SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

秋を感じさせる食材のひとつ「栗」は、老若男女に愛され特別感のあるスイーツとしても大人気。昭和27(1952)年創業、大阪・都島(みやこじま)の和菓子店『冨久屋(ふくや)』は、日本三大船祭「天神祭」で使う赤飯と白むし(もち米だけを蒸した白い強飯)を奉納するなど、伝統的な製法を重んじながら新感覚なお菓子も手掛けています。今回ご紹介するのは、つぶ餡とたっぷりのクリームを2層にわけて生地で挟んだ生どら焼きです。大粒の渋皮栗が、なんとも食欲をそそる逸品。

渋皮栗が丸ごと入った大人のどら焼き

大粒の渋皮栗が丸ごと入り、2層になったボリューミーな生どら焼き。小豆のコクが生きる自家製粒あんと、ラム酒がふわりと香る栗クリームを挟むのは、ふわふわ&しっとりとしたどら焼き生地だ。味のバランス、食べ応え、すべて秀逸。

見た目も食べ応えも抜群な2層の生どら焼き

ありそうでなかったお菓子にも挑戦『冨久屋』

当店は、昭和27年に大阪市都島区で創業し、変わらず「あたりまえの材料を使って、あたりまえのことを丁寧にやる」簡単なようで難しいこのことに毎日真摯に向き合い、伝統的な製法を守り続けています。

店頭には、 都島の名跡に由来する 「蕪村もなか 母音慈毛馬 の水門」など原材料にこだわったオリジナルの和菓子が数多く並ぶ一方で、近年では、「今までにありそうでなかったお菓子」 という開発コンセプトをもとに、新感覚なお菓子作りにも取り組んでおります。

昭和27年創業、大阪市都島区に創業『冨久屋』

【冨久屋】渋皮栗の生どらグランデ(4個)3996円

【冨久屋】渋皮栗の生どらグランデ(4個/冷凍)3996円 ラム酒が香る栗クリームがちょっぴり大人

【商品説明】
どら焼きの生地は3枚使用。大粒の渋皮栗も丸ごと入ったボリューム―な生どら焼き。自家製のつぶ餡は、二日間かけて炊き上げている。ラム酒がふんわり香るたっぷりのクリームには、栗ペーストのほか、白餡も入っている。個包装で4つ入り。冷凍で届くので、冷蔵庫で解凍し、お早めにお召しあがりください

こちらの商品は、「おとなの週末 お取り寄せ倶楽部」で取り扱っています

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…