MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_美人ママが奏でる料理はどれも俊逸! ドテ焼きからトンテキ、ぬか漬けまで何を食しても大満足!/大阪ローカル穴場メシ情報[80]

大阪穴場グルメ_美人ママが奏でる料理はどれも俊逸! ドテ焼きからトンテキ、ぬか漬けまで何を食しても大満足!/大阪ローカル穴場メシ情報[80]

労働者の町・萩之茶屋で、女手一つで切り盛り。 朝8時営業で、最近は外国人観光客が少しずつ増えているというのが、今回紹介する大衆酒場「あーる&あーる」。 外国人の方々が絶賛する「トンテキ」は、刻みニンニクたっぷりの料理だ。

美人ママが奏でる料理はどれも俊逸! ドテ焼きからトンテキ、ぬか漬けまで何を食しても大満足!


労働者の町、萩之茶屋で女手一つで切り盛り。

大衆酒場「あーる&あーる」の岩出玲子さん(44)は長年飲食店を運営してきた。

最初は東大阪の布施で9年。その後に西成に進出。

この店は2年半が過ぎてもうすぐ3年となる。

朝8時営業で、最近は外国人観光客が少しずつ増えているとか。

「うちに来た理由? 何を見たかわからへんねん。
でも、写真を見せて必ず注文するのが『トンテキ』なんですよ」

外国人の方々が絶賛する「トンテキ」(500円)は、刻みニンニクたっぷりの料理だ。



それに黒胡椒を合わせて、食べるごとに風味が広がる。

そもそも胡椒は食欲を増幅させる調味料で、食べるほどに加速度的にがっついていく。

なるほど……欧米の人たちが絶賛するのも頷ける。

トンテキの多くは焼かれたニンニクが添えられるか、スライスされたニンニクが付いてくる。

刻んだパターンは初めて。

これがまた、良く合うのだ。

もちろん、ここを訪れたからには、名物の「ドテ焼き」(1本220円)も注文した。


西成はホルモン料理が人気で、こちらも多くの人が注文する。

濃い目の味噌に一味をプラス。


味が引き締まって、甘味を辛味で際立たせる。

さらに、さらに! 

この店で、ぜひ食べてほしい料理がある。

それが「ぬか漬け」(320円・写真は2人前)だ。


「お客さんから聞かれるけど、特別なことしてへんで。
たまにビールを入れるぐらいで。今のぬかは5年ぐらい」

とにかく風味が素晴らしいのだ。

もちろん、味も俊逸。

白菜は3日。

ほかは4日ほど漬けたという。

「残ったら持ち帰る人も多いねん」というほど、この漬物が好きすぎた。

普通の漬物と侮るなかれ。

田舎育ちほどわかる、この漬物の味わい。


あ~、写真を見てるだけで、また食べたなったわっ!


大衆酒場 あーる&あーる
[住所]大阪市西成区花園北2-13-3
[TEL]090-9884-8228
[営業時間]8:00~20:00
[定休日]水曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
今里にある寿司屋の名店「八十八」。屋号は「やそはち」と読む。 15歳からこの業界に飛び込み、若くして独立した“活きの良い”店主がこだわる、魚の鮮度は、一度試してみる価値アリやで!
東淀川区の淡路。 友人の酒場通に言わせると、淡路に「電車賃をつかっても来る価値のある場所」があるという。 それが今回紹介する「あわや」。正直「お店大丈夫⁉」と心配してしまうほど価格破壊のメニュー満載の立ち飲み店だ。
大人の社交場、北新地に酒場がオープンするとの情報をキャッチ。 堂島アバンザから目と鼻の先にある「北ノ酒場TACHIPPA」は、北新地ではほとんど見かけない立ち飲みスタイルで、しかも割烹料理を提供。実にリーズナブルで、早くも女子会で人気だそう……。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
約10種類を揃える練り物は、どれも旨みにあふれ、噛めば押し返すような、抜群の食感が楽しめる。メインにイトヨリダイを使用し、ホッケなどをブレンドするという、同店のこだわりゆえの逸品たちなのだ。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
まずその店名に目を奪われる。“おっさん”こと店主の長岡作茂さんは、西麻布の人気鉄板焼き店で店主を務めた後、この店を開店。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt