SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

手間のかかる料理はしたくない。簡単でもちょっとプレミアム感がある料理を作りたい。そんな皆さんにぴったりの、パパッと簡単!! 5分でできる超時短レシピをご紹介します。

こだわりポイントは、素材の旨味を引き出すこと。簡単&シンプル素材なのにワンランク上の味に仕上がります。味にとことんこだわる、おとなの週末WEB読者の皆さんにもご納得いただけるようなレシピばかり。

お酒のアテにも、ごはんのおかずにも、おもてなしの一品としてもぴったりのレシピです!

レシピ考案/藤岡操(フードコーディネーター・栄養士)、写真/柏木ゆり、文・構成/おと週Web編集部

【超時短レシピ】5分でできる“おとなの”簡単メニュー一覧はこちら!

【焼きレンコン】レンコンは皮ごと使えば風味&栄養価がアップ

れんこんの旬がやってきました。パリパリした食感と、噛むほどに広がる甘味と独特のねばりがたまらなく好き! という人も多いのではないでしょうか? 今回は、れんこんの素材の旨味を大満喫できるレシピをご紹介します。

美味しさ増し増しのポイントは、れんこんを皮付きのまま使用することです。ちょっと意外かもしれませんが、皮を残すことで風味が増すのです。

もうひとつのポイントは、ナンプラーをひとたらしするところ。ほんの少し加えるだけで旨味が倍増しますよ。

そのまま食べてもOKですが、クリームチーズをからめながら食べると濃厚な味わいのおつまみに。ワインとの相性はベストマッチです! 

また、栄養面でもれんこんを皮付きで使うメリットがあります。実は、皮には実の約2倍もの量のポリフェノールが含まれているのです。皮を捨ててしまっていた人は、皮を剥かずに使ってみてくださいね。

◆材料(2人分)
れんこん…200g
ごま油…小さじ1
ナンプラー…小さじ1
黒コショウ…たっぷり
クリームチーズ(好みで)…適量

◆作り方
1.れんこんを皮付きのまま1.5cmの輪切りにする。
2.フライパンにごま油を入れて中火にかけ、1を両面がこんがりときつね色になるまで焼く。ナンプラーで味を付け、黒コショウをたっぷりとふる。好みでクリームチーズを添える。

◆アレンジポイント
潰したにんにくと一緒に焼いて、すだちやレモンを搾るとエスニック感がアップ! ナンプラーのかわりにぽん酢を使って和風に仕上げても美味です。

【今月の旬食材】「れんこん」やさしい甘味が腸活をサポート~味覚歳時記~

【超時短レシピ】5分でできる“おとなの”簡単メニュー一覧はこちら!

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...