SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

「おとなの週末Web」では、食に関するさまざまな話題をお届けしています。「『食』の三択コラム」では、食に関する様々な疑問に視線を向け、読者の知的好奇心に応えます。今回のテーマは「糖化を防ぐ食べ物」です。

文:三井能力開発研究所・圓岡太治

老化の主な原因の一つが「糖化」

日本人の平均寿命は男性81.47歳、女性87.57歳(2022年)で、例年男女ともに世界一、二を争っています。しかし、病気で苦しんだり、寝たきりや不自由な生活を送ったりでは、寿命が延びてもあまり嬉しくはありません。健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる「健康寿命」は、平均寿命より10年ほど短くなっています。出来れば死ぬ間際まで健康でいられるのが理想。そのためには、若いうちから老化対策を心掛けておいて損はないでしょう。

老化の主な原因の一つに糖化があげられます。糖化を引き起こすのは、メイラード反応と呼ばれる 糖とアミノ基(アミノ酸、タンパク質など)の反応です。糖化に関する次の記述のうち、誤っているのはどれでしょうか。

(1)体内でメイラード反応により生成されたAGEは分解や排出が困難で蓄積されていく
(2)食品中に含まれるメラノイジン(メイラード反応による生成物)は食品の酸化を進行させる
(3)果糖はブドウ糖より10倍糖化しやすいと言われている

次のページ
シワや皮膚のたるみ、糖尿病などさまざまな病態への関与...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

圓岡太治
圓岡太治

圓岡太治

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…