SNSで最新情報をチェック

旨い酒と相性抜群の料理やつまみ。その関係性はもはや“普通じゃない”ほど、濃密で個性的。また、それらを供するお店は店主たちもキャラ濃いめで、ある意味必然なのかも……。そんな、酒・料理・店主もおいしい酒場、ご案内します。

『QWANG(クワン)』 @西麻布

本格タイ料理にして実はバーというアメージングな大人のアジト

バーなのにタイ料理?そんな店、世界中どこを探してもここだけでしょ。そう思ったあなた、そうなんですよ!

シェフの純子さんはタイ料理の老舗レストランで腕を磨いた料理人。タイ人シェフから受け継いだ伝統的なレシピを、化学調味料などをいっさい使わずに作っている。唐辛子やハーブはフレッシュなものを贅沢に使うから香りや味がみずみずしい。しかも辛いものはしっかり辛い。

一方、店主の康弘さんはエモーショナルなカクテルの達人。スパイスやハーブ使いが絶妙で、そこに投入するお酒でさらにひと捻りを加える。

例えば「きゅうりのミント炒め」に合わせた「タイ・コリンズ」は、エキゾチックな香りのジンをベースにタイ料理に使うバイマックルー(こぶみかん)を添えた。

きゅうりのミント炒め 1100円×タイ・コリンズ 1760円

『QWANG(クワン)』きゅうりのミント炒め 1100円×タイ・コリンズ 1760円 「トム・コリンズ」のタイバージョン。ほんのりニンニクが効いたきゅうりに爽やかさを加える

料理に沿わせつつも完全なるマッチングを狙っているわけではないという。お互いにアドリブしまくりなのに料理と酒がちゃんと共鳴するのは、阿吽で息の合うふたりだから。このふたりを出会わせた神様ありがとう(笑)。

『QWANG(クワン)』人数が多いときは奥のテーブル席が便利

[住所]東京都港区西麻布3-1-18 RD西麻布地下1階
[電話]03-5410-8998
[営業時間]18時~翌1時 ※土曜日はドリンクのみ
[休日]日・祝
[交通]地下鉄日比谷線六本木駅1a出口から徒歩6分

『Bar&Dining“Stage”(ステージ)』 @蔵前

美にして旨し!ボタニカル香る“エシカル”なジンと料理のペアリング

クラフトジンを楽しめる店は随分増えたが、ここは中でもちょっと違いがある。1階には『東京リバーサイド蒸溜所』。そこで造られるジンを使ったオリジナルカクテルが味わえるのだが、そのジンがエシカル。

わかりやすく言うと酒粕など本来廃棄されてしまっていた未活用素材に価値を見出し、再蒸留したサスティナブルなジンだということ。そしてそれが驚くほど繊細で香り高く、何とも美しい味わいなのがいい。

きのこ巻き揚げ 900円 × TOKYO LIBRE 1400円

『Bar&Dining“Stage”(ステージ)』きのこ巻き揚げ 900円 × TOKYO LIBRE 1400円 ベースに『千代むすび酒造』の粕取り焼酎を使うジンに自家製クラフトコーラを合わせた一杯。数種のきのこや奈良漬けを使うソースが合う

加えて、ダイニングの名前通り、それらと合う食事も楽しめる。たとえばメインボタニカルにコーヒーの出し殻を使ったジンをベースに、バラとフランボワーズが香る一杯。これには、発酵いちごのドレッシングを使った牛ハツのカルパッチョを。色も香りも味わいも、いやはや楽しいことこの上ないのだ。

『Bar&Dining“Stage”(ステージ)』

[住所]東京都台東区蔵前3-9-3 臼井ビル東京リバーサイド蒸溜所2階
[問い合わせ]stage@ethicalspirits.jp
[営業時間]18時~23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO)
[休日]日・月・火・水
[交通]都営浅草線蔵前駅A0出口から徒歩2分

『TACOS Shop IKEJIRI(タコス ショップ イケジリ)』 @池尻大橋

自由な構成のタコスを好みのメスカルと合わせよう!

246沿いに控えめに建つ、床5坪ほどの三角柱型のビル。3フロアすべてがこちらの店で、1階カウンターではトルティーヤの焼き上がりを眺めながら、タコスとメキシコの蒸留酒・メスカルを楽しめる。

そのタコスもカルニータス(豚)などお馴染みの肉系だけでなく、ビーツなどの野菜、旬魚も具材にするなど、ユニークな展開

タコス カルニータス、タコス カボチャ、タコス ビーツとニンジン 各400円 × メスカルソーダ(アルタレス デミ ティエラチョコレート) 1400円

『TACOS Shop IKEJIRI(タコス ショップ イケジリ)』タコス カルニータス、タコス カボチャ、タコス ビーツとニンジン 各400円 × メスカルソーダ(アルタレス デミ ティエラチョコレート) 1400円 タコスには好みでサルサをかけて食べる。蒸留時にチョコレートを漬けたメスカルからは、微かなカカオフレーバーがする

「トルティーヤで包めば、タコスですから」と店主の近藤輝太郎さんはきっぱり言い切るが、一方でタコスの具だけの注文も可能。酒が進むならタブーなしの姿勢が、なんとも天晴れなのだ。

また、メスカルの自由さに惹かれた近藤さん。「テキーラと比べて原料のアガベの種類が多く蒸留法も多彩。ソーダ割り、カクテルのベースにも向いているので、タコスと自在に組み合わせてみてください」

『TACOS Shop IKEJIRI(タコス ショップ イケジリ)』

[住所]東京都世田谷区池尻2-31-17
[電話]なし
[営業時間]16時~翌1時LO
[休日]不定休(SNSにて告知あり)
[交通]東急田園都市線池尻大橋駅南口から徒歩4分

『BAR 頻伽(びんが)』 @阿佐ヶ谷

店主の酒への愛情が 訪れた酔客の心を遠い異国に誘う

1956年創業のスナックを受け継いだ店内は昭和の雰囲気のまま。店の至る所には、中・東欧や北欧のマニアックな蒸留酒が並ぶ。いくら中央線のバーカルチャーがディープといえど、度を越していないか?

しかし、尻ごみするべからず。店主・さちさんがニコニコと話すお酒への愛を聞けば、未知のスピリッツへの興味がグッと湧く。「レコードと酒の収集が趣味なので、アナログを買うようにお酒も買っちゃいます」

ビーツのシュクメルリ 1000円 × アワー・ワイン ルカツィテリ アクホエビ(グラス) 1100円

『BAR 頻伽(びんが)』ビーツのシュクメルリ 1000円 × アワー・ワイン ルカツィテリ アクホエビ( グラス) 1100円 煮込みには、さちさんが自家菜園で育てた無農薬野菜がたっぷり。ジョージアの代表的な造り手のアンバー(琥珀色)ワインとともに

そのさちさんが、どハマり中なのがジョージア。素焼きの甕を地中に埋めて発酵させるクヴェヴリワインを頼めば、トークのボルテージは最高潮に達する。その話を聞きつつ、端正な飲み口のアンバーワインをジョージアの煮込みと合わせれば、まるでかの地を旅した気分になるから不思議だ。

『BAR 頻伽(びんが)』

[住所]東京都杉並区阿佐谷南2-20-4
[電話]なし
[営業時間]19時~24時LO
[休日]不定休(SNSにて告知あり)
[交通]JR中央線阿佐ヶ谷駅南口から徒歩4分

『マッキーズ ガンボ』 @中野

ピリッと辛い陽気なケイジャン料理とファンクな音楽がお出迎え

店名のガンボとは、香味野菜と肉や魚介をスパイスで煮込んだシチュー。マッキーとは、店主・岡村まきすけさんのこと。俳優であり、写真も撮る岡村さんは、カレーを出すバーで働いた経験あり。

そんなことから、店を出すならスパイスを使った料理をやろうと考えた。カレーじゃなくてガンボにしたのは「カレーよりもお酒に合う」と考えたから。

ミックスガンボ(ケイジャン シュリンプ+オクラトッピング) 1800円 × バーボンソーダ 600円~

『マッキーズ ガンボ』ミックスガンボ(ケイジャン シュリンプ+オクラトッピング) 1800円 × バーボンソーダ 600円~ スパイシーなガンボと合わせたのは、まろやかで飲みやすいバーボン「オールド グランダッド114」のソーダ割り

ガンボはアメリカ・ルイジアナの家庭料理なので、バーボンはもちろん距離的にも遠くないメキシコのテキーラに合わないわけがない!

オリジナルのケイジャンスパイスが効いたガンボやチリコンカンをバーボンやテキーラのソーダ割でやって、ファンクな音楽で陽気になって、最後はバーボンのストレートで〆る。あぁなんて素敵!こんな店を待ってました。

『マッキーズ ガンボ』小さくてコアな空間が個性を放つ

[住所]東京都中野区中野5-50-1 AMビル2A
[電話]070-9066-7476
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~24時(23時半LO)、日・祝:11時半~18時(17時半LO)
[休日]不定休、11/20~11/23は臨時休
[交通]JR中央線ほか中野駅北口から徒歩8分

次のページ
『Tafia(タフィア)』 @西麻布...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…