MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
最新号紹介!やっぱりうなぎ おとなの週末2020年10月号

最新号紹介!やっぱりうなぎ おとなの週末2020年10月号

香ばしくべっこう色に焼かれたそれを口に含む。ふわりと柔らかく身の旨み、脂の旨み、タレの味わいが押し寄せる。しかもご飯との相性が絶妙。今号はそんなうなぎの大特集。天然を比較的リーズナブルに味わえる店、町の三ツ星店からうなぎで一杯が楽しめる店まで大集合。ほか、「東京でソロめし」、「冷凍食品の覆面調査」など内容てんこ盛りです!

perm_media 《画像ギャラリー》最新号紹介!やっぱりうなぎ おとなの週末2020年10月号の画像をチェック! navigate_next

やっぱりうなぎ

香ばしくべっこう色に焼かれたそれを口に含む。ふわりとやわらかく身の旨み、タレの味わいが押し寄せる。しかもご飯との相性が絶妙。今号はそんなうなぎの大特集。天然を比較的リーズナブルに味わえるお店、町の三ツ星店からうなぎで一杯が楽しめる店まで大集合。栄養豊富で旨い。うなぎ、最高!

・天然でご褒美うなぎ
・最新三ツ星うなぎ店
・ちょいごち鰻
・1500円以下のうな丼祭!
・うなぎで一杯

旅気分で極楽グルメ 東京でソロめし

あぁ、旅に出たい!その欲望、いまピークじゃないですか?
まるでひとり旅のように気ままに過ごせる時間をソロめしに置き換えて、おと週ライターが東京を中心に”ソロ旅風めし”をご案内します。

ホントはどれが旨いのか? 冷凍食品覆面大調査

いま、冷凍食品は、どんどん便利にどんどん美味しく進化中!
スーパーで買える商品を徹底的に食べ比べ、ランキングを決定しました。

連載

【今月の連載】
・ 食べる幸せ。/絵・堤大介、詩・堤江実[第67回] 料理も芸術
・ Otoshu EXPRESS/コスパ最高ランチ!話題のニューオープン、唸るラーメン
・ ヒツジメシ~草を喰みたきゃ仕事しろ~/吉田羊[第69回]酷暑をぶっとばせ!つるり&酸味メシ
・ キナミトパン/木南晴夏[第67回]『パン&デリ de mage』兵庫県・明石
・ 口副三昧/ラズウェル細木[第124回]ついに勝者決定!代用ピザ台選手権
・ 勝負の店/久住昌之[勝負 其の六十一]埼玉県秩父「パリー食堂」
・ おいしい往復書簡/マッキー牧元×門上武司[第62回]肉じゃが
・ 日本の奇祭珍祭/白石あづさ[第48回] 「型破りすぎな!?奇店珍店たち」 in三都
・ 覆面ライターの1ヶ月食ダイアリー[第45回]
・ 写真家・森山大道「Weekend」vol.1

グルメ情報をもっと見たい方におすすめ!

覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」『おとなの週末』では、こちらでご紹介した以外にも、たくさんのグルメ情報が掲載されています!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
艶やかでずっしりと重たい丼は、見るからに美味しそうで食べ応えも満点。しかも短時間で味わえて、ひとりでも、グループでも楽しめて食べ勝手も抜群です。中でも、人気の親子丼、カツ丼、その他の肉の丼、海鮮丼、天丼。さらには中華店や蕎麦屋の丼まで。どどんとご紹介します! ほか、「ごはんのお供」、「味噌生活のススメ」特集もあります。
今年のトレンドフード「マリトッツォ」が人気を集めてますが、イタリアにはまだまだ美味しいパンがあるのです。秋に収穫祭を迎える本国の如く、『おとなの週末』的イタリアパンの収穫祭、開催します!
旬の果物や野菜を使ったパンが棚にズラリと並び、彩り豊か。パン屋さんに行けば、季節を感じら れます。ここでは秋の味覚とさまざまな生地の組み合わせが絶妙だったパンをお届けします。
ハンバーグの材料といえば、牛肉、豚肉が思い浮かびますが、それだけにあらず。他にもあります。 ここでは羊、ジビエ、鴨を使った極上のひと皿をご紹介。珍しくて美味しい。それぞれの個性を生かした調理も含めてご堪能あれ。
パリッパリの薄皮としっとりジューシーな肉質。肉をかみしめた瞬間、否応なく味覚中枢を刺激するワイルドな香りと旨み。唐揚げや天ぷらとも趣を異にする、独特の魅力を放つ素揚げの名店をご紹介!
最新記事
究極のたこ焼きは青砥にあり! 焼き立て提供にこだわる店主の長尾さんは、素材から焼き方まで自分の道を追求する。
北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」のプライベートブランド(PB)商品を、大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」など道外の小売店でも見かける機会が増えました。セイコーマートを運営するセコマ(本社・札幌市)が道外にも商品を卸す外販事業に注力しているためです。同社執行役員で広報部部長の佐々木威知さんにその理由についてオンラインで聞くと、北海道への熱い思いが伝わってきました。
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル