×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★☆☆☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:フナ

フナはコイ目コイ科フナ属に分類される淡水魚です。フナにはさまざまな種類がありますが、野生のマブナ、ゲンゴロウブナというフナを改良することで誕生したのがヘラブナです。

滋賀県の郷土料理である「鮒ずし」は琵琶湖に生息するニゴロブナを塩漬けにし、炊いたご飯に漬け込んで乳酸発酵させて作られる料理です。

幼いときにフナを釣ることで釣りの楽しさを覚え、若い頃はフナ釣りからいったん離れて別の魚に夢中になってしまう釣り人が多いものの、高齢になって身体が思うように動かせなくなると再び近所の川で釣れる身近なフナ釣りに戻ってくるということから「釣りはフナに始まりフナに終わる」 という言葉があります。

それほど、フナは日本人にとって身近な魚なのです。

名前の由来ですが、つくりの部分の「付」には「小さい」という意味があり、そこに魚へんをつけることで「鮒」。つまり、「小さい魚」というのが由来ということです。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

【鮒:関連記事】「寿司屋の親父のひとり言」第9回「上野下谷『キブ・ミー・チョコレート』から、中野鍋屋横丁の『勤労少年』まで」

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。4月15日発売の5月号では、銀座の奥にあり、銀…