MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
レストラン 香味屋(洋食/入谷)|1925年創業!台東区にある地元で愛され続ける老舗洋食レストラン☆

レストラン 香味屋(洋食/入谷)|1925年創業!台東区にある地元で愛され続ける老舗洋食レストラン☆

大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

perm_media 《画像ギャラリー》レストラン 香味屋(洋食/入谷)|1925年創業!台東区にある地元で愛され続ける老舗洋食レストラン☆の画像をチェック! navigate_next

レストラン 香味屋(最寄駅:入谷駅)

創業から一世紀 変わらぬ味を後世へ

しかし、上品で繊細な味わいと共に、じんわりと広がる深い旨みには思わず唸ってしまう。一度にベシャメルソースを大量に作るため、エビをたっぷり使うことが旨さの秘訣だ。さらに、エビは完成間近に入れることで、プリプリの食感が残り、仕上げの段階で加えられるエダムチーズが絶妙なコクを生み出す。手間のかかる一つひとつの作業や手順に意味があり、そのすべてが調和したバランスは圧巻だ。フレンチでもない、イタリアンでもない、日本人と共に歩んできた洋食の真骨頂がここにある。

海老のマカロニグラタン
2000円

さらしで濾した滑らかなベシャメルソースの中でマカロニの歯ざわりを感じる。ほどよい硬さもちょうどいい。コクを深めるため、チーズの下には溶かしバターも

オニオングラタンスープ
1350円

一日かけて弱火で炒めた玉ネギと、牛すじや鶏ガラなどを6~7時間煮込んだコンソメスープを合わせている

海の幸のクレープ巻きのクリームグラタン
3200円

伊勢エビのソースで絡めた魚介をクレープで包んで焼き上げた。クリーミーで濃厚

お店からの一言

料理長 小田倉光夫さん

「先代の教えを守り、妥協せず丁寧に作っています」

レストラン 香味屋の店舗情報

[住所]東京都台東区根岸3-18-18 [TEL]03-3873-2116 [営業時間]11時半~22時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]水(祝の場合は前後どちらか休) [席]カウンターなし、全80席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅三ノ輪4番出口から徒歩3分


電話番号 03-3873-2116

撮影/貝塚 隆 取材/井島加恵

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル