MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
元祖鴨南ばん本家(そば/湘南台)|元祖「鴨南ばん」が味わえるお店☆抜群に旨いお蕎麦ご堪能あれ!

元祖鴨南ばん本家(そば/湘南台)|元祖「鴨南ばん」が味わえるお店☆抜群に旨いお蕎麦ご堪能あれ!

遠征するような気で出かけた。といっても、神奈川・湘南台まで新宿から1時間ほど。

perm_media 《画像ギャラリー》元祖鴨南ばん本家(そば/湘南台)|元祖「鴨南ばん」が味わえるお店☆抜群に旨いお蕎麦ご堪能あれ!の画像をチェック! navigate_next

元祖鴨南ばん本家(最寄駅:湘南台駅)

ここが鴨南蛮の原点! 200年の伝統を礎に味と技を極める

創業1810年。江戸時代に初めて鴨南蛮を考案した元祖の店である。さて、「治兵衛の鴨南ばん」の実力はいかほどか。“鴨”と書かれた漆蓋を外すと、本鴨の骨付き肉とムネ肉、短冊切りのネギが横たわる。かけ汁は江戸前らしい引き締まった味わい。本鴨から出る力強いコクと甘みを伴って、細打ち蕎麦のたおやかなのど越しと一体になる。「元祖の誇りを原点に、軸のぶれない鴨南蛮を伝承していきたいです」と8代目。……もし元祖だと知らなくても、抜群に旨い蕎麦屋を見つけたよ、と教えたくなる。そう心から思える一杯だった。

治兵衛の鴨南ばん(本鴨)
1550円

初代・笹屋治兵衛が、長崎から伝わった鴨の「南蛮煮」を蕎麦にしたのが始まり。鴨を骨まで味わう手法や漆の蓋なども、当時の文献から再現したそう。本鴨は青森県産のバルバリー種

鴨せいろ(合鴨)
1100円

すっきり味の元祖に比べ、濃厚な味わいの合鴨蕎麦。鴨南蛮だけでなく、実は鴨せいろも昭和10年にこの店が初めて考案したそう

玉子焼き
650円

酒のアテに合う、ダシ濃いめの味付け

お店からの一言

7代目 桑原芳晴さん、8代目 小林敦広さん

「1~3月頃限定で猟師さんから届く国産真鴨を使った蕎麦もお出しします」

元祖鴨南ばん本家の店舗情報

[住所]神奈川県藤沢市湘南台2-22-17 [TEL]0466-45-5033 [営業時間]11時~20時半 (20時LO)※ランチタイム有 [休日]木 [席]全28席/全席禁煙/16時~予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]小田急江ノ島線ほか湘南台駅西口から徒歩3分


電話番号 0466-45-5033

撮影/小島 昇 取材/林 匠子

2019年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル