MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
レストラン 香味屋(洋食/入谷)|1925年創業!台東区にある地元で愛され続ける老舗洋食レストラン☆

レストラン 香味屋(洋食/入谷)|1925年創業!台東区にある地元で愛され続ける老舗洋食レストラン☆

大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

perm_media 《画像ギャラリー》レストラン 香味屋(洋食/入谷)|1925年創業!台東区にある地元で愛され続ける老舗洋食レストラン☆の画像をチェック! navigate_next

レストラン 香味屋(最寄駅:入谷駅)

創業から一世紀 変わらぬ味を後世へ

しかし、上品で繊細な味わいと共に、じんわりと広がる深い旨みには思わず唸ってしまう。一度にベシャメルソースを大量に作るため、エビをたっぷり使うことが旨さの秘訣だ。さらに、エビは完成間近に入れることで、プリプリの食感が残り、仕上げの段階で加えられるエダムチーズが絶妙なコクを生み出す。手間のかかる一つひとつの作業や手順に意味があり、そのすべてが調和したバランスは圧巻だ。フレンチでもない、イタリアンでもない、日本人と共に歩んできた洋食の真骨頂がここにある。

海老のマカロニグラタン
2000円

さらしで濾した滑らかなベシャメルソースの中でマカロニの歯ざわりを感じる。ほどよい硬さもちょうどいい。コクを深めるため、チーズの下には溶かしバターも

オニオングラタンスープ
1350円

一日かけて弱火で炒めた玉ネギと、牛すじや鶏ガラなどを6~7時間煮込んだコンソメスープを合わせている

海の幸のクレープ巻きのクリームグラタン
3200円

伊勢エビのソースで絡めた魚介をクレープで包んで焼き上げた。クリーミーで濃厚

お店からの一言

料理長 小田倉光夫さん

「先代の教えを守り、妥協せず丁寧に作っています」

レストラン 香味屋の店舗情報

[住所]東京都台東区根岸3-18-18 [TEL]03-3873-2116 [営業時間]11時半~22時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]水(祝の場合は前後どちらか休) [席]カウンターなし、全80席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅三ノ輪4番出口から徒歩3分


電話番号 03-3873-2116

撮影/貝塚 隆 取材/井島加恵

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
容姿端麗なカツは着飾った憧れのお姉さんといった風情か。遠山シェフの故郷、熊本の天草ポークを使い、瑞々しさをキープするためオーダー後に塊肉から切り出して調理する。
清潔な調理場とコックの働きを見て、「(これなら、うまいだろう)と、おもい、私は入って見たわけだが、期待は裏切られなかった。」と著書に記したのが池波正太郎。まさにその通り、何を食べてもたいそう旨いのである。
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
最新記事
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
サバジェンヌお気に入りのサバ料理店のひとつ『ごっつり』グループ。その理由は、八戸前沖さばを知り尽くしたオーナーが考案した珠玉のサバメニューに心を奪われているから。2021年4月にオープンした浅草橋のお店もまた至極の逸品揃い。その数々をお届けします。
コンベクションオーブンでふわっふわに焼き上げられた、ほかほかのチョコレート生地のスフレパンケーキにたっぷりのるのは、口溶けがなめらかなチョコレートクリーム。風味と硬さが異なるカカオ67%と70%のチョコチップを入れて、食感も絶妙にコントロールしている。
創業元禄3(1690)年の老舗『山本山』が、4月26日にお茶専門店『山本山 フジヱラボ』を新宿髙島屋の地下1階デイリーマートにオープン。単なる専門店ではなく、抹茶、煎茶、ほうじ茶を使ったドリンクやスイーツを提供しています。一体どんな味なのか伺いました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル