SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

隣の人が食べていると無性に気になってしまう。そんな料理の代表例がここで紹介するカツの三大メニュー、今回はカツサンド特集です。時代とともに変化していく“いまが旬のおいしさ”をチェックしてください。

タイプの違う美味揃い!

ご飯との相性がいいとんかつは、パンとだって相性抜群!ここではカツサンドを徹底調査。カツにソースにパンに、各店の個性が炸裂です!

材料がシンプルだから真の実力が試される!

作りたてのカツサンドは旨い。コンビニや駅ナカで買う作り置きとは別物と言って差し支えないだろう。そこで、「作りたて」をキーワードにとんかつ専門店以外の多ジャンルから絶品店をご紹介。

そんなカツサンドといえば名店や人気店も多く、すぐに取材先を絞れてサクサク進むと思っていた。ところが、「ソースの味が強い」、「カツとパンがバラバラ」、「パンがパサついてる」、「キャベツが邪魔」など、リサーチは空振りばかり。おいしさのポイントとは?

胃の限界への挑戦を経て得たのは「味と食感の調和」。ここに焦点をあてて絞り込み5軒を決めた。

まずは喫茶店の『銀座ブラジル』。浅草の新仲見世通りのビル2階にあり、開業は1963(昭和38)年(本店は昭和23年銀座で開業、現在は閉店)。浅草の住民が口を揃えて「おいしい」と言うカツサンドは、本店先代が海外であちこち食べ歩き作ったメニューだという。

『銀座ブラジル』元祖ロースカツサンド 1100円 ブレンド珈琲 400円

『銀座ブラジル』元祖ロースカツサンド 1100円 ブレンド珈琲 400円 酸味と苦みのバランスがよいブレンド

注文が入ってからラードで揚げるロースカツは2枚……に見えるが、実は1枚をカットし上手に並べている。食パンは4枚切りよりやや厚め、と教えられても信じられなかったが、工程を見て納得。具材を挟み、耳をカットして4つに切る間に写真のようになっているのだ。

少し酸味のあるソース、食感はあるが口あたりを邪魔しないキャベツ、豚肉の脂の旨み、やや甘めの食パンと全方向のバランスがいい。厨房を預かるのは、職人歴30年のベテラン。ひとつ作るのに約10分かかるが、70年以上を経て今もなお、手作りを守っている。

ベーカリーの『セントル ザ・ベーカリー』は、トーストするとサクッとする食パン「プルマン」が圧倒的においしい。マスタードとケチャップをブレンドしたソースの酸味を、甘くミルキーなプルマンの余韻がいい塩梅でサポート。

『セントル ザ・ベーカリー』とんかつサンドイッチ 2200円 冷たい美瑛放牧酪農場 低温殺菌牛乳 660円

『セントル ザ・ベーカリー』とんかつサンドイッチ 2200円 冷たい美瑛放牧酪農場 低温殺菌牛乳 660円 トーストするとサクッと食感の「プルマン」を使用。牛乳はコクがある

ほんのり甘辛く、食べる手が止まらない。系列である『VIRON』のブラッスリーで20年以上のキャリアがある齊藤シェフが「パンの味を邪魔しないけれど合う食材」の視点で選んだ豚肉は旨みのかたまり。

ヒレは揚げて色をつけた後、オーブン→休ませるを繰り返し柔らかさをキープ。トーストの焼き目も均一で、随所にベーカリーの強みが光る。

『銀座ブラジル』 @浅草 1948年から愛される老舗純喫茶の逸品!

ロースカツの熱気で蒸らされた千切りキャベツの“邪魔しない”食感に驚く。ガスでトーストされた食パンは表面カリッ、内側ふっくらでカツと合う。

『銀座ブラジル』

[住所]東京都台東区浅草1-28-2 2階
[電話]03-3841-1473
[営業時間]9時~15時半LO
[休日]水
[交通]つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩3分

『セントル ザ・ベーカリー』 @銀座 圧倒的人気の食パンはロースカツとも相性抜群

かながわブランド認定の「やまゆりポーク」は、赤身の旨みが強く脂はあっさり。やや酸味あるソースとパンの甘さが絶妙であとひく味わい。

『セントル ザ・ベーカリー』

[住所]東京都中央区銀座1-2-1 紺屋ビル1階
[電話]03-3567-3106(レストラン直通)
[営業時間]9時~19時(18時LO)
[交通]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅3番出口から徒歩1分

次のページ
『TRIVANDRUM(トリヴァンドラム...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...