MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(77)富山地方鉄道で、ますの寿司/2012年~2019年

撮り鉄の「食」の思い出(77)富山地方鉄道で、ますの寿司/2012年~2019年

初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(77)富山地方鉄道で、ますの寿司/2012年~2019年の画像をチェック! navigate_next

富山地方鉄道で、ますの寿司/2008年~2020年


初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。

少し前になりますが、第50回でも富山のホタルイカをご紹介しました。

今回は、富山の駅弁と風光明媚な富山地方鉄道のお話です。


立山連峰を背に走る平野区間(2015年撮影)


地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道(鉄道ファンには富山地鉄と呼ばれることがおおいです)。

名前はものすごくローカル線感があるのですが、実はかなり大きな鉄道会社。

鉄道線は本線を含めて5路線、総延長はだいたい100Kmにもなります。

さらに富山を中心に走る路面電車もこの会社の運転で、6路線があり、合計11路線という大手私鉄に次ぐ中規模鉄道です。

沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります。

山間部では渓谷の風景も見られる(2015年撮影)


車両の種類も、自社オリジナル車両や大手私鉄から購入した車両などバリエーションが多いのも魅力です。

車両の一部を紹介しましょう。

14760形:1979年から走り始めたオリジナル車両です。

2枚の大きな窓がクラシックな感じで好きな車両です。

雪の中を走る14760形(2012年撮影)


10030形:京阪3000系として走っていた車両です。

京阪で走っていたときには車内にテレビがあり、“テレビカー”とも呼ばれていました。

2階建て車両を連結した“ダブルデッカーエキスプレス”も走っています。

地鉄カラーの10030形(2018年撮影)

ダブルデッカーエクスプレスは、京阪カラーで走る(2015年撮影)

2階建て車両が特徴的(2015年撮影)


16010形:西武鉄道で初代レッドアローとして走っていた車両です。

私の地元を走る特急だったので、実に懐かしい車両です。

車内を観光用に改造した“アルプスエキスプレス”も走っています。

元西武レッドアローの16010形(2018年撮影)

西武鉄道で走っていた初代レッドアロー(1981年撮影)


17480形:最近まで東急電鉄で走っていた通勤用の車両です。

元東急の17480形(2015年撮影)


TLR0600形:元のJR富山港線が富山ライトレールというトラムが走る路線に転換されました。

さらに今年(2020年)2月には富山地方鉄道に組み込まれました。

この富山港線を走る車両です。

富山ライトレール時代のTLR0600形(2007年撮影)

JR富山港線は普通の電車が走る路線だった(1989年撮影)


そのほかにも市内線を走るトラムや市電がたくさん。

車両を見ても実に楽しい路線です。

市内線を行き交う車両もたくさんの種類がある(2018年撮影)


2016年の夏に『おとなの週末』本誌の取材で、“アルプスエキスプレス”で運転する特急アルペン号に乗せていただきました。

外観は西武時代のままですが、車内は見事にリニューアル。

木で作られたインテリアが素晴らしい出来栄えです。


比較的短い乗車時間に良く合ったライトな感覚で、富山に行ったときにはぜひ乗っていただきたい列車です。

富山地鉄の観光列車アルプスエキスプレス(2016年撮影)

木製のインテリアも美しい(2016年撮影)

売店コーナーも充実(2016年撮影)

車内ではアテンダントさんが
旅の案内をしてくれる(2016年撮影)



JR富山駅にある駅弁のお店でこのとき選んだはぶりの寿司、押し寿司です。

きゅっと締まった酢飯にぶり、かぶら、人参がのっています。

よくこれだけ相性の良い食材が集まったと思えるお寿司です。

富山駅の駅弁売り場。
種類がものすごく多くて迷う(2016年撮影)

車内で食べたぶりの寿司(2016年撮影)


この、ぶりの寿司を作ったのが、ますのすしで有名な“源”です。

富山地方鉄道の沿線に工場があって、見学もできます。

製造工程の見学や、ますのすしを作る体験(要予約)に加えて駅弁の歴史や全国の駅弁の掛け紙の展示などがあって、駅弁ファンにはたまらない施設です。

源の工場。
見学施設もある(2019年撮影)

全国の駅弁の掛け紙も展示(2019年撮影)


もちろん、駅弁やますのすしも購入できます。

食べて楽しかったのは、駅弁の「富山湾」。

その名の通り富山湾の味がこれでもかと入っています。

ほたるいか(50回参照)、白エビのかき揚げ(58回参照)、ぶり大根、幻魚(ゲンギョ:44回参照)……、ひとくちますのすしまで入っているので、迷ったらこれです。
 

駅弁 富山湾(2019年撮影)

富山湾のおいしいもの満載!(2019年撮影)

もちろんホタルイカも(2019年撮影)


そして、ここの本命は「ますのすし」です。

1500円のますのすし、1900円の特選ますのすし、2700円の伝承館ますのすしがあります(サイズ等のバリエーションはほかにもあり)。

工場へ立ち寄ったときには、「特選ますのすし」と「伝承館ますのすし」を食べ比べてみました。

外観はあまり違わないのですが、食べてみると別物です。

「特選」は、ますと酢飯が一体になって見事にまとまった感じ。

「伝承館ますのすし」は、ものすごくおいしくふっくらとした“ます”が主役です。

次回買うなら……悩みます。

やはり、そのときの気分で選んでしまいそうです。

特選ますのすし(2019年撮影)

食べる直前まで
竹とゴムで締められている(2019年撮影)

竹を外したら裏返し、
この状態で切る(2019年撮影)

酢飯とますの一体感がいい(2018年撮影)

伝承館ますのすし
(現在はパッケージが変わり、
丸形になっています 2018年撮影)

ますの味がたまらなくおいしい(2018年撮影)


何度訪れても、楽しくておいしい富山。


ぜひ訪れてみてください。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
ピスタチオ、フランボワーズ、ミルク、チョコ。それぞれの濃厚な味わいが舌の上で主張したあと、スッと消えていくようなあっさりとした食後感が印象的だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル