×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

出張や旅行先で、その地元のクラフトビールを飲むことを“旅クラフトビール”と呼び楽しんでいる『おとなの週末』編集部のクラフトビール好き編集えびす。今回は春先に出かけたベトナム・ハノイでの“旅クラフトビール”の模様を2回に分けてお届けします!

人気ピッツェリアのオリジナルクラフトビールに遭遇

コロナ禍を経て久々の海外旅行、ベトナムはハノイに行ってきた。

海外に限らず、旅に出たら、私は必ずその地のクラフトビールを飲むというルールを課している

ベトナム航空の機内でまず1本。ハノイを代表するメーカー「ビア・ハノイ」のビールをいただく。軽口で飲みやすいアジアらしいビール。それにしても午前中に飲むビールのなんと旨いことよ。機内食をつまみに、ベトナムの大手メーカー・サオヴァンビールの「ゴールドスターラガー」もいただいた。

飛行機で飲んだ「ビア・ハノイ」のビール
飛行機で飲んだ「ビア・ハノイ」のビール

ノイバイ国際空港に到着し、車でハノイ旧市街へ。ホテルにチェックイン後、ベトナムコーヒーやバインミーを楽しみつつ散策したあと行ったのが、『Pizza 4P’s Trang Tien(ピザ フォーピース チャンティエン)』。麻布台ヒルズにも出店した人気店だ。

『Pizza 4P's Trang Tien(ピザ フォーピース チャンティエン)』
『Pizza 4P’s Trang Tien(ピザ フォーピース チャンティエン)』

メニュー表に目をやると、オリジナルクラフトビールがたくさんある。やった! かなり悩んだものの、最初はグビッといきたく「Yuzu Wheat」をチョイスした。タイ湖(西湖)の方にあるブルワリー「7BRIDGES」とのコラボビールである。

ちなみに、西湖の方には数軒ブルワリーがあるようだが、今回はそちらへ行くルートを計画していなかったので、せめてこのビールで行った気分を味わうとしよう。

「Yuzu Wheat」(79000vnd)
「Yuzu Wheat」(79000vnd)

ゆずがしっかり香りながらもウィート(小麦)エールらしい軽やかな飲み口。すいすい飲めてしまったので、早くも2本目を注文した。もう一丁スッキリ系を飲みたくて、「Session IPA」を選んだ。

「Session IPA」(79000vnd)
「Session IPA」(79000vnd)

こちらは、ホーチミンのブルワリー「PASTEUR STREET BREWING(パスツール ストリート ブリューイング)」とのコラボビール。ホップの華やかな香りが鼻を抜け、クリアな飲み口。これまたするする入る。

で、そのビールたちと合わせていただくお料理は、前菜から美味揃い。とりわけメインのピッツァがまぁおいしいことおいしいこと。

「ブッラータパルマハム」ともう1種のハーフ&ハーフ
「ブッラータパルマハム」ともう1種のハーフ&ハーフ

「ブッラータパルマハム」というピッツァのミルキーなブッラータチーズがとてつもなくおいしく、パルマハムの塩気や生地、ソースとの一体感も抜群。まさか、ベトナムでピッツァに感動することになるとは思いもしなかった。

次のページ
旅で一番衝撃を受けたお酒との邂逅...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

編集部えびす
編集部えびす

編集部えびす

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…