×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日から始めています。このプロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

icon-gallery

トロントから初上陸した“カナダ流鶏白湯”

第28弾は逆輸入ラーメン第5弾として、カナダ・トロントから初上陸した「麺や颯 RYUS NOODLE BAR」さん。日本と北米の食文化が融合した“カナダ流鶏白湯”をお楽しみください。

【あの銘店をもう一度・第28弾・「麺や颯 RYUS NOODLE BAR」】
出店期間:2024年2月1日(木)~2024年3月3日(日)
出店場所:横浜市港北区新横浜2-14-21 
     新横浜ラーメン博物館地下1階
     ※第26弾「無垢ツヴァイテ」の場所
営業時間:新横浜ラーメン博物館の営業に準じる

・過去のラー博出店期間
2018年10月17日~2021年6月20日

過去のラー博出店当時の様子

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント「日本の鶏白湯とは違う個性的な味わい、トッピングのメイプルバターがおすすめ」

私たちがカナダの調査に行ったのは2015年でした。バンクーバーとトロントの2都市を訪れましたが、想像以上にラーメン店の数も多く、人気もあり、定着していました。カナダでは“スパイシー味噌”が人気で、ある意味カナダのご当地ラーメンとでもいうくらい、どこのラーメン店でも提供されていました。

そんな中、私たちの目に留まったのが「RYUS NOODLE BAR」さんのラーメンでした。店主の高橋さんは流行りのスタイルに左右されることなく、自分が作りたい味を追求されていました。

ジャンルで言うと鶏白湯なのですが、日本の鶏白湯とは違い、クセがなく甘味が前面に出た個性的な味わいでした。高橋さん曰く、トロントは人種のるつぼで、宗教的に豚が食べられない方も多くいるようで、そういった背景があった中で、鶏を中心にラーメンを作っていたら今の味にたどり着いたようです。日本のオーセンティックなラーメンにカナダ人が好む味を複合させているため、日本人が食べても新しいと感じるのかもしれません。

今回は短い出店期間にもかかわらずトロントからお越しいただけますので、この機会にぜひカナディアン鶏白湯をお召し上がりいただければと思います。トッピングのメイプルバターがおすすめです。

次のページ
海外店舗の第5弾として、カナダに着目...
icon-next-galary
1 2 3 4icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…