MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店

厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店

WE LOVE じゃがいも!日本人の大好きじゃがメニューといえば〈コロッケ〉〈ポテサラ〉〈肉じゃが〉で決まり!王道だからこその厳選店は、腕に覚えアリ、です。

perm_media 《画像ギャラリー》厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店の画像をチェック! navigate_next

吟吟(居酒屋/大森)

閉じ込められた魚介の旨みが半端なし!

本日の情熱コロッケ 680円

『吟吟』の人気メニューのひとつ「本日の情熱コロッケ」にも、ならではの旨さの秘密が隠されている。
日替わりの新鮮な魚介の余った部位、たとえば取材時であれば、ヒラメの頭を炙って取ったダシをじゃがいもにしっかりと吸わせ、それをいったん冷蔵庫で冷やしたものにパン粉をつけて揚げる。
ひと口食べれば、ほくほくの中に閉じ込められたその半端ない旨みにノックアウトである。
もちろん、アテとして日本酒に抜群に合うことは、言うまでもなしだ。

山口の蔵元「貴」の自社田の山田錦のワラを使って燻製した旬の地魚や、チーズ、卵がじゃがいもに混ぜ合わされ、こちらも文句なく日本酒に合う人気の一品


東京都品川区南大井6-25-3 佐々木ビル地下1階 [TEL]03-5471-2626 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル27席 全35席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し500円 [交通アクセス]JR大森駅北口から徒歩3分

花とら(最寄駅:代々木公園駅)

じゃがと金時ダブル使いで食感も楽しい!

いも芋サラダ 810円

「普通じゃつまらないし、ぼそぼそしたポテサラは嫌いなので」と『花とら』の店主の髙橋さんが言うポテサラは、なるほどしっとりかつ、ちょっとクリーミーな食感。
“いも芋”の名前は、北あかりと鳴門金時(さつまいも)が使われているからで、少し固体感の残った北あかりのほっくり感と鳴門金時の甘みがクロスするのも楽しい。

北海コロッケ 810円
ズワイガニやホタテが入るポテトコロッケ。オーロラソースとイクラがのる


[住所]東京都渋谷区富ヶ谷1-10-1 ラ・トゥール代々木公園1階 [TEL]03-5454-7344 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]日 [席]カウンター8席、テーブル16席 全24席/全席喫煙可/予約可/カード可/お通し500円 [交通アクセス]地下鉄千代田線代々木公園駅2番出口から徒歩1分

季節料理 赤津加(最寄駅:秋葉原駅)

上品に炊いたじゃがいもの端正な美味しさ

肉じゃが 730円

『季節料理 赤津加』は創業64年。飴色に輝くコの字カウンターに静かな時の流れが漂う。
現在は3代目の寺谷さんが厨房に立ち、老舗の味を守る。
端正な肉じゃがは、澄んだダシに煮崩れることなく大きなじゃがいもが鎮座する。
使う肉は、創業時の牛から豚へ。小さな変革が常に老舗の味を時代に寄り添わせているのだ。
けたたましい電気街に忽然と残る老舗酒場の面目躍如の一品である。


東京都千代田区外神田1-10-2 [TEL]03-3251-2585 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半、土~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、第1・第3土 [席]カウンター15席、テーブル22席、計37席/全席喫煙可/予約可(18時半までに入店の場合のみ)/カード不可/サなし、お通し代別350円 [交通アクセス]JRほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分

一饗(最寄駅:中目黒駅)

サクッとした中に隠された味のハーモニー

特製一饗コロッケ 410円(1個)

『一饗』はメニューは日替わり。その日仕入れたいいもので考えるという同店だが、お客さんのリピート願望が強く定番化したのがこの「特製一饗コロッケ」。
知り合いの長野の農家から仕入れる男爵いもをベースに、たっぶりの白ワインで蒸し焼きされた牛もも肉と玉ねぎのミンチ、モッツァレラとイタリアンパセリ、ゆで卵。
アンチョビと塩昆布でいい塩梅に味が付けられている。
で、ポイントはその全体のバランス。サクッとした食感の後に、ほくほく&いい酸味、いろんな味がほどよくグラデーションでくる。


東京都目黒区上目黒2-10-7 アサミビル1階 [TEL]03-5768-1819 [営業時間]18時~23時45分LO(土・祝23時LO) [休日]日・第3月曜不定休 [席]カウンター8席、テーブル14席全22席/全席喫煙可/予約可(電話にて)/カード可/サなし [交通アクセス]東急東横線・地下鉄日比谷線中目黒駅東口から徒歩5分

家庭料理 ありよし(最寄駅:荻窪駅)

牛肉の旨みをまとったじゃがいもが絶品

肉じゃが 1250円

『家庭料理 ありよし』の丁寧に作られた家庭料理はどれも美味しいが、特に「肉じゃが」は傑作。
克子さんの母直伝というそれは、汁がないのが特長。具材を別々に仕込むため、玉ねぎは瑞々しく、牛肉は柔らかい。
丸ごとのじゃがいもは旨さが2段構えで、外は牛肉の旨みをまとっているが、中はこっくりとした芋の甘み、全開。この料理の奥深さに完全にノックアウトされる。
もし肉じゃが嫌いがいたならば、連れて行き「さあどうだ!」と自慢してやりたくなる逸品である。


東京都杉並区上荻2-20-6 [TEL]03-3392-7889 [営業時間]18時~23時、金・土18時~24時 [休日]日・月 [席]カウンター13席/喫煙席あり/予約可/カード不可/サなし、お通し代600円 ※ただしお通しなしもOK [交通アクセス]JR中央線ほか荻窪駅北口から徒歩8分

夕(セキ)(最寄駅:若林駅・三軒茶屋駅)

迫力も満点!揚げたポテトと厚切りベーコン

じゃがいもと炒めベーコンのあったかいポテトサラダ 972円

『夕(セキ)』のポテサラは、ザクッとしたサイズでこんがり揚げられたポテトと、厚切りの炒めベーコンがメイン。
熱々のうちに、スライスした玉ねぎと、ふんだんな粉チーズ、ブラックペッパー、粒マスタード入りのマヨネーズで和えられる。うーむこれが旨くないわけない!
揚げたポテトの香ばしく力強い旨さに、ベーコンの脂と塩気ががっぷり四つ。
玉ねぎは余熱で半生となって甘みを出し、香辛料のアクセントとチーズとマヨが全体を一体化する。仕上げにはミックスリーフだ。


東京都世田谷区三軒茶屋2-55-12 ライオンズマンション101 [TEL]03-3412-7550 [営業時間]18時~翌1時(24時LO) [休日]月 [席]カウンター12席、テーブル6席 全18席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し500円 [交通アクセス]東急世田谷線若林駅から徒歩6分、東急田園都市線三軒茶屋駅三茶パティオ口から徒歩10分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
ここ数年加熱しているクラフトビール市場。飲める店が増えていますが、その中でもブルワリー直営店に注目。ひとつのブルワリーの様々なスタイルを飲み比べれば違いがわかり、ビールの奥深さを知ることができます!
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル