MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)

和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)

ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)の画像をチェック! navigate_next

和酒×くんせい=バル シシニイク(最寄駅:小川町駅、淡路町駅)

イノシシと燻製を和酒と絶妙にカップリング

店主の高橋さんが、島根県・津和野町で食べたイノシシ肉の味が忘れられず、これを広めたいと熱望して今年8月に開いたのがこちらのお店。写真は、現地で食べて感動したすき焼きに豆味噌でコクを増すなどアレンジを加えた、お酒やご飯を欲する名物だ。
 もうひとつの名物メニューである燻製は、3週間もかけて作られたものやマグロ料理専門店『MEGRO』の姉妹店だからこそ提供できる、マグロの卵や白子などが揃う。これらに合わせるのは日本酒をはじめとする和酒。酒の香りと料理との調和が見事だ。

4×4SUKIYAKI
842円

別添えの卵黄を絡めてどうぞ

本日のおすすめ全部盛(2人前)
1944円

この日はふわりとほぐれるマグロの身や口どけの良い卵、白子のほか、旨みが濃いイノシシのロースなど。燻香をまとう煮卵も繊細な柔らかさ

季節野菜のまぐろ巻き
518円

今の時期はアスパラに赤身・大トロ・中トロのバランスが良いマグロの腹身を巻いて。チェダーチーズがとろり

15種ほど置く日本酒は一期一会。オリジナルを含む希少な品揃えにワクワクするはず。焼酎も充実

お店からの一言

店主 高橋祐介さん(左)、店長 小澤高弘さん(右)

「持ち帰り用コーヒー付きのランチでも燻製とマグロをぜひ」

和酒×くんせい=バル シシニイクの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル1階 [TEL]03-6262-9045 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時半(22時LO)、土15時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線小川町駅、丸ノ内線淡路町駅A1・A2番出口から徒歩1分


電話番号 03-6262-9045

撮影/瀧澤晃一 取材/市村幸妙

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。
2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル