MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋グルメ_愛知・津島のおもてなし文化から生まれた郷土料理「もろこ寿司」を復活させた寿司店/名古屋エリア限定情報(96)

名古屋グルメ_愛知・津島のおもてなし文化から生まれた郷土料理「もろこ寿司」を復活させた寿司店/名古屋エリア限定情報(96)

愛知県西部にある津島市。ここで約80年にわたって地元の人々に愛されている寿司店がある。 都心の寿司店と比べて敷居が低くて入りやすいのが街場の寿司店の魅力。 それが津島神社からほど近い『末廣寿司』だ。 出前の注文も多い、町場にある昔ながらの寿司店である……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋グルメ_愛知・津島のおもてなし文化から生まれた郷土料理「もろこ寿司」を復活させた寿司店/名古屋エリア限定情報(96)の画像をチェック! navigate_next

愛知・津島のおもてなし文化から生まれた郷土料理「もろこ寿司」を復活させた寿司店


愛知県西部にある津島市。

ここで約80年にわたって地元の人々に愛されている寿司店がある。

出前の注文も多い、町場にある昔ながらの寿司店である。


それが津島神社からほど近い『末廣寿司』だ。

店構えからも大衆店であることがわかるだろう。



三代目の店主、野口佳男さんは高校を卒業後、名古屋市内の寿司店に住み込みで働いて、寿司職人としての腕を磨いた。

22歳のときに店へ戻り、それから30年以上経った今も厨房に立ち、腕をふるっている。


「とくに祖父が厳しい人でしてね。
お酒すら置いていませんでした。
当時は出前が中心だったとうこともありますが、メニューも並や中、特上といった“おきまり”のみ。
おまかせの注文は受けてなかったですね。
今は注文があれば握りますよ」と、野口さん。


都心の寿司店と比べて敷居が低くて入りやすいのが街場の寿司店の魅力である。

ここも例外ではなく、夜は寿司を肴にして居酒屋的に利用する客も多い。

ランチもまたお値打ちなメニューを用意している。


これがランチで提供している「割子弁当」(1100円)だ。

内容は日替わりで、この日はちらし寿司とタイとシマアジの刺身、子ふぐの焼き物、きんぴらごぼう、菜花の胡麻和えなどおかず4品。

これに、あら汁とコーヒーが付く。


一方、こちらは野口さん自慢の「特上寿司」(3190円)。

内容は、旬の魚介をふんだんに使った握り6巻と巻物1本。

この日は、カニ身とシマアジ、トロ、穴子、車海老、ウニ、トロ鉄火。

名古屋市内の寿司店と同様に、シャリの味付けはやや甘めでネタも大きめ。

シャリには粒が大きくて粘り気の少ない岐阜県産米のハツシモを使用している。


尾張地域・津島市ならではの郷土のおもてなし料理をご紹介!


ここまでは巷にある町場の寿司店とほぼ変わらない。

にもかかわらず、私が『まとメシ』で紹介するのは深〜いワケがあるのだ。

津島では人をもてなす際、店へ連れていくよりも自宅へ招くことが多い。

寿司店の出前注文が多いのもそのためだ。

ちなみに市内には多くの和菓子店が建ち並んでいるが、これも自宅でお茶をたしなみ、もてなす機会が多いためである。


「おもてなし料理として、この地方で昔から食べられていた郷土料理の寿司があるんです。
祖父の代くらいまではどの家庭でも作っていたのですが、核家族化など時代の流れとともに作られなくなっていったんです。
今からそれをご用意しますね」と、野口さん。


これが津島市の郷土料理、「もろこ寿司」(900円)。

小魚(コイ科の淡水魚)のもろこを甘辛く煮て、押し寿司にしたものだ。

津島の人々は、これをお祭りや結婚式、法事など人が集まる際に出していたという。


「押し箱という型に3時間ほど入れて作るのですが、人が集まる前日に作っておけばあとは切るだけでできるわけです。
押し箱も昔はどの家にもあったそうですよ。
家庭料理なので、ウチの店では出していませんでしたが、20年ほど前に町おこしの一環としてメニューに加えました」


さて、肝心な味だが、愛知県民の喜びそうな甘辛味。

腹わたの苦みとのバランスが秀逸で、押し箱に入れることでタレが染みたシャリも美味しい。

お酒にもお茶にも合う一品だ。

「もろこは近くの川魚店から仕入れる天然ものです。
年々獲れなくなって、値段も1キロ3000円くらいするんです。
マグロとほぼ変わらない高級魚なんです。
この津島が誇る郷土料理を次世代に繋げていきたいですね」


「もろこ寿司」は仕込みに3時間かかるため、どうしても要予約となるが、食べる価値はアリと断言する。

お土産に持っていっても喜ばれそうだ。

末廣寿司
[住所]愛知県津島市本町1-66
[TEL]0567-26-2790
[営業時間]11時半〜14時、17時〜20時
[定休日]火曜










永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
特殊な機械で栗ペーストを搾り出すモンブランが、昨年人気を集めました。それをおとなの週末編集部では“天空系モンブラン”と命名。そんな“天空系”が楽しめる店を巡りました。
銚子港で水揚げされた釣りキンメをはじめ、新鮮で質の高い魚介を食べるなら、ここを訪れるべし! 創業は昭和41年。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
美味しいお店を求めて日頃から街をウオッチしている「おとなの週末」編集部。2020年、街ナカやスーパー、コンビニなどで目についたトレンドグルメを振り返ります。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル