×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京駅構内にある寿司店『天然本まぐろ ありそ鮨し グランスタ東京店』です。

全て天然物のネタが揃う老舗の矜持を東京駅で味わう

江戸前の花形といえばマグロ。とりわけ天然にこだわる上質な本マグロを東京駅でサクッと味わえるとは何ともありがたい。店名にも冠したそれはアイルランド沖で日本船が獲ったもの。しっとりと舌に吸い付くような赤身、脂が複雑に混ざり合う中トロ、濃厚にとろける大トロと3種の食べ比べは定石だろう。

お決まり一の皿 まぐろ三種、お決まり二の皿、お決まり四の皿 各1680円(二の皿、四の皿の内容は仕入れで変わる)

『天然本まぐろ ありそ鮨し グランスタ東京店』(奥から)お決まり二の皿 1680円(内容は仕入れで変わる。写真はすずき、甘海老、いくら、玉子)、お決まり四の皿 1680円(内容は仕入れで変わる。写真は金目鯛、〆鯖、白いか、がさ海老)、お決まり一の皿 まぐろ三種(赤身、中とろ、大とろ) 1680円 上品な旨みの「天然本まぐろ」が看板ネタ。他にも福井の甘エビなど地元北陸から届く旬の魚が揃う。米は宮城県のササニシキ

シャリは1日に何度も炊いて仕込み、赤酢を使ってまろやかな旨みと酸味に仕上げているとか。他にもお決まり4貫のお得な小セット、おまかせ8貫、1貫からのお好みと多種に揃えているので使い勝手もすこぶる良し。しかもネタは全て天然物!

実は江戸末期から続く福井の老舗旅館が原点で、豊洲を中心に北陸の旬魚も随時お目見えするのもうれしい限りである。酒を呼ぶ「さばのへしこ」など思わず反則技でしょ♪と唸るつまみ類も秀逸。サクッと、どころか長っ尻しちゃうかも。

『天然本まぐろ ありそ鮨し グランスタ東京店』

『天然本まぐろ ありそ鮨し グランスタ東京店』

[住所]グランスタ東京1階
[電話]03-6268-0890
[営業時間]10時~22時 ※日・祝は~21時半(三連休の場合は変動あり)
[休日]施設に準ずる
[交通]丸の内中央口から徒歩3分

▶おとなの週末2024年5月号は「銀座のハナレ」

おとなの週末2024年5月号

撮影/西崎進也、取材/肥田木奈々
※2024年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…