MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
お取り寄せ“最強餃子”は秋田にあった「餃子の餃天」

お取り寄せ“最強餃子”は秋田にあった「餃子の餃天」

餃子を看板メニューにしているお店は全国に数多くあります。東京のデパート地下食品売り場(デパ地下)で出会ったのが秋田の名店の絶品餃子です。化学調味料・香料・着色料・保存料が無添加で、「年間100万個完売」という宣伝文句。これは、買うしかない!

perm_media 《画像ギャラリー》お取り寄せ“最強餃子”は秋田にあった「餃子の餃天」の画像をチェック! navigate_next

ルーツは昭和55年創業の小さなラーメン店

東京・渋谷の東急本店地下食品売り場に限定出店した秋田の名店「餃子の餃天」

東急百貨店渋谷・本店の地下食品売り場イベントコーナーには、地方の名店が期間限定で出店しています。美味しそうな無添加自家製チャーシューに興味をそそられ、脚が止まったのが、秋田市の人気店「餃子の餃天」でした。

ルーツは昭和55年創業の「奥州ラーメン」。平成19年に、二代目の現店主が株式会社テンジョイを設立し、「奥州ラーメン/餃子の餃天」の営業が始まりました。もともとは秋田県由利本荘市にありましたが、現在は秋田市内の秋田駅から東に約2キロの場所で店舗を構えています

首都圏には年に数回出店しているということですが、東急本店は今回が初めて。出店期間は4月15~21日です。自家製チャーシューに関心があったのですが、やはり「年間100万個完売」という餃子が気になります。

店員さんに聞くと、この“100万個餃子”は「情熱の赤餃子」。ほかに「至福の白餃子」「新緑のふき餃子」の基本メニューがあります。通販で“お取り寄せ”もでき、「情熱の赤餃子」が一番人気とのことでした。楽天の餃子ランキングで1位だったこともあるそうで、店員さん曰く「お取り寄せ日本一の餃子です!」。全国各地の人気の餃子も通販で買えますが、その中でもこの販売個数はかなりの数字です。

化学調味料、着色料、保存料不使用というこだわり

餃子の餃天が大切にしているのは「無添加」ということ。化学調味料、着色料、保存料などを使っていません。材料にももちろんこだわり、秋田県産の豚肉に加え、野菜や小麦粉も国産です。「素材の持つ力を最大限に活かす事を追求してきた」といいます。

情熱の赤餃子(12個入り、税込み1296円)

東急本店のイベントコーナーには、焼きたての餃子がありました。ですが、店員さんが冷凍ケースに並べられた商品の方をすすめてきます。通販で実際に売られている冷凍商品です。「ぜひ、ご自宅で焼きたてを食べてください」。その言葉に押されて、自家製チャーシューとともに、「情熱の赤餃子」(12個入り、税込み1296円)を購入しました

もっちりとした食感、ほどよいピリ辛 ビールに合う!!

冷凍された「情熱の赤餃子」

説明書きにあった「焼餃子」の作り方は下記の通りです。極めて簡単にできました。
(1) フライパンに適量のゴマ油を入れて強火で熱します。
(2) 熱くなったら凍ったままの餃子を少し離して並べ、キツネ色になるまで焼きます。
(3) 焼き目がついたらお湯(熱湯)50cc前後(餃子12個に対しての目安)を餃子の上から注ぎ、蓋をして4分間中火で蒸し焼きにします。
(4) 水分がなくなったら完成です。

簡単に美味しい焼餃子ができます

「情熱の赤餃子」は、皮に2種類の唐辛子が練り込まれています。焼きあがった餃子は、この唐辛子による赤い皮に照りが生じ、なんとも美味しそうな色合いです。店員さんによると、肉に味噌や醤油が練り込まれているので、そのまま食べてほしいとのことでした

口に入れた瞬間、濃厚な肉汁がじゅわっとあふれます。皮は薄いのに、もちもちしていて食べ応えがあります。唐辛子の辛さは思ったより強くなく、ほどよい“ピリ辛”です。店員さんの言う通り、味がしっかりついているので、このままで充分な美味しさです。

濃厚な肉汁ともちっとした皮、ほどよいピリ辛がクセになる

“何も足さない”ことがきっと正解なのでしょうが、同店のホームページに「まずはそのまま一口、次にお酢だけでどうぞ」とあったので、お酢を試してみます。これはこれで、味の幅が広がりました。辛さがマイルドになって……うん、うまい!!

餃子といえば、やはりビール。ピリ辛の分だけ、杯がいつもより進みました。

ピリ辛がビールに合う

「至福の白餃子」も「新緑のふき餃子」も美味

実は、「情熱の赤餃子」を購入した翌日も東急本店のデパ地下に行って、焼きたての「至福の白餃子」と「新緑のふき餃子」を購入しました。通販で買えるとはいえ、食べ比べができる貴重な機会です。

至福の白餃子(12個入り、税込み1080円)

「至福の白餃子」は、王道の餃子です。もちっとした皮に、旨味がぎゅっと詰まった肉汁がたまりません。「新緑のふき餃子」は、秋田の名産品のふきの葉を皮に練り込んだ緑色の餃子です。しそも入っており、ほのかにその香りを感じます。店員さんによると、イベント出店した時は、この「新緑のふき餃子」が最もよく売れるそうです

新緑のふき餃子(12個入り、税込み1296円)

どの餃子もうまい。ただ、ビール好きにはやはり一番人気の「情熱の赤餃子」をおすすめします。このピリ辛は、クセになります。ビールが美味い!!

「餃子の餃天」の店舗情報

[住所]秋田市広面字蓮沼90-1
[電話]018-831-6788
[営業時間]11時~15時、17時~21時(※営業時間は変わることがあります)
[休日]年始

撮影・文/堀晃和

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
巣籠生活を余儀なくされていると、“宅飲み”を充実させたくなります。好きなお酒を用意して、さて、“あて”は何にするか。いろんな中から今回試してみたのは鳥取特産の「砂丘らっきょう」です。
岡山市の製パン業「清水屋」の人気商品は、多い時で1日に3万個が売れるという「生クリームパン」です。生クリームを使っているので「要冷蔵」。なのに、パン生地が“ふわふわ”で“もちもち”という絶妙な食感が特徴です。
おと週って通販サイトも運営しているのをご存知ですか? 「いや、ちょっと地味で知らなかったわ」と友人にも言われたけど、知名度低すぎやしないか……。実際どうなの? ってことで、グルメ通販サイト『おとなの週末 お取り寄せ俱楽部』を利用して、主婦ライターが“おこもりグルメ”を吟味&実際に買ってみました。
天然記念物の「見島牛(みしまうし)」の血統を受け継ぐ「見蘭牛(けんらんぎゅう)」を使ったレトルトのビーフカレーがあります。通常のレトルトよりはお値段高めのいわゆる“ご当地カレー”ですが、希少なブランド牛の旨味が詰まった納得の美味しさです。
山口県岩国市は、れんこんの有名な産地です。その名産「岩国れんこん」からは多彩なラインアップが展開されていますが、中でもクッキーの「れんこん玉」はコロナによるフードロス対策から生まれた注目の新商品です。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル