MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
フェイ・リトル・タイコウロウ(中華料理/八重洲)|手作りジャンボ餃子は半世紀以上愛されてきた味♪

フェイ・リトル・タイコウロウ(中華料理/八重洲)|手作りジャンボ餃子は半世紀以上愛されてきた味♪

ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。

perm_media 《画像ギャラリー》フェイ・リトル・タイコウロウ(中華料理/八重洲)|手作りジャンボ餃子は半世紀以上愛されてきた味♪の画像をチェック! navigate_next

フェイ・リトル・タイコウロウ(最寄駅:八重洲駅)

迫力満点の老舗の味ジャンボ餃子をワイワイ楽しむべし

箸を伸ばせば、皮はもっちもち。中に包まれた餡はじっくり練り込まれ、肉々しく、ジューシーな旨みが口いっぱいに広がる。これをガブリとやりながらビールや紹興酒というのがたまらないわけだ。この餃子をはじめとした老舗中華の味を、こちらではオープンなカフェスタイルともいうべき空間で、テーブルを囲みながらワイワイいただけるのがいい。ふかふかで餡もたっぷりな水餃子もよし、前菜から野菜、肉、海鮮の一品料理、人気の担々麺までメニューには用途に応じて選べる多彩なラインナップがぎっしり。楽しめること間違いなしだ。

ジャンボサイズ焼餃子(6個)、水餃子(10個)
1231円、1728円

ジャンボ餃子のサイズはほぼ12㎝。しっかり旨みを感じさせるがくどくはないので次々いける。さっぱりもちもちの水餃子もよし

辣子鶏(鶏から揚げの唐辛子炒め)
1230円

シェフ特製のおすすめメニューのひとつ。ジューシーでピリ辛な鶏唐揚げにビールも進む

前菜盛り合わせ
1825円

定番の前菜盛り合わせ(人気!)は、上から棒棒鶏、くらげ、焼豚

お店からの一言

店長 松島光雄さん

「餃子はもちろんいろんなオススメをお楽しみください」

フェイ・リトル・タイコウロウの店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲1-4-16 八重仲ダイニング地下1階 [TEL]03-6265-1837 [営業時間]11時~14時半、17時半~22時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]全50席/夜のみ喫煙可/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩3分


電話番号 03-6265-1837

撮影/貝塚 隆 文/池田一郎

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
長江の中流に位置する湖北省。周囲にある各地域の食文化が混じり合う、まさに美食の宝庫なんだとか。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
中華は家族みんなで囲める料理。ならばどんな世代にも親しみやすく、なおかつ体に優しい方がいい。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル