MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鶏そば 山もと(ラーメン/三鷹)|2時間だけ営業の幻のラーメン店!最後の一滴まで美味しく頂ける逸品!

鶏そば 山もと(ラーメン/三鷹)|2時間だけ営業の幻のラーメン店!最後の一滴まで美味しく頂ける逸品!

三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。

鶏そば 山もと(最寄駅:三鷹駅)

鶏のプロが繰り出す完全無化調のあっさり鶏そば

目指しているのは、最後の一滴まで楽しめるお吸い物のようなラーメン。ガツンとしたファーストインパクトこそないものの、食べ進める度に旨みが増幅していくのが分かる。トッピングのチャーシューは、低温調理した豚肩ロースと鶏胸肉が1枚ずつ。どちらも実山椒入りの昆布ダシで調味するなど、料理人の技が光る。特に、さくっとやわらかな鶏チャーシューはさすがの旨さ。塩分や脂には極力頼らず、素材本来の旨さを追求しているので、食べ疲れないところもいい。


特製鳥そば 塩
1000円

かんすいを控えめにし、小麦の香りを極立たせたパツパツ系の低加水麺。塩分量は、柚子胡椒で調整を

お茶漬けセット
200円

残ったスープでいただく「お茶漬けセット」(200円)。大葉と梅干し、あられ、のりが付く

鶏そぼろごはん
200円

濃厚なキンカンの醤油漬けを添えた人気の「鶏そぼろごはん」(200円)

お店からの一言

店主 山本洪太さん

「本物の“出汁”の美味しさを感じてください!」

鶏そば 山もとの店舗情報

[住所]東京都武蔵野市中町1-19-8 シティハイツ武蔵野市地下1階 [TEL]0422-38-8678 [営業時間]11時半~13時半 [休日]日・月・木 [交通アクセス]JR中央線ほか三鷹駅北口から徒歩6分


電話番号 0422-38-8678

撮影/宮城夏子 取材/松井さおり

2019年1月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
純宍道湖産のシジミで作る旨みあふれる中華そばは、“塩”と“醤油” の二本立て。“塩”は、動物系のダシが下支えをするシジミスープに、シジミのダシを利かせた塩ダレ、風味たっぷりのシジミ油を合わせた一杯で、ひと口目からガツンと“シジミ”を感じることができる。
透き通った醤油スープに浮かぶまっすぐな麺の美しさに、誰もが目を奪われる。使われているのは、秋田県湯沢市の「佐藤養悦本舗」の干し中華麺。
店主の木村氏は、ジロリアンに絶大な人気を誇る『富士丸』で腕を磨いた人物。オープン初日には、名立たるラーメン店主から開店祝いの花が届けられたが、「ほとんどが富士丸時代の常連さんですね」というから聞いて驚く。
シンプルな味の追求はその力量が問われる。「いかに鴨本来の旨みとコクを出せるか」。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt