要慎」のお札。「ひのようじん」と読みます。そう、「火の用心」のこと。これ、愛宕山『愛宕神社』の火除けのお札です。通称・「愛宕さん」は京都人にとっては身近な神社。毎年7月31日の夜から8月1日にかけて参拝すると、千日分の火伏・防火のご利益があるといわれる千日詣(せんにちまいり)が有名です。ただし、この参拝が結構たいへん。軽い(?)山登りなのですね。

ということで、秋も盛りに近づき紅葉見物にもいい時期に。そこで今回のテーマはハイキング。市街を囲む山々の魅力を知り、アクティブに京都を楽しむ提案です。

「伊勢へ七度、熊野へ三度、愛宕様へは月参り」

全国に900社ほどあると言われる『愛宕神社』の総本宮であり、火伏せの神様としても知られる『愛宕神社』は、標高924m、片道2時間半ほどの愛宕山を登った先にあります。

「伊勢へ七度、熊野へ三度、愛宕様へは月参り」という古歌が残されるほど、古来、火事を恐れた都人にとって身近な拠り所で信仰を集めていました。今も昔もルートは変わっておらず、清滝から入る表参道がメインルート。

バス停と駐車場がある清滝がスタート地点。トイレや自販機、「3時間以内で頂上に着かなければ引き返して」と体力を問う注意書きあり……、往復5時間はかかると言われるので、季節でも変わりますが午前10時までをめどに入山するのがよさそうです。

ご家庭の台所や、飲食店の厨房には「火迺要慎(ひのようじん)」のお札が。神頼みもあるが、「自分で気を付けるための意味合いが大きいですね」と語るのは京都市内の飲食店経営者。
清滝川に架かる橋を渡ると、右手に登山口となる「二の鳥居」が現れる。少し進むと水汲み場があるので、カラのボトルを持っているならここで冷たい水を汲んで。
一の鳥居から山頂までを50分割した丁石(ちょうせき)のほか、地元消防団による100mごとのメッセージ入りの看板もあり、位置を把握しやすい。

1000mにも満たない山と侮るなかれ。道中は階段のオンパレードでけっこうキツイ。頂上との気温差も約10℃。倒木もあったりで足元には注意が必要。登山靴やトレッキングポールを使う人も多くいます。くれぐれも軽装は避けておきたいところ。

私たちがハイキングするこの道は『愛宕神社』へと向かう参道。木々に囲まれた山道沿いにはかつては多くの茶屋が点在していたのだとか。25丁目には古典落語「愛宕山」にも登場する「なかや」という茶屋跡も見られます。なんとロープウェーが運行されていた時代もあったそうで、往年の人気がうかがえますね。

愛宕山はほとんどの道が階段状で、五合目までは急こう配も多く道の途中で小休止の人も。
18丁目の「壺割坂」。江戸時代は気候の涼しい愛宕山の山上に宇治の茶葉を貯蔵していた。献上のため山から下すたびに、急こう配で転んで茶壷が割れたことからつけられた名だ。
山頂までの休憩所は25丁目、五合目、水尾わかれの三か所で、それぞれ小屋がある。お弁当などは、自販機とトレイのある山頂の広場で。

五合目の先にある「水尾わかれ休憩所」をさらに先に進むと、かつて防火のご利益があるとされる樒(しきみ)を売っていた小屋「ハナ売り場」が。ここを過ぎるといよいよ終盤戦。残り1km地点の「ガンバリ坂」と呼ばれる石階段を上がると黒塗りの風格ある門が見え、いよいよ愛宕神社まで300mの看板。山頂広場では休憩やお弁当をとる人たちに出会います。“やっと神社か”とホッとするのはまだ早い。間もなく急階段が待ち構えます。登り切ってようやく『愛宕神社』の額が見えてきて……。

五合目の休憩所で一休みしたら、あとは一気に登頂したいところ。この辺までくると、ところどころ視界も開けて、晴れていれば京都市街も見渡せる。
水尾から入山するルートとの合流地点「水尾わかれ休憩所」。ここで水尾側に行くと下ってしまうので注意が必要。
黒門。神仏習合の時代に『愛宕神社』の前身『白雲寺』の惣門として建てられ、かつてはこの先に6つの宿坊があった。神仏分離令によって『白雲寺』は廃絶。『愛宕神社』となって現在にいたる。

『愛宕神社』は大宝年間(701~704年)に修験道の祖とされる役行者(えんのぎょうじゃ)と、白山の祖とされる泰澄(たいちょう)が朝廷の許しを得て朝日峰(愛宕山)に神廟を建てたのがはじまりとされます。

鉄の鳥居をくぐると本殿が現れ、ようやく参拝。本殿のそこかしこに施された、木彫の装飾もじっくり見てまわりたいものですね。

山頂にあたる神社の境内に入るとひんやりした空気が漂う。山の上であることを忘れそうな広場に、社務所や自販機、公衆トイレなどがある。
神社本殿に向かう最後の難関は鉄燈籠がある急階段。この先にある鳥居も鉄製。
神門をくぐり本殿にお参り。千日詣りで知られるが、「火迺要慎」のお札は通年で授与されている。下山のこともあるため授与所は15時くらいまでとのこと。

千日詣には参拝者が「お登りやす」「お下りやす」と声を掛けあっての登山下山なのだとか。そんな風情に思いを馳せ、所々で京都の街並みを見下ろす眺望に出合いながらの山歩き。体力に多少の自信がある方にはおすすめのハイキングルートです。

次のページ
仁和寺の裏山で八十八ヶ所霊場を巡る...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...