MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
本当に美味しい オリーブオイルは日本にあった!! “おと週”スタッフが実食評価

本当に美味しい オリーブオイルは日本にあった!! “おと週”スタッフが実食評価

『おとなの週末』スタッフが実食評価! 「自宅の料理をもっと美味しくしたい」「良質なものを知りたい」。そんな、調味料に関するお悩みが一気に解決しそうな本記事。ぜひご参考にしてください。今回は、オリーブオイル編!

perm_media 本当に美味しいオリーブオイルを画像でチェック!! navigate_next

本当に美味しい調味料はどれなのか !?

日々の食生活に欠かせないのが、食材や料理の美味しさを引き立ててくれる調味料。せっかくなら良質なものを使って、より味わい深く仕上げたい。

でも巷には商品がたくさんありすぎて、どれが本当に美味しいのか、また食材とどう合わせればいいのか、イマイチわからないことも多いはず。

そこで、多くの家で使用頻度が高いであろう調味料の中でも、「醤油」・「塩」・「オリーブオイル」に着目。都内の百貨店で売られている中から計31商品を買い求め、実食調査

純粋に「味わい」だけを評価すべく、商品名・価格・メーカー・購入場所・商品の特色などはすべて隠した、ブラインドテイスティングで実施した。

今回は、オリーブオイルのBEST5をご紹介!

多彩な風味が魅力 オリーブオイル

主要産地であるイタリア・スペイン・ギリシャのほか、オーストラリア、トルコ、また国産まで計11本を用意

今回は「エキストラバージンオリーブオイル」に限定した。

商品名やメーカー名を伏せた状態で実食審査。そのままで味わうほか、バゲットや野菜につけて比較した。

都内の百貨店で売られているオリーブオイルから、計11本を用意

【オリーブオイルのマメ知識】

香りをはじめ、フルーティーさ、辛み、苦みが様々で、オリーブオイルの経験値でも、好みの味が分かれる。

まずは味わいのバラエティを押さえつつ、スパイス感覚で気軽に取り入れてみよう。

オリーブオイルにはどんな種類がある?

オリーブの果実を搾ったオイルを精製した「ピュア」と加工していない「エキストラヴァージン」がある。
味のタイプはストロング、ミディアム、マイルドの3つに分けるとわかりやすい。

どうやって使い分ければよい?

ストロングタイプは辛みや苦みが強く、肉のグリルやハーブ系の料理とマッチ。マイルドタイプは、白身魚など繊細な料理や和食と相性がいい。中間のミディアムはバランスがよく万能。

調味料の覆面調査に挑んだのはこの4人

[編集]門脇
[編集]鈴木
[ライター]市村
[ライター]井島

【5位】エキストラヴァージンオリーブオイル ラウデミオ
イ・モーリ

1512円・91g
【加工地】イタリア 【購入先】新宿高島屋

エキストラヴァージンオリーブオイル ラウデミオ

パンチのある 爽やかな辛み

“ラウデミオ”は、イタリア・トスカーナ州のオリーブオイル組合の厳しい基準をクリアしたものに付けられる名称。苦味と辛みが強いストロング。

「ビネガーのような香り。辛みの中にふくよかさも」(井島)。「ビステッカなど肉料理向き」(門脇)

門脇★★
鈴木★★★
市村★★
井島★★★★★
合計12点

【4位】プリモD.O.P
フラントイクトレラ

1404円・100ml
【加工地】イタリア 【購入先】イータリー日本橋三越店

プリモD.O.P

オリーブの青々しさが際立つ

2014年ニューヨーク国際オリーブオイルコンクールで金賞受賞。

「オリーブの青さの中に苦みと辛みがあるけど嫌いじゃない。ミディアムタイプかな」(市村)。「フルーティーさと辛みの加減が抜群。ペペロンチーノに使ってみたい」(鈴木)

門脇★★
鈴木★★★★
市村★★★★
井島★★★
合計13点

【3位】有機エキストラヴァージンオリーブオイル ドルチェ
アルチェネロ

1275円・229g
【加工地】イタリア 【購入先】松屋銀座

有機エキストラヴァージンオリーブオイル ドルチェ

オリーブオイル初心者に◎

南イタリア産オーガニックのビアンコリッラ種とカロレア種をブレンドしたやさしい香りが特長。

「ちょいピリ辛感があるがバランスがいい」(市村)。「魚介のパスタやグリル、モッツァレラに合わせたい」(門脇)。「万人受けするマイルドタイプ」(鈴木)

門脇★★★★
鈴木★★★
市村★★★★
井島★★★
合計14点

【2位】エキストラヴァージンオリーブオイル UNICO
ゴヤ

1383円・229g
【加工地】スペイン 【購入先】新宿高島屋

エキストラヴァージンオリーブオイル UNICO

辛みや苦みも強いフルボディ

スペイン・アンダルシア産のオリーブを収穫1時間以内にコールドプレス製法で搾油。年1回の限定生産。

「フレッシュでサラサラなジュースタイプ。これ、惚れました!」(鈴木)。「ストロング寄りだけど使いやすい。トマトと相性がよさそう」(井島)

門脇★★★★★
鈴木★★★★★
市村★
井島★★★★
合計15点

【1位】小豆島産エキストラバージンオリーブオイル 手摘み
東洋オリーブ

4320円・182g
【加工地】香川県 【購入先】銀座三越

小豆島産エキストラバージンオリーブオイル 手摘み

ほどよい個性で オールマイティ

丁寧に手摘みされた小豆島産オリーブ100%。醤油や味噌とも相性のいいミディアムタイプ。

「青リンゴのような香り。フルーティー&スパイシーでバランスがいい」(門脇)。「豊かな風味で雑味がなく好印象! そのままパンや野菜にかけたい」(鈴木)

門脇★★★★★
鈴木★★★★
市村★★★★
井島★★★
合計16点

予想を超えたクオリティの高さに驚き

門脇(以下、門) 「オリーブオイルって、どうしてもイタリアやスペインのイメージが強いんだけど、1位の『手摘み』は小豆島産。うれしかったし、驚きだったね」

市村(以下、市) 「ちょっとお値段は張りますが、納得の味わいでした」

「2位のゴヤの『ウニコ』も美味しかった。メリハリが弱いスペインの印象が変わったな」

「皆さんは高評価でしたけど、私はちょっと苦手。ちょっとツウ好みの味ですか?」

鈴木(以下、鈴)「私はツウじゃないけど、今回の中では断トツで好きだったな。コップに入れて飲みたい!」

「実は、オリーブオイルをうまく使いこなせなくて。でも3位の『ドルチェ』は軽やかだし、マイルドで美味しかった」

「初心者でも使いやすいかも」

「4位の『プリモD.O.P』も使いやすそうです」

「そうですね、苦みも辛みもちょうどいい感じ」

井島(以下、井)「5位の『ラウデミオ』は評価に差が。インパクトが強くて好きなんですけど……」

「単体で美味しくても、個性が強すぎると合わせる料理が思い浮かばないんですよね」

「確かに。最初、1位の『手摘み』は物足りないと思ったけど、実際には重宝しそう」

「ランク外になってしまったけど、今まで味わったことのない不思議な味もあったね」

「伝統製法で造られたものでしたが、少し違和感が……」

「私はその不思議系が意外と好きでした(笑)!」

「日常的にオリーブオイルを使っていると、知らない味に対して拒否反応が強いのかも。ほどよい個性と使いやすさがポイントで、全体的にミディアムタイプの評価が高くなりましたね」

【番外編】こんな商品も見つけました!

フレーバー オリーブオイル ごぼう

1296円・130g
【購入先】アコメヤトーキョー

フレーバー オリーブオイル ごぼう

ゴボウの風味が濃厚

甘みが強い岡山県連島地区の「連島ごぼう」を乾燥させ、オリーブオイルに合わせたもの。煮物や味噌汁に垂らすだけで、ごぼうの香ばしい風味が漂って、簡単に料理がランクアップする。

オリーブオイルしらら

1728円・330g
【購入先】紀州梅の里なかた

オリーブオイルしらら

斬新なベストマッチ

スペイン産オリーブオイルとやさしい甘みの梅干し「しらら」の組み合わせ。そのままでワインのつまみにもなるし、オイルと梅、唐辛子を使った和風梅ペペロンチーノも簡単で美味しい!

撮影/鵜澤昭彦 文/井島加恵

※覆面調査に使用した調味料はすべて都内の百貨店で購入したものです。エリアや店舗によって取り扱い内容が異なる場合があります。また、購入先と購入価格は2020年3月時点のものです。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル