MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋グルメ_前菜から〆のご飯までリーズナブルに楽しめる名古屋・矢場町『小籠包酒場 矢場CHINA』/名古屋エリア限定情報(95)

名古屋グルメ_前菜から〆のご飯までリーズナブルに楽しめる名古屋・矢場町『小籠包酒場 矢場CHINA』/名古屋エリア限定情報(95)

名古屋で数年前からブームが続いている点心。2016年、名古屋の矢場町交差点近くにオープンした『小籠包酒場 矢場CHINA』は、その先駆けだ。 ここの名物は、皮の色ごとに味が異なる「7つの幸せ小籠包」。前菜から〆のご飯までリーズナブルに楽しめるお店なのだ。

前菜から〆のご飯までリーズナブルに楽しめる名古屋・矢場町『小籠包酒場 矢場CHINA』


名古屋で数年前からブームが続いている点心。

2016年、名古屋の矢場町交差点近くにオープンした『小籠包酒場 矢場CHINA』は、その先駆けだ。


「“笑顔と会話があふれる食卓”をテーマに、居酒屋感覚で楽しめる店にしようと思いました。
グループで来られて、料理をシェアしながら楽しんでいただければ」と、店長。


ここの名物は、皮の色ごとに味が異なる「7つの幸せ小籠包」(980円)。

それぞれの味だが、白はベーシックな小籠包で、茶は名古屋らしく八丁味噌で味付けした鶏肉が入った名古屋小籠包。

海老と帆立の旨みを閉じ込めた広東小籠包はピンク。

黄は酸味と辛みのバランスが絶妙な酸辣湯麺のスープを使った北京小籠包。

赤の伊太利小籠包はトマトとチーズがたっぷり。

アジア料理に欠かせないパクチー入りの亜細亜小籠包は緑。

黒は四川料理の痺れるような辛さを詰め込んだ四川小籠包。


皮を破らないように注意して、箸でそっと小籠包の角をつまんでレンゲにのせたら、皮の先端を少し破って中からあふれ出るスープを堪能。

好みでレモンフレーバーのオリーブオイルを付けても美味しい。


グランドメニューの前菜を少量ずつ盛り合わせた「前菜の盛り合わせ」(7種1380円)も、客の大半が注文する人気メニュー。

この日は、(手前から時計回りに)たまキュウとよだれ鶏、中華風ポテトサラダ、四川風棒々鶏、パクチーメンマ、トリパリ、クリームチーズの紹興酒漬け。

どれもお酒に合いそうだ。


辛さが選べる「極みたんたんめん」(850円※ハーフは580円)や「約豚と九条葱の炒飯」(850円)など、〆の麺とご飯も充実している。

なかでも私のオススメは、台湾の名物「魯肉飯(ルーローハン)」(680円※ハーフは380円)。


ご飯の上には、醤油や牡蠣油、生姜、ニンニクなどを合わせた自家製ダレでじっくりと煮込んだ豚バラ肉がたっぷり。

食べやすいように香辛料は控えめに仕上げてあり、後味に五香粉がほのかに香る程度。


半熟卵を絡めたり、オリジナルのラー油をかけたりと、味変しても美味しい。

ラー油に入っているのはフライドガーリックではなく、ドライエシャロット。

この香りと食感が奥行きのある味を生み出して箸が止まらなくなる。


今回紹介した「7つの幸せ小籠包」と「前菜盛り合わせ」に、低温調理で24時間じっくりと煮込んだ「ジャッキースペアリブ」と「極みたんたんめん」または「炒飯」がセットになった「矢場名物セット」(2380円)など、お値打ちなセットも用意している。


日常使いにぴったりの店だ。

小籠包酒場 矢場CHINA
[住所]愛知県名古屋市中区大須4-1-7
[TEL]052-242-9102
[営業時間]17時半~23時L.O.
[定休日]第1日曜








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
名古屋めしが食べられる居酒屋が数多く建ち並ぶ名古屋駅周辺で、専門店にも負けないと評判なのが、『名駅宴処 花かるた』だ。 緊急事態宣言の発令を受けて、現在は月~金曜日のランチ営業(11時~14時L.O.)のみ営業(土、日、祝日は臨時休業)しているほか、14時半(L.O.)まで店の入り口でテイクアウトメニューの販売を行っている……。
新型コロナウイルスの影響で今、飲食店は危機に瀕している。 とはいえ、自粛生活の中でも美味しいものを食べたい。そこで、これまで『まとメシ』にて紹介した店を中心に、私、永谷正樹がオススメするテイクアウトメニューやお取り寄せグルメを集中的に紹介しよう。 まずは、名古屋市緑区にある和食店『花ごころ 緑苑』から、始めようと思う。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt