SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

やわやわなうどんにたまり醤油とダシを合わせたタレでいただく。それが一般的なイメージの伊勢うどんですが、地元ではお店ごとに異なっています。現地在住のカメラマンから情報を得て、まだ見ぬ伊勢うどんを大調査!伊勢神宮お詣り時に行きたくなる店が大集合です。

『伊勢うどんのまめや』大きな伊勢エビが殻ごと一尾のった縁起の良い一杯

1923(大正12)年創業の老舗店。現在は東京や愛知で修業した4代目の豆谷清好さんが店を切り盛りしている。「創業以来、自家製麺にこだわってきました。小麦粉は三重県産のあやひかりを使っています。他の小麦粉と比べると保水力があるので、食感も柔らかくなります」と、豆谷さん。

伊勢海老うどん 時価

『伊勢うどんのまめや』 伊勢エビの天ぷらは、衣の中に旨みを封じ込めているため、濃厚な味わいが楽しめる。殻や尾も揚げているので香りも存分に堪能できる

自慢の麺は、1時間も茹でているにもかかわらず、しっかりとエッジが立っている。ふんわりとした食感と、ムロアジとソウダガツオのダシが効いたタレとのマッチングは絶妙だ。シンプルな「伊勢うどん」(650円)から伊勢エビの天ぷらを丸ごとのせた「伊勢海老うどん」(時価)などメニューも豊富だ。

『伊勢うどんのまめや』

[住所]三重県伊勢市宮後2-19-11
[電話]0596-23-2425
[営業時間]10時〜15時、17時〜19時半、土・日・祝10時〜19時半
[休日]火
[交通]近鉄山田線ほか伊勢市駅近鉄側出口から徒歩5分

『ちとせ』永六輔さんが惚れ込んだ味

約50年前、ここのうどんに惚れ込んだ作詞家の永六輔氏がラジオや雑誌で紹介したことから「伊勢うどん」の名前が広がった。「今でもお客さんから、『永六輔さんのラジオを聴いた』と言われます。本当にありがたいことです」と、店主の藤原善則さん。

伊勢肉月見うどん 930円

『ちとせ』伊勢肉月見うどん 930円 伊勢うどんに肉をのせたのもここが発祥。地元代議士のリクエストから生まれたとか。さらに生卵をのせた「伊勢肉月見うどん」は、一番人気のメニュー

ふわふわの麺にしっかりと絡むタレに少しとろみがあるのは、タレを煮詰めてあるから。さらに2日間寝かせて完成したタレは、ダシの味と香り、辛み、甘みのバランスが秀逸。具なしの「伊勢うどん」はもちろん、「伊勢肉月見うどん」の生卵とダシで煮込んだ牛肉をタレで絡めて食べるのが最高だ。

『ちとせ』

[住所]三重県伊勢市岩渕1-15-11
[電話]0596-28-3879
[営業時間]11時〜14時半※土、日は〜16時
[休日]火・水
[交通]近鉄山田線宇治山田駅から徒歩5分

『山口屋』趣向を凝らしたオリジナルで伊勢うどんの魅力を発信!

やや辛めのタレとモチモチの自家製麺のマッチングに定評がある伊勢うどんの有名店。ここだけのオリジナルメニューも人気だ。伊勢うどんの横にあられと熱々の茹で汁が添えられた「いせじまん」もそのひとつ。

伊勢では薄塩味のあられにお茶をかけて食べる風習があり、うどんを食べ終わったら、器にあられを入れて、茹で汁を注いで食べるのだ。極めつけは、客からの“全部のせ”のリクエストがきっかけで生まれた「ごちゃいせうどん」。

ごちゃいせうどん 1320円

『山口屋』ごちゃいせうどん 1320円 常連客の「ラーメン屋の全部のせのようにボリュームのある伊勢うどんが食べたい」というひと言から生まれた。麺が見えないほどの具材は圧巻だ

牛肉と海老天、揚げ、かまぼこ、麩をのせた、食べ応えのある一杯だ。濃厚なタレが絡んだ具材に思わず麺がすすむ。

『山口屋』

[交通]三重県伊勢市宮後1-1-18
[電話]0596-28-3856
[営業時間]10時〜18時(17時45分LO)
[休日]木 ※月1、2回連休あり
[交通]近鉄山田線ほか伊勢市駅JR側出口から徒歩3分

次のページ
伊勢うどんを食べ歩いて良い年を迎えたい...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...