SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

「おとなの週末Web」では、食に関するさまざまな話題をお届けしています。「『食』の三択コラム」では、食に関する様々な疑問に視線を向け、読者の知的好奇心に応えます。今回のテーマは「恵方巻」です。

文:三井能力開発研究所・圓岡太治

歳徳神の方角

節分の日に食べる「恵方巻」。心の中で願い事を唱えながら、「恵方」に向かって無言で恵方巻(太巻き)を最後まで丸かぶり(丸かじり)すると願いが叶うとされています。「恵方」とは、歳徳神(としとくじん。その年の福徳を司る神)が正月に来臨する方角とされ、十干十二支の組み合わせで決まり、年により異なります。2023年は「南南東やや南」です。

ところでここ数年、節分当日に恵方巻を買おうとしても、「売り切れ」の表示を見かけることが多くなり、予約しなければ手に入りづらくなってきました。その理由としてもっとも適切なのは以下のどれでしょうか?

(1)恵方巻の需要が増えたため生産が追い付かなくなったから
(2)原材料が手に入りにくくなっているから
(3)販売者が当日の販売量を制限するようになったから

無言で最後まで丸かぶり
次のページ
2000年代に全国的に広まる...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

圓岡太治
圓岡太治

圓岡太治

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…