MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)

和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)

ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)の画像をチェック! navigate_next

和酒×くんせい=バル シシニイク(最寄駅:小川町駅、淡路町駅)

イノシシと燻製を和酒と絶妙にカップリング

店主の高橋さんが、島根県・津和野町で食べたイノシシ肉の味が忘れられず、これを広めたいと熱望して今年8月に開いたのがこちらのお店。写真は、現地で食べて感動したすき焼きに豆味噌でコクを増すなどアレンジを加えた、お酒やご飯を欲する名物だ。
 もうひとつの名物メニューである燻製は、3週間もかけて作られたものやマグロ料理専門店『MEGRO』の姉妹店だからこそ提供できる、マグロの卵や白子などが揃う。これらに合わせるのは日本酒をはじめとする和酒。酒の香りと料理との調和が見事だ。

4×4SUKIYAKI
842円

別添えの卵黄を絡めてどうぞ

本日のおすすめ全部盛(2人前)
1944円

この日はふわりとほぐれるマグロの身や口どけの良い卵、白子のほか、旨みが濃いイノシシのロースなど。燻香をまとう煮卵も繊細な柔らかさ

季節野菜のまぐろ巻き
518円

今の時期はアスパラに赤身・大トロ・中トロのバランスが良いマグロの腹身を巻いて。チェダーチーズがとろり

15種ほど置く日本酒は一期一会。オリジナルを含む希少な品揃えにワクワクするはず。焼酎も充実

お店からの一言

店主 高橋祐介さん(左)、店長 小澤高弘さん(右)

「持ち帰り用コーヒー付きのランチでも燻製とマグロをぜひ」

和酒×くんせい=バル シシニイクの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル1階 [TEL]03-6262-9045 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時半(22時LO)、土15時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線小川町駅、丸ノ内線淡路町駅A1・A2番出口から徒歩1分


電話番号 03-6262-9045

撮影/瀧澤晃一 取材/市村幸妙

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
おすすめは肩ロース、ハラミ、牛タンという3種の部位を一皿に盛り付けたステーキ3種盛。基本はミディアムレアだが熱々のぺレットで、好みの焼き加減に調整することも可能。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
気さくで小気味よく話す、店主・小嶋さんの人柄ゆえか、遠くから足を運ぶ常連さんも多し。店は快活な雰囲気に溢れている。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1157views 本誌紹介

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル