MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
レストラン 香味屋(洋食/入谷)|1925年創業!台東区にある地元で愛され続ける老舗洋食レストラン☆

レストラン 香味屋(洋食/入谷)|1925年創業!台東区にある地元で愛され続ける老舗洋食レストラン☆

大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

レストラン 香味屋(最寄駅:入谷駅)

創業から一世紀 変わらぬ味を後世へ

しかし、上品で繊細な味わいと共に、じんわりと広がる深い旨みには思わず唸ってしまう。一度にベシャメルソースを大量に作るため、エビをたっぷり使うことが旨さの秘訣だ。さらに、エビは完成間近に入れることで、プリプリの食感が残り、仕上げの段階で加えられるエダムチーズが絶妙なコクを生み出す。手間のかかる一つひとつの作業や手順に意味があり、そのすべてが調和したバランスは圧巻だ。フレンチでもない、イタリアンでもない、日本人と共に歩んできた洋食の真骨頂がここにある。

海老のマカロニグラタン
2000円

さらしで濾した滑らかなベシャメルソースの中でマカロニの歯ざわりを感じる。ほどよい硬さもちょうどいい。コクを深めるため、チーズの下には溶かしバターも

オニオングラタンスープ
1350円

一日かけて弱火で炒めた玉ネギと、牛すじや鶏ガラなどを6~7時間煮込んだコンソメスープを合わせている

海の幸のクレープ巻きのクリームグラタン
3200円

伊勢エビのソースで絡めた魚介をクレープで包んで焼き上げた。クリーミーで濃厚

お店からの一言

料理長 小田倉光夫さん

「先代の教えを守り、妥協せず丁寧に作っています」

レストラン 香味屋の店舗情報

[住所]東京都台東区根岸3-18-18 [TEL]03-3873-2116 [営業時間]11時半~22時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]水(祝の場合は前後どちらか休) [席]カウンターなし、全80席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅三ノ輪4番出口から徒歩3分


電話番号 03-3873-2116

撮影/貝塚 隆 取材/井島加恵

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
戦前から続く食堂を経て、ステーキがメインの洋食店へ。肉の筋と脂を取り除く駄敏丁カットは特許技術で、噛むほどに肉の柔らかさを実感する。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
6455views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt