MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
旨安からプチ贅沢まで取り揃え!魚介三ツ星店10店(魚介/東京)

旨安からプチ贅沢まで取り揃え!魚介三ツ星店10店(魚介/東京)

鰻、寿司、鮮魚…心も満たす口福の幸。煮てよし、焼いてよし、もちろん生でもよし。調査員が、胃と心をワクワクさせて通うのがこちら。旨安からプチ贅沢まで様々な店を取り揃えております。

【うなぎ★★★】よし田(最寄駅:浅草橋駅)

ライター・菜々山いく子イチオシ!
「割きたて、蒸したて、焼きたての鰻重と、独創的な料理で贅沢な時を堪能してます」

『よし田』の鰻重(上) 3456円

鰻好きの私が、思い出すだけで垂涎してしまうほどお気に入りの店。活きたまま仕入れる質の高い国産鰻を、注文後に割き始めるのが店主の信条だ。肉厚な身を頬張れば、舌の上でホロリとほどけていく繊細な口当たりを堪能。戦後すぐの創業以来継ぎ足したタレは、キリリとした辛口のなかに奥深いコクがあり、脂ののった鰻の甘みを余すところなく引き出していて……もう絶品!

東京都台東区柳橋1-26-10 吉田ビル1階 [TEL]03-3851-7802 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・月・祝 [席]カウンター9席、小上がり6席×1卓、4席×1卓 計19席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR総武線浅草橋駅東口から徒歩2分

【貝★★★】焼き貝 あぶさん(最寄駅:高円寺駅)

ライター・市村幸妙イチオシ!
「苦手だった貝を一転、大好きにさせてくれた”恩店”」

『焼き貝 あぶさん』の、おまかせ焼貝 盛り合せ 焼貝3品 2160円

焼き貝 あぶさんは貝好きからの絶大な信頼を誇るだけでなく、貝嫌いでさえもたちまち貝好きにしてしまう魔法のような店。かくいう私も、実は貝に目覚めさせられたひとりだったりする。魔法の秘密は、最高の鮮度にある。築地をはじめ、全国から産直の新鮮な貝を日替わりで15~20種類ほど揃えるので臭みや雑味が一切ない。そして和洋中など様々な料理で貝の魅力を伝えるだけでなく、貝が入っていなくても貝ダシや肝を使うなど、貝を存分に楽しませてくれる。

東京都杉並区高円寺北2-38-15 [TEL]03-3330-6855 [営業時間]17時半~翌1時LO [休日]水 [席]カウンター最大10席を含む最大20席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し378円別/[交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩6分

【コース★★★】飯田橋 和庵(最寄駅:飯田橋駅)

ライター・白石あづさイチオシ!
「丁寧な仕事ぶりに感動!私の隠れ家」

『和庵』の日本酒コース(日替わり) 6500円 ※写真はコースより「温物」

私が一番教えたくなかった隠れ家が、ここ『和庵』。場所が分かりづらい上にコース料理のみの完全予約制。敷居が高いように感じるが、気さくな関西出身のご主人が笑顔で迎えてくれる。新鮮な大和野菜と自ら築地に通い厳選した魚を使って手間暇かけて作る丁寧な仕事ぶりに感動する。この日は温物から始まり、8種の魚料理が出されたが、「魚は皮が美味しいから」と焼き締めて出してくれたサワラの鍋仕立てが絶品であった。春を感じる盛り付けに見とれてしまうが、料理に合った日本酒を選んでくれるのも嬉しい。

東京都千代田区富士見2-4-13 NOAAビル 3F [TEL]03-3222-5120 [営業時間]11時半~13時半(火・水・木のみ)、18時~(夜は完全予約制) ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンター7席、テーブル7席 計14席/完全禁煙/夜は完全予約制/カード不可/サ10%別 [交通アクセス]JR総武線ほか飯田橋駅東口から徒歩5分

【鮮魚★★★】銀座 魚勝(最寄駅:銀座駅)

ライター・肥田木奈々イチオシ!
「酒のアテからご飯ものまでシビれる品揃えです」

『銀座 魚勝』の活生タコ刺 750円

本当のことを言えばナイショにしておきたい。だって銀座のド真ん中にあるのにおばんざいが400円から、刺身だってひと皿650円前後で味わえる予約必須の店なのだから。人気は安いからだけじゃない。築地生まれで、魚屋と小料理屋を経営する両親のもとで育った店主(京おばんざい店で修業したそう)が営むゆえ、魚の質と料理の腕は折り紙つきなのだ。地域の旧町名にちなんだ限定いなりも名物。あればぜひお土産に買って帰ろう。

東京都中央区銀座4-3-7 銀座スバルビル2階 [TEL]03-6264-4774(席予約15時~18時) [営業時間]17時~24時(23時LO)、土・日・祝15時~23時(22時LO)、いなりテイクアウトは平日11時半~無くなり次第終了 [休日]月 [席]カウンター16席、テーブル14席、計30席/全席禁煙/予約可/カード可(VISA・MASTERのみ)/お通し代450円別、サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか銀座駅B2・B4出口から徒歩1分

【鮮魚★★★】魚肴 青天上(最寄駅:南阿佐ヶ谷駅)

ライター・市村幸妙イチオシ!
「近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店」

『魚肴 青天上』のおまかせ桶盛刺5点盛り 2人前1080円 ※完全日替わり品

料理の見た目は豪快なのに、丁寧な仕事と繊細な味わいを酒とともに楽しめると評判の人気店『青天上』。1号店の焼き鳥店を三ツ星店として取材したのは開店した2014年。2016年11月には、“いい肴と酒を追求”して、魚業態の同店もオープン。1号店同様つい飲み食いし過ぎになるが、最後の〆に出てくるあら汁が美味いのなんの、うれしいの。ほっとする1杯をいただけば、明日もがんばろうという思いが湧き上がる、お腹も心も満たされる一軒だ。

東京都杉並区成田東5-42-10 阿佐谷陵雲閣マンション106-2 [TEL]03-5335-9708 [営業時間]17時~翌1時(24時LO) [休日]無休 [席]カウンター6席を含む計40席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し代216円別 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅1番出口から徒歩1分

【鮮魚★★★】魚ませませ(最寄駅:新橋駅)

編集・武内慎司イチオシ!
「寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地」

『魚ませませ』の刺身の盛り合わせ(5種)  1944円~

正確には刺身は“鮮”魚ではない。左写真奥に見えるサバのヅケや中央のヒラメの頬こそ初日のものだが、他は2日~8日ほど寝かせて提供される。「鮮度よりも、寝かせて引き出される旨みや、まろやかな食感を楽しんでほしい」と店主・若林さんは言う。他に魚の内臓を使ったトマト煮やサバの肝、タコの墨など他では味わえない料理も。とにかく魚愛が深い店なのだ。ボクの知識源のひとつとして、日本酒を傾けながら美味しく、楽しく魚介の勉強をさせてもらっています。

東京都港区新橋3-6-4 オグラビル2階 [TEL]03-3504-2830 [営業時間]17時半~24時 [休日]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル8席計16席/完全禁煙/予約可/カード不可/お通し代500円別 [交通アクセス]JR山手線新橋駅ほか烏森口から徒歩5分

【鮮魚★★★】みや穂(魚介料理/大塚)

ライター・菜々山いく子イチオシ!
「極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!」

『みや穂』の鮮魚盛り合せ(ウニ入り) 1人前 2700円(写真は2人前)

居酒屋の名店が軒を連ねるこの界隈でも、とりわけウマい魚料理を出す、私の海鮮市場的な店がこちら。店主自ら築地市場に足を運び、確かな目利きで仕入れる魚は新鮮で質の高いものばかり。ぜひ注文したいのが「鮮魚盛り合せ」で、上質な天然ものの刺身をひと切れずつ種類豊富に楽しませてくれる。日替わりの刺身には数種類の炙りネタも盛り込まれ、卓上に運んでから目の前で火を入れるので、香ばしい熱々をいただけるのも◎。

東京都豊島区南大塚3-48-5 [TEL]03-3988-3577 [営業時間]18時~23時(フード22時、ドリンク22時半LO)、日は16時~21時半(フード20時半、ドリンク21時LO) [休日]月 [席]カウンター11席 テーブル10席 計21席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代756円別 [交通アクセス]JR山手線大塚駅南口から徒歩3分

【ランチ★★★】鮨 石島(最寄駅:新富町駅)

ライター・松田有美イチオシ!
「日常的には少々高めですが食後の充足感ハンパなし!」

『鮨 石島』のばらちらし 1500円

黒いお重の中に芸術的に並べられた艶やかなネタがとにかく美しいのだ。しばし見とれたら、まずは白身や光り物、イカなどを狙ってパクリ。まろやかな赤酢のシャリと天然ものの魚介類の旨みが脳天にスパークし、まさに至福のひとときである。扱うネタはその日の仕入れで変わるが、マグロ赤身、カンパチ、〆サバ、穴子、玉子など10種類。ランチといえど妥協しないネタの質の高さ、〆る・煮るといった仕事の細やかさ、そして出来栄えの見事さに、「また食べたい!」と思わずにはいられない。

東京都中央区銀座1-24-3 [TEL]03-6228-6539 [営業時間]11時半~14時、18時~23時(22時半LO)、土17時半~22時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]1階カウンター10席、2階(夜のみ)座敷6席 計16席/予約可(昼は「おまかせ寿司」4000円~のみ)/夜のみカード可/全席禁煙/サなし [交通アクセス]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分

【ランチ★★★】寿司 う月(最寄駅:目白駅)

ライター・林 匠子イチオシ!
「握りと丼を食べても千円!気取らない美味しさにも大満足」

『寿司 う月』のいわし丼 500円

どうです、シャリを覆うピチピチのイワシの美しいこと。口に運ぶと鮮度抜群、脂のりも最高!目白の端正な寿司店で出されるこの丼が、なんと500円ポッキリ。そりゃ行列が出来るわけだ。「皆さんがとても喜んでくださるので、値上げしたくても出来なくて(笑)」と店長さん。ワンコインランチは日替わりで2~3種類あり、私はひとりで丼+にぎりセットを平らげる日も(それでも1000円!)。気取らない新鮮な大衆魚、大好きです。

東京都豊島区目白3-4-13 地下1階 [TEL]03-3565-0558 [営業時間]11時~23時(ランチ~17時) ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター11席、テーブル24席 計35席/全席禁煙/14時以降予約可/カード可/お通し代378円別 JR山手線目白駅から徒歩1分

【ランチ★★★】舞浜(最寄駅:新橋駅)

ライター・いからしひろきイチオシ!
「新橋、ランチ、魚…そんな時のマイ最高峰!」

『舞浜』のさばのみそ煮定食 1000円

昼に新橋で魚を食べたくなったら、迷わずココに足を運ぶ。店主の親戚が浦安の魚市場で鮮魚店を営んでおり、新鮮で質のよい魚を安く毎日仕入れて、堪能させてくれるからだ。定食は煮魚と焼魚が2種類ずつ。「鮭」と「さばのみそ煮」は人気不動のツートップだ。サケはサイズ・身の質・塩加減ともに完璧。サバは半身一枚だから“腹身派”も“尾身派”も納得。これに刺身、茶碗蒸し、小鉢、お新香がついて1000円ポッキリなら、文句なしでしょ!?

東京都港区新橋3-10-6 烏森水澤ビル1階 [TEL]03-3432-8540 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~翌1時 ※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]カウンター6席、テーブル24席 座敷10席 計40席/喫煙可(ランチは全席禁煙)/予約可/カード可/お通し代500円別 [交通アクセス]JR山手線新橋駅烏森口から徒歩3分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1162views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20907views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
4124views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt