SNSで最新情報をチェック

【9】『Boulangerie Comete(ブーランジュリー・コメット)』おいしく日本人の口にも合うスタイルを提案

日本人が毎日食べられるよう、お惣菜にも合う日本らしいパン作りを目指し、食事パンを中心に展開。でも実は、店主は世界的に有名なフランスのブーランジュリー出身とあってクロワッサンも評判。

クロワッサンには北海道産の無添加の小麦を使用し、フランス産のバターを使うことでミルキーさをプラス。けれど使う量は程よく、バターがずっしりくるフランスのクロワッサンとは方向性を変えている

クロワッサン 310円

『Boulangerie Comete(ブーランジュリー・コメット)』クロワッサン 310円

・サイズ:約15cm
・クラスト:パリパリ
・クラム:みっちり
・小麦:北海道産ハードブレッド専用粉
・バター:フランス産ブロックバター

『Boulangerie Comete(ブーランジュリー・コメット)』クロワッサン 310円

【Staff Recommend】
タ「いつ買っても安定感があり、食べ疲れないので近所にあったらうれしいなと思えるクロワッサンです。実際によく通っていて頼りにしています。大きすぎないサイズ感もほどよい」

松「最初の印象はすごくミルクっぽい風味を感じます。クラストはパリっとしていますが、生地は密度があって歯応えもいい。こちらのお店ならではの個性があって、よいですね」

【こちらもオススメ!】

レモンのエスカルゴ 390円

『Boulangerie Comete(ブーランジュリー・コメット)』レモンのエスカルゴ 390円 定番のエスカルゴは、イタリア菓子をイメージし、マスカルポーネとピスタチオ、レモンコンフィを使用

[住所]東京都港区三田1-6-6
[電話]03-6435-1534
[営業時間]9時半〜17時
[休日]日・月、祝 不定休、夏期、年末年始
※SNSを要確認

【10】『下田流』おいしいバターの味わいをシンプルに生かす製法を選択

店名からも伝わるように、独自に解釈した製法でパンを作る。店には個性的なパンがずらりと並んでいるが、なかでも下田流生食パンが有名。

クロワッサンも人気で、生地の伸びもよくエアリーな食感が出るようにしている。加えて高級なイズニーバターの風味を生かすためにあえてシンプルに。クロワッサンは数が少なく売り切れ必至。焼き上がりは朝1回のみなので、狙い澄まして買いにいきたい。

クロワッサン・イズニー 290円

『下田流』クロワッサン・イズニー 290円

・サイズ:約17cm
・クラスト:シャリシャリ
・クラム:ふんわり、しっとり
・小麦:ガネーシャ(小田象製粉)、ロレンス(日清製粉)
・バター:イズニーシートバター

『下田流』クロワッサン・イズニー 290円

【Staff Recommend】
松「バター感がすごくリッチですね。クラストはシャリシャリ、クラムはしっとりふんわりで、外と内の差が少なく、すんなり食べやすい。これは個性派というよりも王道な感じです」

岡「見た目もやや大きめで、ふんわりと空気の層を含んで焼き上がっていることがわかります。カリッというよりはシャリっとしたクラスト。シャンパーニュとか合わせてみたい!

【こちらもオススメ!】下田流生食パン~ココアver~ 460円

『下田流』下田流生食パン~ココアver~ 460円 下田流生食パンにチョコレートをたっぷり入れ、115%という高加水率でプルプル食感に

[住所]東京都板橋区高島平7-26-4
[電話]非掲載
[営業時間]7時半~17時
[休日]月・水・金

撮影/松永直子、文/岡本ジュン

2024年4月号

※2024年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
icon-prev 1 2 3
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…