MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)

和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)

ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。

和酒×くんせい=バル シシニイク(最寄駅:小川町駅、淡路町駅)

イノシシと燻製を和酒と絶妙にカップリング

店主の高橋さんが、島根県・津和野町で食べたイノシシ肉の味が忘れられず、これを広めたいと熱望して今年8月に開いたのがこちらのお店。写真は、現地で食べて感動したすき焼きに豆味噌でコクを増すなどアレンジを加えた、お酒やご飯を欲する名物だ。
 もうひとつの名物メニューである燻製は、3週間もかけて作られたものやマグロ料理専門店『MEGRO』の姉妹店だからこそ提供できる、マグロの卵や白子などが揃う。これらに合わせるのは日本酒をはじめとする和酒。酒の香りと料理との調和が見事だ。

4×4SUKIYAKI
842円

別添えの卵黄を絡めてどうぞ

本日のおすすめ全部盛(2人前)
1944円

この日はふわりとほぐれるマグロの身や口どけの良い卵、白子のほか、旨みが濃いイノシシのロースなど。燻香をまとう煮卵も繊細な柔らかさ

季節野菜のまぐろ巻き
518円

今の時期はアスパラに赤身・大トロ・中トロのバランスが良いマグロの腹身を巻いて。チェダーチーズがとろり

15種ほど置く日本酒は一期一会。オリジナルを含む希少な品揃えにワクワクするはず。焼酎も充実

お店からの一言

店主 高橋祐介さん(左)、店長 小澤高弘さん(右)

「持ち帰り用コーヒー付きのランチでも燻製とマグロをぜひ」

和酒×くんせい=バル シシニイクの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル1階 [TEL]03-6262-9045 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時半(22時LO)、土15時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線小川町駅、丸ノ内線淡路町駅A1・A2番出口から徒歩1分


電話番号 03-6262-9045

撮影/瀧澤晃一 取材/市村幸妙

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
千駄木『スパイスバル コザブロ』|スパイスを利かせたつまみや焼き物などが豊富に揃うバル。4種類あるカレーの中で注目すべきは「サメのカレー」。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
227views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt