MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
仕入れ費用の負担も! JTがRettyやぐるなびと飲食店支援の取り組みを開始

仕入れ費用の負担も! JTがRettyやぐるなびと飲食店支援の取り組みを開始

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請で、多大なるダメージを受けた飲食店の方々を応援したい……と、JTは、くるなびの「つなぐ食」に参画。そして、Rettyとの共同プロジェクト「サポ食」をスタートした。これらの取り組みに対して総額約1.2億円を拠出。継続的な飲食的支援を実施するという。どのような取り組みなのか、その概要を紹介しよう。

仕入れ費用の負担も! JTがRettyやぐるなびと飲食店支援の取り組みを開始


新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請で、多大なるダメージを受けた飲食店。

各方面で支援の輪が広がっているなか、JTも取り組みを開始した。


“心からくつろげるひととき、本当においしいと思えるひとときを提供する飲食業を営む方々を応援したい”と、くるなびの「つなぐ食」に参画。

そして、Rettyとの共同プロジェクト「サポ食」をスタートした。

これらの取り組みに対して総額約1.2億円を拠出。継続的な飲食的支援を実施するという。

どのような取り組みなのか、その概要を紹介しよう。

飲食店・家庭・企業をつなぐ情報発信を行う「つなぐ食」


「つなぐ食」とは、新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店・飲食従事者を応援すべく、飲食店・家庭・企業をつなぐ情報発信を行う活動のこと。

5月28日より協力企業として参画している。

つなぐ食の取り組み内容について(https://pr.gnavi.co.jp/promo/tsunagu-syoku/


現在行われているのが、「好きな飲食店投稿キャンペーン」(7月31日まで)。

行きつけの店や、大切な人との思い出が残るお店などへの応援メッセージをSNSに投稿すると、抽選で協力企業による豪華賞品詰め合わせが抽選で100名にプレゼントされる。

詳しくはHPにてご確認を(https://pr.gnavi.co.jp/promo/tsunagusyoku-campaign/)。

つなぐ食の「好きな飲食店投稿キャンペーン」


また、企業から提供された物資の支給などを通じて飲食店を応援する企画も準備中。

テイクアウトを行っている店舗の告知や、クラウドファンディングで支援を募っている飲食店情報をぐるなびのメールマガジンにて随時配信する。

サービスは今後も追加されていくということなので、お楽しみに!

飲食店の仕入れと来店をサポートする「サポ食」


「サポ食」は、JTが運営しているオンラインサービス「CLUB JT」と、Rettyとの共同プロジェクト。

全国の飲食店の今とこれからを応援することを目的に立ち上げられた。

サポ食の取り組み内容について(https://campaign.retty.me/saposhoku_lp/


応援(サポート)の内容は大きく分けてふたつ。

ひとつは「仕入サポート」。

飲食店の商材仕入れ費用の一部をサポートするというもの。

飲料や食材の仕入れにかかる費用を、1店舗あたり3万円の上限で寄付金としてお支払い。

応募期間は6月29日〜7月12日。

条件や応募受付については、HP(https://campaign.retty.me/saposhoku_lp/index.html)に記載されている。


「CLUB JT」の取り組み


もうひとつが「店舗応援チケットによる来店サポート」。

JTが、店舗から発行できる飲食代割引クーポン「サポ食チケット」を1店舗あたり総額3万円分(1枚3000円×10枚)買い取って、先払い。

JTが運営するオンラインサービス「CLUB JT」の会員に向けて配付される。

「CLUB JT」の「喫煙所MAP」イメージ


サイト内の「喫煙所MAP」にて表示される飲食店のページに、会員が利用できるチケットが表示。

「サポ食」チケットを獲得できた方は、お店の利用を通じて、お気に入りまたは興味のあるお店を応援できる。


それぞれのサポートが応募多数の場合は抽選にて決定。

飲食店の方も、足を運ぶお客さんも、双方がうれしくなるJTによる取り組み。

この機会にぜひ活用いただきたい。


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録している飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクト「さきめしSupported by SUNTORY」。 その考えに賛同した、おとなの週末編集部がサービスを利用。購入した「さきめしチケット」をお店で使用した。
198views F&D 最新情報
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
591views F&D 最新情報
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
1080views F&D 最新情報
「今までにない梅との新しい出会い」を提案するというコンセプトで、梅酒カクテル専門BARが銀座にオープン。 本格梅酒「The CHOYA」を使用した梅酒カクテルや、日本ではここでしか飲めない免税店限定の、フレンチオーク樽熟成の梅酒などが楽しめる、『梅』専門のBARなのだ。
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
2010views F&D 最新情報
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt