MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
温かさと美味しさが口に広がる「温蕎麦」!都内で厳選6店

温かさと美味しさが口に広がる「温蕎麦」!都内で厳選6店

『熱々をすすれば、心まで温かく 感涙の待つ「温蕎麦」』湯気とともに芳醇な香りを立ち上らせるつゆ。牡蠣や天ぷらなどの具材とつゆの旨みをまとった蕎麦。すするたびに温かさと美味しさが口に広がるこだわりの温蕎麦は、必ずや感動を呼ぶこと間違いなし。

perm_media 《画像ギャラリー》温かさと美味しさが口に広がる「温蕎麦」!都内で厳選6店の画像をチェック! navigate_next

撮影/西㟢進也、瀧澤晃一(蕎香、月心)、貝塚 隆(三合菴)、小澤晶子(國定)
取材/菜々山いく子(やぶ、國定)、岡本ジュン(もりいろ、三合菴)、松田有美

江戸前 手打そば 蕎香(最寄駅:ときわ台駅)

つゆと蕎麦を粋に味わうならコレに限る

かけ+野菜かきあげ 650円+350円

『江戸前 手打そば 蕎香』の蕎麦は、その時期の最も状態のいいものを3種ほどブレンド。毎日手打して、喉ごし滑らかな二八蕎麦に仕上げる。その旨さをシンプルに味わうなら、やはり「かけ」が一番だろう。昆布、鯖節、干し椎茸からとったダシが香るつゆは雑味のないスッキリした味。それでいてまろみがあり、身体にスーッと染み渡る旨さだ。お供には、ぜひ「野菜かきあげ」を。高温でカラリと揚げ、驚くほどにサックサク! 気の利いた酒肴も充実しており、実に居心地のいい店である。


[住所]東京都板橋区前野町6-47-10 [TEL]03-3969-8775  [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時~20時(19時半LO)※ランチタイム有 [休日]水・木(祝の場合は営業) [席]22席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]東武東上線ときわ台駅北口からバスに乗車し、「前野小学校」下車して徒歩4分

もりいろ(最寄駅:大森町駅)

陽だまりのような卵色のほっこり蕎麦

湯葉とじ 1400円

『もりいろ』のふわふわのかき玉に覆われた水面を箸で手繰れば、ミルキーな湯葉が顔を出す。淡い味わいのかけ汁は卵に抱かれてさらに丸く優しくなり、細打ちの蕎麦に絡みつく。気づけば無心ですすってしまう。深いダシの香りが鼻に抜けてなんとも心癒される味わいだ。途中で、添えられた黒七味を落とせばピリリと引き締まって、また旨い。


[住所]東京都大田区大森西5-10-8 [TEL]03-3761-6055 [営業時間]11時半~14時半(LO)、17時半~20時半 ※ランチタイム有 [休日]月 [席]19席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]京浜急行大森町駅出口から徒歩1分

蕎や 月心(最寄駅:祐天寺駅)

牡蠣の旨みを余すところなく味わう逸品

牡蠣そば 1700円

『蕎や 月心』でまずは蕎麦をひと口。清々しい香りが鼻を抜けたら、すかさず牡蠣をパクッ。つゆを飲めば深みのあるダシがじんわりと染み、後味に残る牡蠣の風味もなんとも美味。こんな魅惑の「牡蠣そば」が味わえるこの店は9年前にオープン。温蕎麦のダシは利尻昆布にムロアジ、ウルメ、マグロ節、本枯節を合わせた関西風で、丸抜きの実を使用した細挽せいろと抜群に合う。


[住所]東京都目黒区中町2-44-15 [TEL]03-3791-1173 [営業時間]12時~13時半LO、18時~21時15分LO、月火木18時~21時15分LO ※昼夜ともに売り切れ次第終了 ※ランチタイム有 [休日]水、第3・5火 [席]13席/全席禁煙/予約可(蕎麦のみでの予約は不可)/カードは夜のみ合計8000円以上可/サなし、お酒を注文したお客様のお通し代100円別 [交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩約10分、学芸大学駅東口から徒歩約10分

銀蕎麦 國定(最寄駅:銀座駅)

昆布の旨みを利かせたつゆは完飲必至!

湯葉とあおさのそば 1300円

『銀蕎麦 國定』の温蕎麦に使用するダシは昆布が主体。組み合わせる具材の風味を邪魔せず引き立てるためだ。2ヶ月かけて熟成させたかえしと合わせてから、さらに3日寝かせて角のとれたまろみのある味わいに仕上げている。ひと口飲めば、上品な旨みがじんわりと舌に伝わり、思わず飲み干してしまうほど。力強く打ち上げた渾身の二八蕎麦は、なめらかな喉ごしと、歯を押し返すようなコシで、その出来映えに拍手!


[住所]東京都中央区銀座6-4-16 花椿ビル地下1階 [TEL]03-3572-2715 [営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、17時~22時頃(21時半頃LO、金夜~翌3時〔翌2時半LO〕)※いずれも蕎麦が無くなり次第終了 ※ランチタイム有 [休日]土・日・祝(第2土の昼は営業) [席]19席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代600円別 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか銀座駅C2出口から徒歩3分

三合菴(最寄駅:広尾駅)

芳醇なダシにシャキシャキの青ネギが香る

ねぎ蕎麦 1134円

『三合菴』で味わいたいのは清々しい青ネギたっぷりの「ねぎ蕎麦」。「最後まで飲めるように」と計算したかけ汁は、せいろとはダシを引く鰹節から変えているそうで、キリっとしたダシとかえしのバランスがいい。蕎麦は引きぐるみの外一でせいろよりやや太め。柚子や三つ葉の香りと揚げ玉のほのかな湯気と共にすすれば至福の笑みがこぼれる。


[住所]東京都渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ1階 [TEL]03-3444-3570 [営業時間]11時半~14時半、17時半~21時LO ※ランチタイム有 [休日]月(祝日の場合は営業、翌火休) [席]32席/全席禁煙/夜は要予約/カード不可/サなし、お通し代880円別(夜のみ) [交通アクセス]地下鉄日比谷線広尾駅2番出口から徒歩2分

【移転しています】おり戸そば切り やぶ(最寄駅:大塚駅)

「薮」のかえしに合わせる香り高きダシに魅了

かき玉 880円

『おり戸そば切り やぶ』のツユは「薮」ならではの醤油のたった辛口のかえしを継承し、温蕎麦のダシには、本枯節に宗田節、そしてサバ節の3種類を使用。温めることで華開くすっきりとした旨みと、湯気と共に立ち上る豊かな香りが抜群! このツユにキレのあるスパイスの風味が加わった「カレー南ばん」(900円)も今の時期に人気の一杯だ。

※【こちらは移転前の情報です】
[住所]東京都豊島区北大塚1-34-9 [TEL]03-6903-6536 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]木 [席]32席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都電荒川線巣鴨新田駅から徒歩3分、JR山手線ほか大塚駅北口から徒歩5分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カルボナーラから和え麺まで 蕎麦の新風(ニューウェーブ)|蕎麦といえば、歴史ある江戸前の粋な食べ物。いってしまえば、見た目は地味! そう思う人が増えたのか、最近は見た目からして派手なインスタ映えする“創作系”が増えているんです。そして、味も個性的。そんな新世代のお蕎麦をお見せしましょう。
肌寒くなってくると、選択肢の上位に浮上するのがカレー南蛮。蕎麦のつゆを利用した懐かしい味もあれば、計算され尽くした新発見の味も。新旧を食べ比べれば、カレー南蛮を見る目が変わりますよ。
蕎麦屋の一品の中でもファンが多い〈そばがき〉は、なんといっても薫る風味が身上。また、形状や食感もさまざまで、店ごとの個性が窺えるのも面白い。そんな奥深い〈そばがき〉を、歴史も踏まえて考察してみたい。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン
蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン
華やかな種もの蕎麦とは真逆の世界観の蕎麦が「かけ」と「花巻」。その静謐で奥ゆかしく、けれど心底「旨ぇ・・・」と感じる沁み渡る味わいは、姿は地味にして味わいは滋味深い、温蕎麦の宝なのです。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル