SNSで最新情報をチェック

「茅乃舎(かやのや)」のだしでおなじみの総合食品メーカー「久原本家(くばらほんけ)」(福岡県久山町)では、フリーズドライのお味噌汁を10種類以上展開している。定番の茅乃舎だしのほかに煮干しだし、椎茸だしなどベースもそれぞれ違う。4食入りで874円~と一般的な即席のお味噌汁と比べると決して安くはないが、リピーターも多いという。一体何がどう違うのか興味がわいてきた。福岡空港内のゲート外の「久原本家 福岡空港店」の店舗では単品で購入できるので、その時に並んでいた7種を自宅で食べ比べてみることにした。

icon-gallery

名店の味を自宅で!味噌汁7種を食べ比べ

福岡県久山(ひさやま)町の山里で、夏は野生の蛍が飛び交うという自然に囲まれた「御料理 茅乃舎」。名物メニュー、十穀鍋を自宅でも食べたいという要望からスタートしたのが、「久原本家」のだし商品だ。

自然に囲まれた、福岡県久山町の『御料理 茅乃舎』
『御料理 茅乃舎』の名物メニュー、「十穀鍋」

今回いただく即席味噌汁は、フリーズドライの最新技術によりお湯を注ぐだけで、つくりたてのようなお味噌汁を味わえる。化学調味料や保存料無添加で、国産の味噌を使用しているのもうれしい。海藻や根菜、緑黄色野菜など、身体によさそうな具材ばかりだ。

福岡空港にある「久原本家 福岡空港店」では、お味噌汁各種が一食237円~でバラ売りされている。その時に並んでいた7種を購入し、実食してみた。

今回食べ比べてみた7種類のお味噌汁。どれもだしが際立ち、具材の存在感がすごい!

1杯目は「長葱とわかめの味噌汁」

まずはお味噌汁の具の定番「長葱とわかめの味噌汁」を。

「長葱とわかめの味噌汁」は毎日食べたくなるブレのない定番の一杯

ベースも茅乃舎だしという基本の人気メニューだ。まずは長葱の食感が見事に再現されていることに驚く。そしてその量の多さ。かむごとに葱の風味がしゃきしゃきと口の中に広がるのだ。

2杯目は「海乃七草味噌汁」

翌日は同じく茅乃舎だし入の「海乃七草味噌汁」にした。

とろろ昆布やめかぶなど7種の海藻がはいった「海乃七草味噌汁」も人気

とろろ昆布、わかめ、めかぶ、もずくなど7種の海藻が入った具だくさんの一杯。焼きふがそれに優しくなじむ。身体にじわっと潮のエキスがしみこむようで、二日酔い気味の朝にいただくと元気になれそうだ。

次のページ
3杯目は「あおさの味噌汁」...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

間庭典子
間庭典子

間庭典子

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…