SNSで最新情報をチェック

1日2000個売れる「ギンザコリドーカヌレ」の姉妹ブランドが東京・蔵前に初出店。2023年1月27日、ビル全体を音で包んだカフェと音楽が堪能できる複合施設にオープンします。話題になること必至のカヌレをひと足先にいただきました。

画像ギャラリー

ある日の夕方、有楽町を歩いていると、高架下で行列を発見。張り紙には「『銀座コリドーカヌレ』次の焼き上がりは17時の予定です」と書かれている。

根強いカヌレ人気に驚きつつ、カヌレ好きの自分としてはちょっと食べたい衝動に駆られるが、時間がなかったので写真を撮ってメモをし、その場を立ち去った。

その数日後、「GINZA Corridor Cannle(ギンザコリドーカヌレ)」の姉妹ブランド「KURAMAE CANNELE(クラマエ・カヌレ)」が蔵前に出店するという情報をキャッチ! これはいい機会だと、プレオープンに伺った。

新たに開業する5階建ての複合施設に出店

ビルの1階『KURAMAE CANNELE』
ビルの1階『KURAMAE CANNELE』

お店があるのは、5階建ての複合施設。1階が「クラマエ・カヌレ」を販売するテイクアウトカウンター『KURAMAE CANNELE』、2階は「クラマエ・カヌレ」のコンセプトカフェ『KURAMAE CANNELE CAFE』、3階はレコード&オーディオショップ『GINZW RECORDS & AUDIO KURAMAE』、ひとつとばして5階はアートギャラリーが入居している。

5階のアートギャラリー。現在は神山麗子さんの作品を展示中
5階のアートギャラリー。現在は神山麗子さんの作品を展示中

今回は2階の『KURAMAE CANNELE CAFE』でカヌレの試食と相成った。ここでは、1階で購入できる「クラマエ・カヌレ」の素材をグレードアップしたプレミアムカヌレ「グランカヌレ」がいただける

2階の『KURAMAE CANNELE CAFE』
2階の『KURAMAE CANNELE CAFE』

フレンチのシェフが「グランカヌレ」と一緒に食べるためだけに開発したオリジナルスイーツプレートに、季節限定メニュー、ドリンクはカヌレに合わせてブレンドしたお店オリジナルの「カヌレ ド ティ」を用意するなど、グランカヌレ・ファーストのメニュー構成になっている。

次のページ
伝統の製法とリッチな素材で作られる贅沢カ...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...