SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

今年も、早いものでもう年末。そして、酔滴のラダーも、気付けば20回目前。毎回5軒ほどはしごしているので、2023年分だけでも、訪れたお店は60軒弱ということになります。とてもじゃないけど、情報を載せきれない!「全店実食調査」がルールの「おとなの週末」なのに、もったいない!ということで、担当が2023年の「酔滴のラダー」をふり返り。その中で、特に印象的だった「2023年この一杯、この一皿」を、4杯と7皿、厳選してみました!当時は泣く泣く掲載を見送ったラダー中の未公開写真も、ちょこっとありますよ~。

「この一杯」編

あの店で飲んだ日本酒が好みだった、とか、あのバーで飲んだウイスキーが美味しかった、とか色々あるのですが、いかんせん自分が飲んだものは撮影していないことが多く…きちんと記憶&記録に残っているものの中からご紹介します。

『家鴨(あひる)社』の「ドライマティーニ」(飯田橋~神楽坂編)

『家鴨社』の「ドライマティーニ」(飯田橋~神楽坂編)

香りがありつつ、スッキリ飲める感じがとても好きです。もちろんアルコール度数が高いので、お酒感もしっかり。『家鴨社』に伺った時点で、すでにそこそこ飲んでいたのですが、それでもクイクイ進んだ思い出の一杯。

『味坊』で飲んだ「自然派ワイン」(浅草橋~神田編)

『味坊』で飲んだ「自然派ワイン」(浅草橋~神田編)

元々、自然派ワインと呼ばれるものは好みであることが多いのですが、特にこれは、ラム&味の濃い中華との相性が抜群でした。タイミングによって、お店に置いてある銘柄が様々なようで…また出会いたいものです。

『味坊』で外に座席を作っていただいている間の一枚。なんとも穏やかな良い表情なのですが、写真説明がまったく思い浮かばなかったので、当時は使用せずでした

『某N』の「ハイボール」(恵比寿編)

『某N』の「ハイボール」(恵比寿編)

何でできているのかは謎。すごく黄色いんですよね。アルコール感は強くなく、とにかく爽快感が印象的!脂ののった焼きとんや煮込みとあわせると、スイスイ飲めてしまう…ある意味危険なお酒。このお店は平日限定&あまり遅くまでやっていないので、なかなか行けないのが悔しい…。

『某N』を出たあと、「街角スナップ風」のつもりで撮影。撮ってはみたものの使いどころがわからず、今までお蔵入り

『TRAM』の「アブサン」(恵比寿編)

『TRAM』の「アブサン」(恵比寿編)その1
『TRAM』の「アブサン」(恵比寿編)その2
『TRAM』の「アブサン」(恵比寿編)その3

薬草の独特な香りは好みを分けるかもしれませんが、香草などが好きな方にはぜひトライしていただきたい!お店の方におすすめを聞きながら3銘柄いただき、確かにそれぞれ味わいや香りが異なるのですが、全部好きだった…。そのまま飲むのも加水して少し飲みやすくするのも良いですが、ほんのちょっとだけ角砂糖を溶かすのが一番好きです。

次のページ
「この一皿」編...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…