MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
かね将(居酒屋・串焼き/五反田)|駅近!昭和58年開店の大衆居酒屋☆店主の奥様が作る牛スジトマト煮は絶品!

かね将(居酒屋・串焼き/五反田)|駅近!昭和58年開店の大衆居酒屋☆店主の奥様が作る牛スジトマト煮は絶品!

なんとも肩肘張らない居心地のいい雰囲気だ。今も一番出るというモツ焼を看板にして、昭和58年開店。

perm_media 《画像ギャラリー》かね将(居酒屋・串焼き/五反田)|駅近!昭和58年開店の大衆居酒屋☆店主の奥様が作る牛スジトマト煮は絶品!の画像をチェック! navigate_next

かね将(最寄駅:五反田駅)

和牛煮込みにハイサワーで今日もお疲れ!

築地に生ものを買いに行くようになり、次第に増えたというお品書きが並ぶ。サワーを頼めば、氷の入ったグラスとハイサワーの瓶、宝焼酎の“中”が別々に。自分の好みで作るシステムも気分だ。さらに3種類ある煮込みも見逃せない。和牛とフレッシュトマトを使った牛スジトマト煮や、フィリピンの煮込み料理アドボを和風にアレンジしたという豚すじ煮。店主の奥さんが作るというこれらがまた旨い。価格もポーションもいずれもお手頃。今日もにっこり自分にお疲れと言いたい。

牛スジトマト煮(大)、ガーリックトースト、レモンサワー
480円、150円、390円

和牛の甘い脂と旨みにフレッシュトマトの酸味が重なったきれいな味。フィリピン人の奥様によるレシピという煮込みはいずれも旨い。氷はテーブル上にザルで置かれている

自家製つくね、白コロホルモン焼
200円、160円

ほどよく香辛料が利いた粗挽きの自家製つくね、白コロホルモンも串で

あじフライ、ホッピー
300円、480円

熱々、肉厚で食べやすいサイズがまたよし

お店からの一言

店主 金子章治さん

「28歳から五反田でずっとやってます」

かね将の店舗情報

[住所]東京都品川区西五反田2-6-1 [TEL]03-3495-4677 [営業時間]16時半~23時半(23時LO)、日・祝~22時半(22時LO) [休日]無休 [席]カウンターあり、全52席/全席喫煙可/18時までに入店の場合のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか五反田駅西口から徒歩2分


電話番号 03-3495-4677

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2019年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル