SNSで最新情報をチェック

2024年のバレンタインデーの準備はととのいましたか? 一年に一度のイベントには、ハズさないチョコレートを選びたいもの。そこで、今年の傾向を解説しつつ、チョコレート専門店(ショコラティエ)の商品を中心に、有名パティシエが手掛ける間違いないチョコレートをご紹介!

icon-gallery

「自分用」の購入が増加?2024年のバレンタイン傾向

バレンタインチョコレートといえば「誰のために購入するか」によっても、どれを選ぶべきか答えが違ってくるもの。コロナ禍後は、リモートワークの浸透もあいまってオフィス内での義理チョコ文化が薄まり、ここ数年でバレンタインチョコレートを贈る相手や購入理由に変化が表れていると、チョコレート業界の関係者に話を聞く機会も増えた。

「バレンタインギフトに関する意識調査 2024」バレンタインのチョコレートやギフトはどなた向けの予定ですか?という質問に対する回答(複数回答、n=3541)(画像はニュースリリースより)

ハースト婦人画報社が2023年11月30日~2023年12月3日に行った「バレンタインギフトに関する意識調査 2024」によると、回答者の6割以上がバレンタインのチョコレートを「自分用」に購入すると回答したそうだ。「配偶者・パートナー向け」などへの購入は、2022年から2023年にかけて65%から63%と2ポイント減少したにもかかわらず、「自分向け」の購入は57%から61%と2022年より4ポイント増加している

「バレンタインギフトに関する意識調査 2024」2024年のバレンタインに関してあなたの意向としてあてはまるものという質問に対する回答(n=3541)」(画像はニュースリリースより)

バレンタインに関する意向については「人にあげる前に自分でも試したい」(83%)、「義理チョコは減らしたい」(67%)という声があがっており、2024年のバレンタインは自分ファーストで楽しむ「ご自愛バレンタイン」が増えそうな傾向だ。

今回は本命チョコレートとして最適なことはもちろん、自分へのご褒美としても間違いない、パティシエが腕によりをかけたチョコレートを厳選してお届けしたい。

次のページ
人気パティシエが手掛ける厳選チョコレート5選...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

中村友美
中村友美

中村友美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…