MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
とんかつ 美濃屋(とんかつ・牛かつ/大塚)分厚いとんかつと丼たっぷりの豚汁をご堪能あれ!

とんかつ 美濃屋(とんかつ・牛かつ/大塚)分厚いとんかつと丼たっぷりの豚汁をご堪能あれ!

並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。

perm_media 《画像ギャラリー》とんかつ 美濃屋(とんかつ・牛かつ/大塚)分厚いとんかつと丼たっぷりの豚汁をご堪能あれ!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

とんかつ 美濃屋(最寄駅:大塚駅)

老舗の三代目が独立 旨さもコスパも光る日常使いのゴチソウ店

東十条で60年続く庶民派とんかつ『みのや』の3代目が大塚に場所を移し、半年前に独立した。並でも充分満足だが、せっかくならこの店の最高級「限定とんかつ」を試したい。山形の三元豚や岩中豚など、その時々で仕入れる銘柄豚を分厚くカット。この日の計測でおよそ3㎝。大きなひと切れにガブッと喰らいつき、すぐさまピカピカのご飯を放り込めば口の中は旨さで満杯、やっぱりとんかつはこうでなきゃ!ちなみに店主の実家の味と同様の豚汁もご馳走なのだ。

限定とんかつ
1800円

1人前約240gとボリューム満点。取材時は群馬県産和豚もちぶたを使用し、衣をサクッと軽やかに揚げている。定食につく豚汁は、カツオ節とサバ節の力強い風味の白味噌仕立て。具は豚肉とキャベツで、その都度小鍋で煮て熱々を出す。これだけでも立派なおかずだ

生姜焼き定食
880円

ちょっと脂多めのリブロースに、生のおろし生姜たっぷり&隠し味の白味噌でガツンとくるパワフルな味わい。ご飯が進む!

お店からの一言

店主 原 隆敏さん

「大の巨人ファン! 店内や制服のジャイアンツカラーにも注目を」

とんかつ 美濃屋の店舗情報

[住所]東京都豊島区北大塚2-6-3 メゾン大塚103 [TEL]03-5944-5185 [営業時間]11時半~14時半LO、17時~22時LO ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全15席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線大塚駅北口から徒歩1分


電話番号 03-5944-5185

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2020年3月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
様々な個性派カツを見てきたが、それらの元祖ともいえるお店が浅草にある。1971年創業の『カツ吉』だ。
“味噌カツ”といえば、名古屋のあの味をイメージするだろう。でもここで出すのは全くの別物。
目から鱗が落ちた。とんかつの新味に気付かされた。2017年に惜しまれつつ閉店した割烹が昨年春に再始動。
この本を閉じたら、ただちに向かった方がいい。なぜって?つい3ヶ月前にオープンしたばかりのこの店に長い行列ができる日がすぐにやってくるから。
「お待たせしました」と目の前に置かれる、ド迫力の骨付きとんかつに目を奪われる。骨を持ち上げるとズッシリ重い。
最新記事
店主が研究を重ねた上で完成させたお好み焼きは、「本物の大阪の味を届けたい」と大阪出身者のプライドを持って焼き上げた逸品。関西人が食べれば「これ、これ!」と興奮するのは間違いないし、それ以外の人は、絶妙な焼き加減に感動を覚えるだろう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
「ミガキイチゴ」のスイーツを楽しめる店が2017年7月にオープン。先端技術で最適な風や水の量が算出され、栽培方法が管理されているというミガキイチゴは、大粒で強い甘みが特長だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル