SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

車椅子利用者や体が不自由な人達が外出する際、トイレや駐車場の使いやすさ、ホテルのバリアフリー対応といった情報を集約したサイト「らくゆく」が、じわり注目されています。サイトを制作、運営するのは、同じ車椅子ユーザーら。実際、現地に出向いて、車椅子の動作の確認や、ホテルのバリアフリールーム使用の詳細といった情報を、ユーザー目線で掲載しているのが特徴です。「体が不自由でも安心して外出できれば、もっと可能性を広げられるはず」―亡きサイト創設者の遺志を受け継いだ運営者らは、今後、対象エリア拡大を視野に、多くのユーザー登録を願っています。

バリアフリー情報サイト「らくゆく」

専用トイレ、駐車場…現地で確認、アクシデントにも対応

社員によるバスの乗車実踏

「らくゆく」は、車椅子利用者や体が不自由な人達が、安心して外出できる機会を増やせるよう、暮らしに役立つ情報を集めたサイトです。東京や横浜を中心とした各地にある車椅子対応のトイレの使いやすさや駐車場の位置、バリアフリールームが設置されたホテル内の様子などが、写真とともに詳細に掲載されています。

駐車スペースで車いすの積み下ろし

例えば、東京都江戸川区のJR京葉線葛西臨海公園駅構内にあるトイレに関して「入口80センチ以上(自動押しボタン/横スライド)、トイレ前路面傾斜なし」と、実際の車椅子利用を想定して詳しく書かれています。横浜市の横浜中華街から山下公園へ向かう道路についても「歩道は広く通りは空いているため通行しやすい」とも。また、山梨県富士河口湖町の富士レークホテルでは、ユニバーサルルームを23室用意。室内は4人部屋で42平方メートルと広く、リクライニングベッドを備えていることが分かります。

道の「穴1つ」で、下を気にして進むのか、景色を楽しめるかが変わります

一方、車椅子がパンクした際の近くの修理店や車椅子対応のタクシー会社一覧といった、アクシデントにも対応しているので安心です。

2021年8月のサイト開設以来、2022年12月現在のユーザー数は4万5000、プレビュー数は24万を突破。暮らしに役立つ情報のほか、サイト内のウエブマガジンでは、実際、外出先で繰り広げられるユーザーの日常がいきいきとつづられており、好評を博しています。

次のページ
エリア拡大を視野「ユーザー登録者を増やし...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...