SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

国内外から愛される京都にあって、もっとも京都らしさを味わえる空間……そのひとつが旅館ではないでしょうか。京文化に深く根ざし、歴史とともに育んできたプライド、守られ受け継がれてきた伝統をもって供される“もてなし”のカタチ。変容する時代に対応しながらも、自身の存在意義は決して忘れない……“唯一無二の京都体験”がここにあります。

京都の中心、四条で放つ京旅館の伝統と多様性

東西に走る四条通と御池通、南北に走る烏丸通と河原町通に囲まれる京都市街のど真ん中。観光客、ビジネス客、修学旅行生を迎える宿がひしめく一帯がここ。創業88年の『松井本館』は、“京の暮らしに溶け込こむような滞在”ができるとともに、落ち着いた京の情緒が味わえる京旅館。

「1933(昭和8)年、京都御所へ上がる方々を迎える宿として創業したと聞いています」と語るのは若女将の松井もも加さん。

「経済の成長期には曾祖父である初代がはじめた10部屋の宿を27部屋の旅館に建て替え時代のニーズに対応してきました。とき同じ頃には別館の『松井別館 花かんざし』も開館しています」
当時は団体旅行が最盛期。京都はまさしく団体旅行の最適地となっていました。

そして現代。個人旅行が主流となり、風情や情緒を味わうことが旅の大きな目的ともなり、旅館が本来持ちうる個性を改めて見直し、表現すること。そして何よりも、宿としての居心地に気を配ることが大切になり。京旅館の女将たちは日々、試行錯誤を繰り返しています。

お月見のれんで出迎えてくれた『松井本館』。季節や行事にあわせて毎月装いを変えるのれんに、四季の移ろいを大切にしながら暮らす京都らしさがうかがえます。
数寄屋門から玄関までのアプローチは、街中であることを忘れさせる落ち着いた雰囲気を演出する。
ロビーを飾るのは祭り行列が描かれた杉絵。先代が買い込んだ骨とう品が多数あり、そこから掘り出したものだとか。
若女将の松井もも加さん。「人と関わる仕事が好き」と大学卒業後は旅行代理店や結婚式場などに勤めていた。2013年に実家の松井本館に入社。

2013年、女将の松井節子さんが先頭に立ち、数寄屋づくりの意匠を凝らした宿にリニューアル。「女将はアイデア豊富な人で、本館を数寄屋風、別館は町家風に改装し、さまざまな部屋タイプを用意。スイートにあたる特別室、ベッド仕様の和洋室、バリアフリーのユニバーサル・デザインルームなど、多様なライフスタイルに対応する宿へと進化させています」

真っ先に予約が埋まってゆくのは、坪庭付きの部屋。
「町中の宿ですし近年はマンションも増え、窓からの景色は望めないのですが、2階と5階にそれぞれ一室、庭師さんに入ってもらい坪庭を設けました」

街中での宿泊の利便さと合わせ、オーソドックスな“旅館の設え、京都の風情、そして日本の伝統”を旅行者たちは京宿に求めているようです。

廊下に面した格子戸をあけると砂利と敷石のアプローチ。この先にあるのが二間続きの特別室。館内の気配からも距離をおいたプライベート感が魅力。
真っ先に予約が埋まる坪庭付きのお部屋。各室とも室内の装飾は控えめで、あじろ天井や壁紙で華やかさも出しつつすっきりした雰囲気に整えられている。全室バスルーム付き。
地下に降りると滝を望む大浴場「滝の湯」と「花の湯」が。もとは宴会場に面した滝だったとか。
脱衣所には鳥獣戯画を描いた洗面鉢や花型のタイルなど遊び心にほっこり。浴場にはジェットバスやミストシャワーが備えられており、「京都の人は新しいものも大好きなんです」と若女将。

次のページ
昔から変わらぬ部屋食は、贅沢な寛ぎのひと...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...