MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Brasserie de l'eau(洋食・西洋料理/浜町・小伝馬町)

Brasserie de l'eau(洋食・西洋料理/浜町・小伝馬町)

新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。

Brasserie de l'eau(最寄駅:浜町駅)

店のすべてをひとりで切り盛りするシェフ・前澤さんは、日本のベルギービール市場を開拓した「ブラッセルズ」の出身。各醸造所の専用グラスに注ぐ瓶詰ビールは、仕入れてから必ず2日間置き、酵母を落ち着かせてから客に提供する。料理はどっしり骨太ながらも上品で、個性豊かなビールの味をさらに盛り上げる。冷菜・温菜とほぼ全品ハーフサイズで頼めるのも、客に愛されている理由だ。

牛ホホ肉のベルギービール煮
1800円

ビールと赤ワインをふんだんに使い、約6時間煮込んだとろとろのホホ肉。お酒がどんどん進む!

おまかせ冷菜3種盛り、鶏レバーのパテ(自家製パン付き)
1250円、1000円

冷菜3種(写真手前)は海老とブロッコリーのマリネ、スモークサーモンのポテトサラダ、豚肉とオリーブのテリーヌ。野菜の歯応えや塩気など、ビールを意識し各種絶妙に工夫されている。自家製パンも美味

お店からの一言

店主 前澤冬樹さん

「22時より前がゆったり飲める穴場の時間帯です」

Brasserie de l'eauの店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋浜町2-24-8 ニュー浜町ダイヤマンション1階 [TEL]03-5614-0667 [営業時間]火~土17時~23時(LO)、日15時~21時半 (LO)  水・木・金はランチ提供11時半~13時15分(LO)※ランチ営業は不定休のため、お店にご確認を [休日]月(月が祝の場合は火) [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄都営新宿線 浜町駅A2番出口から徒歩3分


電話番号 03-5614-0667

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
男女の熱気がむんむん満ちる夜のコリドー街。赤レンガの外壁にランプが灯るこの店を訪れると、そこに結界があるかのように、旧き佳き銀座の空気が流れている。
ハンガリーの食卓に欠かせないパプリカ。「日本でいうと味噌のような存在。でもパプリカには味がない。大事なのは色と香りです」と齊藤一正シェフは言う。
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
48views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt